子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

アマゾンキンドル支払い方法優先順序覚え書き。ポイントとギフト券どちらが先か。

      2016/11/29

アマゾンのキンドルコンテンツの支払いはポイントとギフト券どちらが優先されるのか (1)

Amazon(アマゾン)の電子書籍Kindleコンテンツ購入は、現状「1クリックで今すぐ買う」でそのまま一気に決済まで突き進んでしまう方法しか提供されていません。

しかもその際、保有しているAmazonポイントやAmazonギフト券が支払いに先回しして使われるという、Amazonの悪意渦巻く、極悪仕様。

電子書籍Kindleコンテンツを購入の際にクレジットカード決済をしたいのに、大事に貯めていたへそくりポイントやギフト券が優先されて充当されてしまい「ふざけんなアマゾン」と毒づく自分のようなユーザーに向けたエントリー。

疑問その1「ポイント、ギフト券、クーポン、クレジットカード、支払い方法の優先順序は?」

疑問その2「ポイントやギフト券の優先支払いは回避できないのか?」

カスタマーサービスに聞いてわかったこと覚え書き。特に「疑問その1」は絶対に順番を忘れる自信があるため、ここに書き残しておきます。

スポンサーリンク

 

Kindleコンテンツ支払いに対する疑問を紐解く

疑問1:Kindleコンテンツの支払い優先順位は?

AmazonのKindleコンテンツの支払い方法で、自動的に充当される優先順位は以下の通りです。

  1. クーポン
  2. Amazonポイント
  3. Amazonギフト券
  4. クレジットカード

一番先に使われるのはまず「クーポン」

「クーポン」って何?

例えば以前やっていたキャンペーン「3,000円以上のギフト券購入で後日500円のクーポンがもらえる」といったクーポンを指します。有料会員のAmazon Student紹介キャンペーンで紹介者がもらえるクーポンなども該当。

クーポンの残高があれば、まずはアカウントに付与されている特別クーポンが最初に使われます。

次にAmazonポイント。

Amazonポイントの残高がゼロなら、Amazonギフト券。

Amazonギフト券の残高がゼロなら、クレジットカード。

この順番で残高がKindleコンテンツの支払いに勝手に充当されていくルールです。ここに支払い方法をユーザーが自分で選択する余地は一切ありません。

 

疑問2:ポイントなどの優先支払いは回避できないのか?

結論からいうと「できません」

AmazonポイントやAmazonギフト券残高がある場合、残高分を使い切らずにKindleコンテンツをクレジットカード決済するのは不可能です。

Kindleコンテンツにおける決済方法はユーザー自ら選べない。どうあがいても無理。理由は「システム上の仕様」。

「システム上の仕様だ」なんて建前でしょう。こんなものいくらでも制御できる。現にKindleコンテンツ以外の商品購入は選択できるわけで。

深読みすると「ポイントやギフト券の残額を、強制的にコストの低いAmazon独自コンテンツ購入で使わせてしまおう」という、Amazonの腹黒い魂胆が見え隠れします。

「なんとか回避する方法はないのですか?」

僕の質問に対して、カスタマサービスの担当者が回避策として提案してきたのは「一時的に他の商品をAmazonポイントやAmazonギフトなどで決済してしまい、残高をゼロにする。その後、Kindle本を注文。そして最初に購入した商品をキャンセルする」方法。

そんなにしょっちゅうキャンセルして大丈夫なの?ペナルティでアカウント停止されたりしない?と不安いっぱい。

なによりも、毎回そんなことやるのはめんどくさいです。やってらんないです。

 

結論:あきらめるしかない

アマゾンのキンドルコンテンツの支払いはポイントとギフト券どちらが優先されるのか (2)

Photo: Kindle and a book by mobilyazilar

気にならない人にはまったく気にならない部分だと思います。しかし一部ユーザーにとっては、Kindleコンテンツ購入の際にAmazonポイント、ギフト券が優先決済されるこの仕組みへの不満がかなりあるはず。

へそくりでAmazonポイントはコツコツ貯めておきたいのに。電子書籍代は常にクレジットカード決済で経費にしたいのに。

ユーザーからの苦情は定期的に上がっているはずで、すぐにできるはずの対応をずっと延々放置しているということは、Amazon側も改める気が一切ないのでしょう。

電子書籍のKindleを使い続ける限り、ここはもうあきらめるほかない。

釈然としませんが、現在はそういうルールみたいです。はい。

 - アマゾン攻略, ネットでうまく生き抜きたい

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

Amazon定期お得便を初回だけでキャンセルして大丈夫?と問い合わせた結果

Amazon(アマゾン)で定期購入することを前提に、最大10%オフが適用される「 …

Amazonファミリーはお得なの?2年以上使ってわかったこと

アマゾンにてパパ・ママ・妊婦向け会員サービス「Amazonファミリー」が開始され …

登録した覚えのない「Instagramへようこそ!」認証メールが届いたからこう対処した

Instagram(インスタグラム)に登録した覚えがないのに 送信元「no-re …

2016年Amazon最大のセールプライムデー攻略のための傾向と対策

2016年7月12日(火)午前0時から開催。 Amazonの有料会員向け、1年で …

【初心者向け】「電子書籍」ってどうなの?メリット・デメリットを語る

本が大好きな管理人ねむたいでございます。 子どもが生まれる前は、ビジネス書を中心 …

無料で読めるアマゾンキンドルのおすすめ本5冊を紹介する

ちょっとお休みの時にはいつもできないことをひとつ、「読書」なんていかがでしょう。 …

ポケモンGOプラスの予約・在庫あり巡回ネット通販サイトリスト

「ポケモンGOプラス」の発売は、2016年9月16日(金)で確定です。 発売延期 …

速攻でアマゾンの割引商品を見つける魔法のキーワード

アマゾンでピンポントに割引率を指定して激安商品を絞り込む方法がある? アマゾン駆 …

アマゾンのタイムセールを攻略してみよう

アマゾンが毎日「タイムセール」をやっているのをご存知でしょうか? 私は1年以上ほ …

アイリスオーヤマがお米の発売記念でサンプル無料配布&届いたのでレビューしてみます

お米はいくらあっても困りません アイリスオーヤマがお米を売り出すらしく、そのサン …