子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

子どものひとり自転車は親の前と後ろどちらを走らせるのが良いのか?検証してみる

      2020/01/19

子どもの自転車は親の前と後ろどちらを走ったらいいのか (1)

祝。我が子が自転車一人乗りで公道デビューをしました。

はて?

親の自転車と子どもの自転車が2台前後して走る場合、先頭を走るのは「親の自転車」? それとも「子どもの自転車」を先頭に走らせて親が後ろをついていくもの?

どちらが安全なのだろうか?

道路を見ている限りおそらくそんなこと気にせず自由に走らせている親がほとんどでしょうけど、正解を探してこのエントリーにたどり着いた生真面目なあなたに送る「子どもの単独自転車は親の前を走らせたほうがいいのか、後ろを走らせたほうがいいのか」の答え。

我が子と一緒に公道を自転車で走りあれこれ検証してメリット・デメリットを考えてみた。あと友人の子どもの自転車事故エピソードも。

結論を先に言っておくと「子どもの自転車は親の自転車の前を走らせたほうが良い

いらぬトラブルに労力と時間を費やさないのためにも、公道デビューからしばらくは「親の前」を走らせる方針をとったほうが良さそうです。

スポンサーリンク

 

子どもの自転車は親の前を走らせる?後ろを走らせる?

我が家は、東京都内在住。自家用車なし。

基本が自転車移動の家庭で片道10キロくらいなら自転車乗ってあちこち平気で行くタイプ。

しかし、ひとり息子も大きくなってさすがに子ども乗せ自転車の遠征がしんどくなり、小学1年生の後半から単独公道デビューさせ近所で慣らし運転開始。

かといって雨天時や時間がない時は子ども乗せ自転車の後ろのキャリアに体重25キロを乗っけてガンガン親が漕ぐわけですが、騙し騙し乗っていたボロ自転車に限界が来て(重い子ども乗せて爆走する自転車には相当の負荷がかかるもので、子ども乗せ自転車の廃車間際の修理頻度と修理代ヤバい!)小学校2年生の1学期からそれぞれ一人一台、自分の自転車体制へと完全に移行しました。

これ、各家庭の子どもの人数や住んでいる環境、自家用車があるなしで状況は変わってくるのは言わずもがな、です。

最近なんでもかんでもブログのコメント欄で噛み付いてくる方がいて疲れるためいちおうのおことわりですが「僕はこうしたほうがいいと思ったからこうしている」という話を書いてるだけです。

こんな試行錯誤な子育てネタにエビデンスとか求められても知らんがな、反対意見いいけどけんか腰でコメント書かれても知らんがな、です。

あ、けんか腰じゃないご意見、ご感想コメントは大歓迎です。こちらも勉強させていただいてます。いつも読んでいただいてありがとうございます。

 

「前を走らせる」を選択させるひとつのエピソード

子どもの自転車は親の前と後ろどちらを走ったらいいのか (2)

まず、僕の友人のエピソードを例として挙げてみます。

自転車2台体制、「子どもを親の後ろで走らせていた時」に子どもが事故に巻き込まれてしまったそう。

事故の概要をざっくり箇条書きにしておくと

  • 幼稚園年長の後半(5歳)で公道にて自転車一人乗りの運用を開始。開始して半年くらい経過の小学校1年生の時。
  • 親子2台体制で親の後ろをついて走っていた子どもの自転車と、お年寄りが運転する自転車とが接触した。
  • 自転車ごと転んだお年寄りは足をケガ→ 病院へ。子どもはすり傷程度。
  • 親は前を走っているので事故の状況をまったく見ていない。いきなり子どもが大声で泣いたので振り返ってびっくり仰天。
  • 子どもは事故にパニックとなってしまい事故の状況をまったく覚えていない。聞いても何も出てこず話せない。説明できない。
  • どちらが良い悪いの真相は闇の中。謝罪や補償は事故相手の言うがままに従うしかない。

そっか、こういう時、子どもはパニックになって何も説明できなくなるのか、と。大人でも交通事故にあったらパニックだろうし、言われてみればあたりまえだけど我が子が大人顔負けのいっぱしにしゃべるようになり随分成長した気になってるのでこういう考えどこかへ飛んでました。

で、親が事故の状況をまったく見ていないだけに、相手とのやり取りが難航してとにかく疲れ切ったとのこと。

この話を聞いて、僕は「どう考えても子どもの自転車は親の前を走らせたほうがいいんじゃないか」という考えに至ったわけです。

 

実際に子どもを前後に走らせるメリット・デメリット

子どもの自転車は親の前と後ろどちらを走ったらいいのか (3)

