子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

携帯契約で高額キャッシュバックや機種一括0円のお店を探すコツ

      2017/06/08

キャッシュバック

既存の携帯電話契約者は冷遇され、携帯電話の乗り換え(MNP)契約するユーザーが厚遇を受ける現在。

当ブログでは一貫して「2年ごとの携帯電話会社の乗り換え」をオススメしています。釣った魚に餌をやらない携帯電話会社に、律儀にお金払い続けるのバカみたいじゃないですか?

乗り換えのユーザーには

  1. 月々の料金の割引
  2. 機種の格安一括購入で、月々の機種代がかからない
  3. 機種一括購入なので、機種のサポート値引きは適用され月々の携帯代が安くなる
  4. 契約するだけでキャッシュバック

といったメリットがあります。2年間、もらえるだけもらって、渡り歩くのが賢い。別に悪いことしているわけじゃありません。携帯電話会社がそれでいいって言ってるんです。節約です。

さて今回は、ドコモ・au・ソフトバンクの乗り換え契約のお得な条件のお店はどうやって見つければいいのか?

その見つけ方のコツを解説してみます。

スポンサーリンク

 

お得なお店の探し方

どこで契約すればお得なの?

MNPで乗り換え契約すると、「基本料金割引」「機種代割引」「キャッシュバック」があります。

基本料金割引は携帯電話会社が提供しているサービスなのでどこのお店で契約しても変わりはありません。

「機種代割引」と「キャッシュバック」はお店によって、条件や金額が違います。各携帯電話会社のショップでいきなり「キャッシュバックください」といってもくれません。

携帯電話会社のショップで独自にやっているところもあります。日本全国でもエリア(関東、東海、関西といった区切り)によって、条件が良かったり悪かったりもします。都会と田舎では競争原理も働きますので、当然条件が違います。

機種代割引やキャッシュバックなどの契約条件は、都心部の「大手家電量販店」や「併売店(3キャリアどれも契約できるような街の携帯電話屋さん)」が手厚い傾向にあります。

 

機種代割引は一括0円を狙う

携帯端末は一括0円で購入

分割契約の弊害については過去記事を参照ください。

関連記事

携帯は分割で買うな!乗り換え一括0円で通信費節約のススメ
あなたの知らない携帯機種分割契約のワナ

乗り換えの契約者は、機種代が優遇される傾向にあります。機種一括0円、タダで機種をもらえるのが一番お得なパターンです。

機種を契約時に一括で購入してしまえば、

  • 毎月の機種サポート料金のみが通話料から値引きされる形となり、月々のランニングコストが安く済む
  • 機種をなくしたり壊れても、使わない機種の分割契約の残債を払う必要がない
  • 2年契約の途中で解約する際、機種の残債の支払いに悩まされることなく、解約料のみで転出ができて身軽

といったメリットがあります。

発売したばかりの最新機種をすぐに一括0円というのは無理ですが、半年もすれば人気機種でも一括0円というのがちらほら出てきます。

乗り換え契約の際には「機種一括0円」をがんばって探したほうが断然お得です。

 

キャッシュバックもさまざま

キャッシュバックは現金か商品券

キャッシュバックもいろいろなパターンがあります。

期限

  • その場ですぐもらえる
  • 一部だけその場、残りは後日もらえる
  • 1か月後にもらえる
  • 数ヶ月後にもらえる

 

種類

  • 現金
  • 商品券
  • auは、auウォレットへのチャージというパターンも

 

受け渡し方法

  • 店頭受け取り
  • 郵送(メール便・現金書留)
  • 振込

 

などお店によりまちまちです。商品券もお店により種類が違って、あんまりメジャーじゃなくて使えるお店が限られる商品券の場合もあります。あと、受け渡しが銀行振込や郵送の場合、振込手数料や送料をキャッシュバックから引かれたりもします。

キャッシュバックには契約条件が複数ある場合がほとんどです。あなたがお店を通じて契約したり、コンテンツやオプションを携帯契約と同時に契約してもらうことでさらに上積みされるインセンティブをユーザーに還元することで「キャッシュバック」が生まれているのです。しかし、これはトラブルも実際問題、多いです。

キャッシュバックを満額もらうには、お店の言いなりにならざるをえないのが基本です。それでもムダなものを騙されて契約しないよう、契約の際にきちんと条件を確認することをお忘れなく。

