子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

赤ちゃんと初めて行くディズニーランドの予習は「ディズニーママスタイル」がおすすめ

      2014/11/18

ディズニーママスタイル

2014年3月末にディズニー公式サイトが「ディズニーママスタイル(Disney Mama Style)」という「小さいお子さまをもつママたちの声から生まれた、東京ディズニーリゾートを楽しむママのためのお役立ち情報サイト」をオープンしたのをご存知でしょうか。

ディズニー公式でこんなにキレイなサイトを作られたら、子ども連れディズニー突撃記録の記事にそこそこアクセスいただいているうちの手作りブログはあがったり。

中を全部見てみましたが、赤ちゃん・子ども連れディズニーのためのお役立ち情報満載。「ああ、我が家がディズニーランド行った時にこのサイトがあったらよかったのに!」と悶絶しました。パパママにとって超使えるWebサイトなので、シェアいたします。

スポンサーリンク

 

ディズニーママスタイルとは?

Disney Mama Style|東京ディズニーリゾート

赤ちゃんと初めてのディズニーランドデビューをしたい。子どもをディズニーランド・ディズニーシーに連れて行きたい。しかし、慣れている人なんてほとんどいなくて、「何に乗れるの?」「ごはんは?」「オムツ替えは?」と、とにかくいろいろと不安だと思います。

その不安を、事前にまとめて解消してくれるのがこのディズニー公式サイト。ディズニーママスタイル(Disney Mama Style)

例えば「ベビー&キッズが楽しめるアトラクションを知りたい!」というページでは、「大きな音がしない」「暗闇を通らない」「怖いキャラクターが登場しない」などの複数条件の組み合わせで「我が子が乗っても大丈夫なアトラクション」の検索ができる。このサイトがない時代、僕はひとつずつガイドブックで調べて、息子が乗れるアトラクションのリストをコツコツ作りましたよ。

その他、ベビーセンターの説明や、オムツ替えの出来るトイレ一覧子ども連れでOKのレストランの検索、などなど懇切丁寧に解説してくれます。とにかく見ればその情報量に満足することうけあい。

もし当日何かを忘れ物しても、おむつや哺乳瓶、はたまた日焼け止めまでとりあえずパーク内でひと通りは揃う取り扱い店舗一覧まで掲載されています。至れり尽くせり。

いろいろ心配しだすとキリがないのですが、とりあえずこの基礎情報を頭の片隅に置いておけば、子ども連れディズニーランド・ディズニーシーをとことん楽しめるはず。いくら計画が万全でも、季節や天気、パークの混み具合など外的要因に当日の動きは左右されるので、心に余裕を持ちつつ、で。

 

え?こんなサービス知らなかったよ!

ディズニー素人なので、ご存知の方は笑ってやってください。ディスニーママスタイルを見て初めて知ったこと。

 

パーク内外にコインロッカーがある

Q:パークでは使わない手荷物を預けたい

パークの中と外にコインローッカーがあるだなんて、知りませんでした。

帰り際のおみやげショップは、商品を見られないくらいのバカ混み。混んでいない時間帯におみやげを調達してしまうと、アトラクションに乗る時に持ち歩かなければならずフットワーク軽く動けない。

コインロッカーがこのジレンマから救ってくれます。混んでいない時間帯、子どもがお昼寝している時間帯におみやげを買い、コインロッカーへ。その後も荷物を持ち歩くことなくアトラクションを楽しみ、混んでいるショップとは無縁のまま、帰りにコインロッカーから荷物を回収して帰宅。

ただでさえ荷物の多い子ども連れには、最高の流れです。コインロッカー代(300円~700円)がかかってしまうけれど。

ベビーカーにおみやげをかけたままアトラクションに入って、戻ってきたらおみやげが忽然と消えている、おみやげ泥棒もいるそう。そういうトラブル回避にも。

 

お弁当を持ってきた人向けのスペースあり

Q:持ってきたお弁当を気兼ねなく食べたい

パーク内は持ち込みNGなので、パーク外にはなります。ディズニーランドもディズニーシーも入り口脇にお弁当を持ってきた人向けのスペース「ピクニックエリア」があるそう。

テーブルやイスも準備されており、再入場の手続きをして食事の際にだけパークから外に出る。お店で食べられるものがなかったりする小さな子ども連れにはありがたい設備です。

子連れで周囲に気を使いながら食事をするのは疲れるので、こういうスペースを有効活用するのもひとつの手ですね。

 

迷子シールで迷子対策

Q:子どもが迷子になったらどうしよう?

今度行った時にやろうと思っている「迷子シール」。これを貼っておけば、もし仮に迷子になってもすぐに親に連絡が来て安心です。名前や連絡先書いたシールの上にさらにシールを重ねる配慮。さすがディズニー。

迷子シール

子どもの迷子対策にぜひ活用したいところです。

 

まずは「ディズニーママスタイル」で予習だ!

このWebサイトはディズニー公式サイトなので、今後のさらなる情報充実や進化を期待したいです。

当日のパーク内で何か困った時に、スマホでアクセスしてその場で調べるといった活用もできそう。まずはパパもママも「ディズニーママスタイル(Disney Mama Style)」でお勉強するのが、赤ちゃん・子ども連れディズニーのこれからの定番になりそうですね。

控えめに宣伝ですが、こんな便利な公式サイトがなかった頃に僕が書いた試行錯誤の泥臭さ全開、実践に学ぶ当ブログのディズニー関連記事です。どれも渾身の作で長いですが、もしよかったらどうぞ。

 - 子育てネタ , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

国立科学博物館が無料だったので家族で行ってきた。結論:3歳児にはまだ早い。

毎年5月18日は「国際博物館の日」で、日本のあちこちの博物館や美術館、資料館が無 …

子供とおでかけ先で思い出作り。家族旅行のメインイベントは「あそびゅー」で予約しよう

仕事が多忙で育児を妻に全部丸投げしてたら妻がパンクした。ここ最近の自分を反省して …

「足の爪の正しい切り方」をご存知ですか?私は30年以上間違ってました

息子との爪切りタイムは至福の時間 なぜか息子(2歳)の爪は私がずっと切ってます。 …

この子連れ電車ビュースポットがすごい!有楽町「東京交通会館」

一部のユーザーにじわじわ受けのいい企画、子連れ電車ビュースポット紹介第4弾。東京 …

お泊りディズニー!ホテルの子供添い寝無料は何歳まで?を徹底比較

ディズニーランド・ディズニーシーに子ども連れで行き、ホテルに宿泊。お泊りディズニ …

ディズニーランドでミッキーへファンレターを投函するとお返事がもらえる話

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでミッキーなどキャラクターに宛ててファン …

子供の虫歯予防のフッ素塗布は習いごとと同じ。我が家の虫歯予防法と考え方を書いてみる。

子どもの歯のメンテナンスは難しい。こんなにややこしいとは子どもを持つまで知らなか …

そのママバッグの中身に「防災」の意識はあるかい?

毎年9月1日の「防災の日」になると「防災に備えて備蓄や準備を」とあちこちで言われ …

子どもと一緒に親子で作る「手作り知育おもちゃ」のススメ

ここ最近、我が家に「手作り知育おもちゃ」ブームが来ています。 良くできた既成品の …

こんな商品知らなかった!「キッズデザイン賞」受賞作を見てみよう

「1億2700万人のキッズデザイン!」 なんだ?このキャッチコピー。何が言いたい …