子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

「今、この瞬間の子どもとのかけがえのない時間を大切にしよう」と改めて思わされる話

      2014/10/22

海辺で遊ぶ親子

こういう感情って、意識してても日々の育児に追われちゃうとどうしても忘れがち。心に余裕がない時に見直すためにも、エントリーに起こしておきます。

「今、この瞬間の子どもとのかけがえのない時間を大切にしよう」

スポンサーリンク

 

我が子との「今」を大切にしたい

親子の指

発言小町に「子育てを終えた今、街で幼子を見ると涙がでます。」というトピがあります。

引用 子育てを終えた今、街で幼子を見ると涙がでます。

2006年2月に書かれたものでずいぶんと時間が経っているようにも感じますが、子育て中の親の姿の本質に迫っている、心に訴えかけるものがあります。

トピ主さんは、春に大学生と社会人になる2人の息子を持つ、子育てに一段落ついた母親の方。

長くなってしまいますが、発言を全文引用します。抜粋を試みたのですが、空気感が伝わらなくなってしまったので、あえて全文です。

二人の息子は今春、大学生と社会人になります。

あっという間に18年間の子育てが終わった気がします。息子達はそれなりに成長しました。子育ての責任を果たしホッとしたのも事実。

しかし振り返ってみると、どうしても若い母であった私は育児にちゃんと向き合わなかったと思えるのです。

なんというか、息子達が0~4歳の頃の、母として花全開だった時期に、育児が息苦しくて、いかにして息子達と離れるか、そればかり考えていたのです。

まとわりつく手を振りほどき、昼寝させよう、黙らせようとすごい剣幕で怒り、テレビが見られない、お茶がゆっくり飲めないと、当り散らす毎日でした。

せっかく遊んでと言う息子を無視してテレビを見ていたこともありました。なんてことをしたのでしょう。

今になって…別にテレビもお茶もいりません。あの日々を大切にすればよかった。ただそう思って泣けてくるのです。

二度と帰ってこない幼児期だったのに。

息子達は県外に出て、夫婦二人の生活になります。

もう息子達と暮らしじゃれあうことも無いのですね。街で子どもを連れているお母さんを見ると涙がでます。

胸がぎゅーっと締めつけられた。

ああ、僕は3歳の息子と今、きちんと向き合っているのだろうか。息子の言葉にきちんと耳を傾けているのだろうか。この母親のように将来後悔することにならないだろうか。

道で会うおばちゃんたちは、息子を見て「今が一番いい時ねえ」と皆、判を押したように言います。

「ホンマかいな? 外野は気楽だよな」 正直、反発してしまう自分もいたりもする。

恐らく、「今が一番いい時」は、事実なのだろう。その言葉には、おばちゃんたちの子育てに対する後悔も混じっているのかもしれません。

仕事と家庭と子育てと。周囲を見渡す余裕などなく、ただ前だけを見て突っ走る日々を、このトピ主さんの述懐は少しだけ立ち止まらせてくれました。

「過去のことだからきれいごとを言える」

育児に追われるママからの辛辣なコメントもついていますが、これは意識ひとつの問題。

この文章を読んでからも、むちゃくちゃな3歳児にイライラすることもあるし、頭でわかっていても実際にはできないこともたくさんある。ただ、「子どもと過ごす今しかない限られた時間を大切にする」ことを、以前より確実に意識するようになりました。この後悔の言葉に出会ったから。

将来、息子が独立した時に「オレは子育てよくやった!満足だ!」と胸を張って言い切るなんて、ぐうたらオヤジな僕にはたぶん無理だろうけど。

今、足に無邪気にまとわりつく息子との「かけがえのない時間」をもっと大事にしなきゃ。初心を忘れることなく子育てをやっていかなきゃ。その純粋な思いに、改めて気付かせてくれたことを感謝します。

 - 子育てネタ ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

自転車の子供乗せは前と後ろそれぞれいつからいつまで乗れるの?

自転車の子ども乗せ。 「前用子ども乗せ」と「後ろ用子ども乗せ」、それぞれ何歳から …

2015年クリスマスプレゼント用の人気おもちゃをアマゾンで効率的に探す近道

このエントリー読んだら、早く動き出しましょ。 「子どもへのクリスマスプレゼントな …

授乳室&おむつ替え場所の一発検索アプリ「ベビマ」のコンセプトに共感したから紹介しておく

外出先に「授乳室」と「おむつ替えスペース」はあるのだろうか? 出かける前に知りた …

初耳!東海道新幹線「のぞみ」に家族向け専用車両がある?

子連れ新幹線でお困りの方は多いようで、当ブログの人気記事になっている2本の記事。 …

肌が弱い子供の汗疹(あせも)の徹底予防と対策方法

うちの息子は肌が弱い。とにかく弱い。 夏の汗をかく時期にはすぐに汗疹(あせも)に …

息子や夫の行動が理解できないと感じたらこの本が役に立つかもしれない

最近の写真は全てウルトラマンの決めポーズ。常に何かと戦い、常に棒を振り回し、常に …

今、子どもに人気の絵本をAmazon売上年間ランキングから学んでみよう。

アマゾンの人気ランキングをちょいちょいチェックしてます。ただ眺めて「へえー、パン …

子供にマスクは何歳から大丈夫?そもそも効果はあるのか?

風邪やインフルエンザ予防に「マスク」は有効と言われていますが、それは子どもにも通 …

あっぱれ「陣痛タクシー」:2年前、陣痛の妊婦を乗せてくれるか聞いた時の回答全文から優良タクシー会社を読み取る

陣痛時にタクシーで病院まで運んでくれるのでしょうか? 陣痛が来てタクシーにて病院 …

子ども連れ大宮鉄道博物館 事前準備ポイント&実践記録

埼玉の大宮にある「鉄道博物館」、通称「てっぱく」に3歳の子ども連れで行ってまいり …