子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

マジで!おかあさんといっしょの「ぱわわぷたいそう」が終了!「ブンバ・ボーン!」にリニューアル

      2014/11/18

おかあさんといっさよ (1)

2歳児、3歳児、4歳児がいる家庭に激震?NHK「おかあさんといっしょ」の体操「ぱわわぷたいそう」が2014年3月29日で終了!

新年度3月31日の放送から、新しい体操「ブンバ・ボーン!」にリニューアルするとNHKが発表しました。

参照 NHK公式サイト「「おかあさんといっしょ」“体操”をリニューアル!!

「ぱわわぷたいそう」で「お久しぶり!中西圭三!」となった、我々パパママ世代ですが、「ぱわわぷたいそう」を歌っていた中西圭三さんとはここでお別れ。

これからは「ブンバ・ボーン!」の時代が到来するようです。「ブンバ・ボーン!」って、何回か言っているとなぜか笑けてきます。あー、「ぱわわぷたいそう」に慣れただけで、「ぱわわぷたいそう」も十分おかしいか。

ワタクシ、近所の児童館のパパと遊ぶ幼児教室で「ぱわわぷたいそう」を息子(2)と一緒にせっせと踊っております。日本人が大切にする「流れ」を完全無視して曲の途中で大胆にぶった切る、斬新な体操にもようやく慣れました。

それが新しい体操「ブンバ・ボーン!」に変わるということは、振りを覚え直しせないかんわけで。「やっと覚えたのに・・・」と、このニュースはかなり気が重い。

スポンサーリンク

 

「ブンバ・ボーン!」とはなんだ?を解明

「ブンバ・ボーン!」がどんな代物かは、3月31日の放送開始を待たないとわかりません。とりあえず今日のところは、新しい体操「ブンバ・ボーン!」の予備知識を一足早く入手し、4月からの人気者(?)になりましょう。

 

「ブンバ・ボーン!」という言葉の意味は?

「ブンバ・ボーン!」は造語で、エネルギーが元気いっぱいはじける様子を表しています。

心を弾ませ、ワクワクドキドキしながら、おもしろいことを探しに出かけよう!というテーマの体操です。

引用 NHK公式サイト「「おかあさんといっしょ」“体操”をリニューアル!!

造語だそうです。これ、響きが子ども受け良さそうですね。それ狙っているんでしょうけど。

だめだ。「ブンバ・ボーン!」が頭の中でぐるぐるしだした。村上ショージが、「ブンバ・ボーン!」って言ってる画がなぜか浮かんでくるんです。

 

「ブンバ・ボーン!」を歌う歌手は誰?

コング桑田(大阪府出身)

ゴスペル歌手、DJパーソナリティー、タレントとして活動後、1991年、劇団「リリパット・アーミー(現在はリリパット・アーミーII)」に参加。

ミュージカル俳優として数々の作品で活躍。声優としても活動している。

コング桑田さんを存じ上げておりません。顔写真をGoogle検索してみました。

コング 桑田

引用 株式会社キューブオフィシャルサイト「アーティスト:コング桑田

もういっちょう。

コング桑田

引用 sasakittyの酩酊街道

濃ゆいですね。顔といい、リングネームみたいな芸名といい、完全にプロレスラーです。ファンの人ごめん。おかあさんといっしょのイベントで本人登場したら、幼児はびびって泣きだしてしまうんではなかろうか。

調べると「声が素晴らしい」とあちらこちらで絶賛。ということでムダに期待してみる。

 

NHKの「体操としてのねらい」が意外と深い

体操としてのねらいは?