パパ、ママ、子どもの3台体制だったら親の間を走らせて子どもをサンドイッチすればいいのですが、パパママどちらかと子の2台体制だとどういう順番がベストなのか悩んでしまいます。

自分の感覚だと街を自転車で走っている8割くらいの親子は子どもが「後ろ」を走っているような気がするけど、いちおうやってみないことにはわからない。

我が家が公道で実際に検証し、子どもを親の前と後ろ、ぞれぞれ走らせてわかったメリット・デメリットを整理してみます。

 

子どもが親の後ろを走る場合

まずは子どもが親の「後ろを走る」場合

  • 「後ろをついてこい」と言うだけなので親は楽。
  • 前を走る親が誘導する形でその後ろをついてくるだけなので、道順など大声を張り上げて子どもへ指示を出さずに済む。親の省エネ。
  • 安全確認を親が先にできて安心。
  • 安全確認が親に頼りっきりとなり、子ども自身の安全確認の練習にならず危険察知能力が磨かれない。
  • 親が後ろをしょっちゅう振り向いて確認しないと我が子がきちんとついてきているか心配。
  • 先行していると後ろで何が起こっているか見えず、子どもが単独で事故に遭った場合など状況が把握できない。

 

子どもが親の前を走る場合

子どもの自転車は親の前と後ろどちらを走ったらいいのか (6)

反対のパターン。子どもが親の「前を走る」場合。

  • 後ろからついていきながら「そこ右に曲がって!」「横断歩道、渡って!」「角から車が出てくるかもだから気をつけろ!」「信号の青が点滅してるから止まって!」「止まれってば!!」と大声で前を走る子どもに指示を出す必要あり。毎度のことで疲れる。
  • 駅前など混んでる場所を通過する際、親の「気をつけなさい」の大声で間接的に周囲へ「子どもの自転車通りまーす、すんませーん」と意識してもらえる。やり方としてセコいのは自覚しながら大声を出しているが、スマホ見ながらフラフラと歩いている歩行者などに注意をうながす効果は確実にある。
  • 自宅周辺の道を覚えるのが早い。仮に迷子になっても自力で帰ってこられる。習いごとなど決まったルートなら道を覚えて勝手に進む。親の大声も少しずつ減っていく。が、知らない道は変わらず指示出しと注意はする必要あり。
  • 子どもは安全確認のほどよいバランスがわからない。慎重な子だとしつこいくらい止まるから「行けばいいじゃんそのくらい」となるが、ぐっと耐える。
  • その逆で子どもが言うことや静止を聞かずにビュンビュン暴走するタイプだと、それはそれで親はやり方を考えなければいけないとは思う。
  • 安全確認を怠るたびに僕に後ろから怒られるため「この交差点は注意したほうがいいパターンのやつ」といった危険察知能力がメキメキとついていっているのは実際に感じる。
  • 親が後ろをついてきているか不安になるらしく、やたらと後ろを振り向くので「後ろをちゃんとついていくから前向いて運転に集中しろ」と徹底する必要あり。
  • 先に行く子どもが事故に遭ったりトラブルに巻き込まれた場合、親の目の前で起きた出来事なので状況が把握できる。

やっぱり友人の苦労した話を聞いてしまっただけに、親が後ろをついていくことで事故時の状況がわかるメリットが一番に来てしまいます。

まあ子どもを先に行かせた場合、前から来る車が突っ込んできたりで事故に遭うのは子どもが先になる。じゃあ後ろを走らせていれば親が身体張れるよねと言っても後ろから子どもに車が突っ込んでくる可能性もあり、確率的にはどっちもどっちなのでなんとも。

 

【追記】車間距離の話

後日、気付いたことがあったので追記しておきます。

「僕 ←息子 ←妻」の順で息子をサンドイッチして3台の自転車で走っていた時のこと。先頭の僕の自転車へ、信号で止まるたびに息子が自分の自転車の前輪をコツコツぶつけてくるのが気になりました。

帰りは「妻 ←息子 ←僕」と先頭を妻にし、後ろを僕が走って息子の様子を観察したところ、原因が判明。

「子どもには車間距離の概念がない」

前を走る妻に、1メートルもない距離でべったりつけて必死に漕いでました。なので信号で止まったら後ろからちょっと突っ込んでしまう。

前を走る自転車が急ブレーキをかけたらおおごとです。家族ならまだしも他人を巻き込んだりしたら大変です。

スピードが遅ければある程度詰めても大丈夫。逆にサイクリングロードなどスピードがのるような場所では十分に車間距離を取る。ではどのくらい取ったら安全なのか。

よくよく考えたら、子どもが親の前を走ったら子どもの前には自転車がないわけだし、親の後ろを走っていたらどのくらい距離が詰まっているのか親はわからない。どちらも前後の自転車との「車間距離の概念と適切な感覚」を身につけることができません。

