子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

人気の絵本ランキングトップ30~2013年アマゾンで売れた絵本を見てみよう

      2014/11/18

絵本の読み聞かせ

アマゾンの2013年絵本の売上ランキングトップ30を見てみましょう。

アマゾンで取り扱い中の絵本は全部で66,000冊ほど。その中のトップ30なので相当数売れているかと。

ざーっと眺めて「ふーん」と言うだけなのですが、「へえ、これそんなに売れているんだ」「こういう本もあるんだ」と、意外と今後の絵本購入に参考になります。

photo credit: Mathom via photopin cc

スポンサーリンク

 

アマゾン2013年絵本売上ランキングトップ30

1位 「きんぎょが にげた」

2位 「いないいないばあ」

3位 「じゃあじゃあびりびり」

4位 「しろくまちゃんのほっとけーき」

5位 「おつきさまこんばんは 」

6位 「ぐりとぐら 」

7位 「がたん ごとん がたん ごとん 」

8位  「もこもこもこ」

9位 「はらぺこあおむし」

10位 「だるまさんが」

11位 「はじめてぬるほん」

12位 「からすのパンやさん」

13位 「くっついた」

14位 「とびだす!うごく!どうぶつ」

15位 「CD付 シャボンだまのきせき」

16位 「親子であそべるたのしいシール」

17位 「だるまさんシリーズ「が・の・と」」

18位 「おおきなかぶ―ロシア民話」

19位 「ねむりひめ」

20位 「ぐるんぱのようちえん」

21位 「いっしょにあそぼ しましまぐるぐる」

22位 「ねないこだれだ」

23位 「絵本地獄」

24位 「ちょっとだけ」

25位 「おひさま あはは」

26位 「とけいのほん1」

27位 「きって はって こうさくブック(1)」

28位 「うずらちゃんのかくれんぼ」

29位 「くだもの」

30位 「ノンタン おしっこしーしー」

こうやって見ると、1位の「きんぎょが にげた」のように一緒に絵本から何かを探しだすような親子参加型タイプと、7位の「がたん ごとん がたん ごとん」のように節や特徴的なフレーズがあって子どもが覚えやすい定番本がやっぱり人気。

14位の「とびだす!うごく!どうぶつ」といった仕掛けでアピールするのも、子ども受けがいいのでランクインしますね。

そして「時計の読み方を覚えさせよう」と26位の「とけいのほん1」が売れているように、親がいろいろ期待して与えるパターンがランキングの合間に見受けられます。24位の「ちょっとだけ」、30位も「ノンタン おしっこしーしー」も「読み聞かせ」兼「言い聞かせ」。与える側の期待が透けて見えます。

私が絵本作家か編集者なら、日常のちょっとした教育をふんだんに盛り込んだ絵本シリーズを作りますね。結局買うのは親ですもの。

そんな中でおもいっきり浮いているのが23位の「絵本地獄」。しかもまあまあ高い。この本の存在自体を初めて知ったので、「なぜにこんなのがランクイン?!」とかなり驚きました。

レビューを見ると「悪いことをすると地獄に行くよ」という「子どものしつけ目的」での購入なのでしょうか。今度、図書館で探して中身見てみます。

こうやって絵本の売上ランキングを見ると様々な傾向が見えて面白いですね。長くなるので紹介しなかった売上ランキング31位から50位にもリンクしておきます。

さて、次はどの絵本を購入したら子どもが喜ぶかな?

 - 子育てネタ

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

この子連れ電車ビュースポットがすごい!日暮里駅「下御隠殿橋」

電車のベストビュースポットとして名高い、東京都の日暮里駅のそばにある「下御隠殿橋 …

キャッチボールのコツから学んだ「子育ての心構え」

男親はみんな、息子とのキャッチボールのシーンにあこがれるもの。 うちもそうで、ち …

子育て支援の3千円がもらえるのはいつ?3分でわかる「子育て世帯臨時特例給付金2015」

消費増税のあった2014年に「子育て世帯臨時特例給付金」と称し、お金のかかる子育 …

本屋さんが本気でおすすめする新刊絵本ランキングって興味ない?

しょっちゅう言ってる気がするけど、子どもの絵本って「定番の絵本」に頼りがちですよ …

妖怪ウォッチって何?5分でわかる「妖怪ウォッチ」基礎講座

今、巷では小学生に「妖怪ウォッチ」がめちゃくちゃ人気らしい。関連グッズは軒並み売 …

この子連れ電車ビュースポットはまあまあ。秋葉原「旧万世橋駅」

子ども連れでの東京都内の電車ビュースポット行脚、第3弾。自分の人生で電車熱が今一 …

家族愛は食を通じて育まれる。「おいしい記憶」エッセーコンテストより学ぶ

どうも子どもが出来てから涙もろくなった・・・というパパは多いと思う。 特に家族愛 …

この子連れ電車ビュースポットがすごい!日暮里「芋坂跨線橋」

息子(2歳)「新幹線と京成スカイライナーが見たい!」 妻「桜が見たい!」 東京の …

子供の習い事はいつから?何がいい?より先に親が押さえておくべき大切なこと

「さて、我が子にもそろそろ習い事を・・・」って漠然と考えているところに、「まわり …

父の日のプレゼントで一番欲しいものとは?世の父親たちの本音に涙する。

きちんと出来てんのか出来てないのかさっぱりですが、わたくしめも「父親」という稼業 …