「ブンバ・ボーン!」は、音楽にあわせて、動物のまねをしたり、とび跳ねたりすることで、幼児が楽しみながら体をたっぷりと動かせることをねらいとしています。

この体操には、前後左右に移動する、ジャンプする、かがむ、座る、立つ、走る、止まる、片足でバランスをとる、手で体を支える、指先を動かす、など多様な動きが取り入れられています。

これらの動きを毎日繰り返すことで、知らず知らずのうちに幼児の身体的な発育を促し、総合的な運動能力が向上するよう工夫しました。

何も考えずに息子と一緒にふわふわやっている「おかあさんといっしょ」の体操でしたが、実はものすごく考えられて作られていることが発覚。

「体操監修」に、身体教育学、発育発達学の大学教授がついてます。こんなに考えられて作られたものたものだとは知りませんでした。だいぶお金かかってますね。「おかあさんといっしょ」のCDやDVDでがっつり回収できるからいいのか。

上記ねらいに書いてあります、「知らず知らずのうちに幼児の身体的な発育を促し」の「知らず知らず」に、横着な親としては過大に期待してしまったりします。

 

さようなら「ぱわわぷたいそう」こんにちは「ブンバ・ボーン!」

NHKの広告

photo credit: jpellgen via photopin cc

「ぱわわぷたいそう」の放送は、2005年から2014年まで、丸9年間。どっぷり「ぱわわぷたいそう」で育った親子は、この終了のニュースは感慨深いかもしれません。

さて、次の「ブンバ・ボーン!」は何年続くのか。「おかあさんといっしょ」は2歳から4歳児向けの番組なので、過渡期に当たるのは貧乏くじを引いたような気もします。「ブンバ・ボーン!」が不人気過ぎで、すぐに変わったりすることなく長寿だと、親も振り回されずに済むのでありがたいです。

急に体操が変わっても、順応性の高い子どもたちは、すぐ馴染むかと思います。

問題は、世のパパママたちですね。4月にみんなしてあたふたしているのが目に浮かびます。今から心構えをしておき、「ブンバ・ボーン!」の早期習得、お互いにがんばりましょうね。

【2014年4月2日追記】

リニューアル初日、テレビの前で固まる息子(2)。「ぱわわっぷは?」と叫んでました。

上で「子どもは順応性高い」と書きましたが、慣れ親しんだお気に入りものを切り替えるにはちょっと時間かかりそうですね。

「アルパカアルパカちょっとオカピ」がなんだか笑える。しっかし、覚えられる気がまったくしないぞこの体操・・・。

 - 子育てネタ ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

おすすめの夏休みの子供向けイベント「カゴメ劇場」。2016年の観覧募集やってます。

息子と行った「カゴメ劇場」でまんまとカゴメの術中にハマり、僕に黙ってカゴメの株主 …

子供にも日焼け止めって必要?乳幼児向け日焼け止めレビュー

「子どもに日焼け止めなんていらねーだろ。こんがり焼けて健康的だ」と思っていたアホ …

子供の誕生日プレゼントにおすすめ!ニンニンジャーやプリキュアからお祝いの手紙が届く「キャラレター」

子どもにとって、かなり夢のあるサービスを見つけたのでシェア。 その名は「キャラレ …

何歳から大丈夫?子供と行ってみよう「銭湯のススメ」

日本の古き良き文化「銭湯」。東京都内だけでもこの50年で約2600軒から約800 …

AEDの使い方や心肺蘇生を学べる「上級救命講習」を受けてみた

近所のショッピングセンターに家族で出かけた時のこと。 ぼーっと家族のトイレ待ちを …

子連れ攻略法:「JR貨物 隅田川駅 貨物フェスティバル2013」に行ってきた

電車好きなうちの息子(2)ですが、貨物のコンテナがトラックで運ばれていると「かも …

「東武博物館」子供連れはじめてガイド

いつでも行けると思うと行かない。そんな典型だった東京にある東武鉄道の「東武博物館 …

ディズニーランドにベビーカーを持っていくべき?持ち込んでわかったこと

ディズニーランドにベビーカーを持ち込むべきか?持ち込まないでレンタルをしたほうが …

この子連れ電車ビュースポットはまあまあ。秋葉原「旧万世橋駅」

子ども連れでの東京都内の電車ビュースポット行脚、第3弾。自分の人生で電車熱が今一 …

2015年クリスマスプレゼント用の人気おもちゃをアマゾンで効率的に探す近道

このエントリー読んだら、早く動き出しましょ。 「子どもへのクリスマスプレゼントな …