そもそも子どもは車間距離についての知識がゼロ。その事実を知ってやり方を考え、親が指導するほかない。

3台体制で「自分の自転車の1台~1台半くらいは間隔あけて」と指示。しばらく走るとすっかり忘れて前にべったり。「それは詰めすぎだ」と後ろから指摘するとヘソ曲げてアホみたいに距離をあけるので「今度は間隔あけすぎ!」

疲れます。なんかいい方法あったら教えてください。

【追記おしまい】

 

さいごにまとめ

子どもの自転車は親の前と後ろどちらを走ったらいいのか (4)

親の前と後ろどちらを走らせるか、どちらがいいか悪いか、何かあった時はそれぞれの状況から結果論になってしまうので難しい判断ではあります。

友人の事故エピソード、自らの検証結果から、我が家は「自転車2台体制の場合、子どもは親の前を走らせる」という運用に決めました。

よりリスクの少ない方を選択。これでここまで半年間、うまくいってます。

子どもひとりで自転車を漕いで習いごとに行くなど、単独自転車の運用が始まればこんな「前か?後ろか?」なんてあれこれ真剣に考えていたのが遠い昔で懐かしくなってしまうのでしょうけど。

同じくお悩みのパパママがなにかひとつくらい新たな気づきでもヒントでも得て帰っていただけたら、書いた側としても幸いでございます。

 

 - 子育てネタ

ad

ad

Comment

  1. ちや。 より:

    こども小1、公道未経験です。
    参考になりました、ありがとう。

  2. 匿名 より:

    初めまして。公道デビューしたて小1で、まだ往来の少ない道限定なので、これから行動範囲を広げる際の参考になりました。個人的には子供が前派(視界に入れていたい、道を覚えさせたい)でしたが、ご友人のエピソードを踏まえ引き続き子供を先に行かせよう、と思いました。

  3. ぐー より:

    いつも興味深い記事をありがとうございます。
    私自身も子供の頃、前派だった事を思い出しました。娘は年長、最近補助輪が外れたばかりです。いつ頃からどのように公道デビューさせようか考えていたので大変参考になりました。

    • ぐーさん

      コメントありがとうございます。いつも読んでいただいているようでこちらもありがとうございます。

      よく覚えてますね、僕が前派だったか後ろ派だったかまったく覚えてないです。

      公道デビューうまくいくといいですね。少しでもお役に立てたのであればよかったです。今後ともブログともども宜しくお願い申し上げます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

子供への2014年クリスマスプレゼント用おもちゃのトレンドはこれだ!

トイザらスが、毎年この時期になるとクリスマスの人気のおもちゃのトレンドを発表して …

子供のおむつかぶれ対策には保護オイルだ!

痛々しいおむつかぶれ。 ほんとかわいそうなんですが、どうしようもない。おむつかぶ …

赤ちゃん・子供連れOKの映画館があるよ

「子ども連れでもOKな映画館の上映サービス」があるってご存知でしょうか。 曜日や …

子どもに枕は必要か?

うちの息子(2歳)は、妻の布団で一緒に寝ております。 「子どもは別の布団で寝かす …

肌が弱い子供の汗疹(あせも)の徹底予防と対策方法

うちの息子は肌が弱い。とにかく弱い。 夏の汗をかく時期にはすぐに汗疹(あせも)に …

そのママバッグの中身に「防災」の意識はあるかい?

毎年9月1日の「防災の日」になると「防災に備えて備蓄や準備を」とあちこちで言われ …

今、子どもに人気の絵本をAmazon売上年間ランキングから学んでみよう。

アマゾンの人気ランキングをちょいちょいチェックしてます。ただ眺めて「へえー、パン …

子供が喜ぶ「飛行機」のペーパークラフト無料配布サイトをまとめてみたよ

子どものために「飛行機」のペーパークラフトを探すパパママ向けのエントリー。 無料 …

なぜ「未成年の飲酒」はダメなの?をきちんと子供に説明できる練習を今からしておく

「未成年の飲酒はダメ」だと周囲に言われ続けましたが、なぜダメかはきちんと教育を受 …

ベビーカーSTICK(旧型)の日よけがダメダメなので日よけカバーを購入してみた

photo credit: zetson via photopin cc ベビー …