欲を言えば、付与されるコンテンツやオプションの内容もきちんと理解して、何をつけられたのか把握しておいたほうがいいです。「2ヶ月間の契約は必須」といったように、それがキャッシュバックの条件になっている場合もあり、すぐにオプションをはずすとキャッシュバックがもらえないパターンもありますので注意。

そういう点では、家電量販店での契約のほうが比較的安心だと思われます。

キャッシュバックが多い=いろいろおまけの契約もしないといけない。

キャッシュバックが少ない=契約内容がシンプル。

そんな傾向があります。お好みでどうぞ。

あと、オプションやコンテンツのたぐいは、きちんといつはずしてOKかを確認の上、はずし忘れのございませんように。

 

どうやってお得な情報を探すの?

高額キャッシュバックなどお得な情報を探し方のパターンを整理してみます。

お得なお店の探し方

お店のブログ

携帯販売店によっては、ブログをやっているのでブログで随時情報をチェックします。

 

Twitter

量販店、併売店は、Twitterでお得な情報を流しているところが多いです。

Twitterによるお得情報の探し方テクニックをお教えしておきます。Twitterの検索は、Yahoo!の「リアルタイム検索」を使うのが便利です。

Yahoo!のトップページから、「リアルタイム検索」をクリック。

iphone6s一括0円とキャッシュバックの検索方法 (1)

検索キーワードは、どのくらいの条件が出ているのか?今こういう契約条件はあるのか?などの相場感を掴みたいのであれば「機種名 一括0円」といった広めのキーワードで検索。

iphone6s一括0円とキャッシュバックの検索方法 (2)

より具体的に探していくのであれば、ドコモ、au、ソフトバンクの「乗り換え先の携帯電話会社名」を追加。

iphone6s一括0円とキャッシュバックの検索方法 (3)

検索結果が多くて絞るのが大変であれば、もっと細かく東京や大阪といった「地名」、新宿や渋谷といった「駅名」などのキーワードを追加して絞り込みます。

iphone6s一括0円とキャッシュバックの検索方法 (4)

このパターンだと、「新宿の携帯電話ショップでドコモのiphone6sに機種代一括0円で乗り換えしたい」場合です。その希望に合う量販店や併売店のリアルタイムの関連ツイートや、契約条件がずらずらっと出てきます。キーワードの順番は前後しても問題はありません。

リアルタイム検索ならさほど苦労することなく、すぐにお得な情報を探せると思います。

検索結果の中で、気になるツイートがあったら、お店に電話を直接かけて契約内容の確認やトラップがないかを聞いてみます。

  • 細かい契約条件(オプション、コンテンツのありなし)
  • いらないオプション、コンテンツはいつはずしていいか?
  • キャッシュバックはいつ、どのようにもらえるのか?
  • 端末の取り置きはお願いできるか?

確認項目はこのくらいでしょうか。「お店に来ないと教えません」という店もあります。そういうのは、だいたいお店に行ってから「なにそれ!そんなの全然お得じゃないじゃん」という罠があります。

 

家電量販店の開店・リニューアル・○周年のセール

家電量販店の新たな開店、リニューアル、旗艦店の周年イベントにはお得な携帯がチラシに掲載されている場合もあります。

店頭でいきなりお得な契約条件のタイムセールをするパターンもあります。

 

店員さんから聞き出す

街の携帯電話ショップに頻繁に顔を出しておいて店員と仲良くなって好条件を引き出すという方法があるけど、これはちょっと難易度高いかな。

僕もやったことないです。やったことない方法を伝授するという(笑)

 

あと、2ちゃんねるといった掲示板にもお得な携帯情報が載るスレッドがありますが、ガセも多いので自分はほとんど見てません。

それから、ここでの細かい説明は避けますが、携帯電話契約を趣味や生業としているプロの方もいらっしゃいます。端末コレクターなども。

いい契約条件はそういったプロの方と競合になります。店員さんよりも複雑怪奇な料金プランをすべて把握するプロの知識や情報収集能力、瞬発力はハンパなく、僕ら素人はまず太刀打ちできないとわきまえておいたほうが良いかと思います。

スポンサーリンク

 

【追記】高額キャッシュバックがなくなっている?

【2017年3月13日追記】

総務省は、携帯電話会社各社へ「ライトユーザーへの割安プラン設置」と「端末実質0円のような値引き販売」「乗り換えユーザーへの高額キャッシュバック」などをやめるように厳しい指導を開始しています。

携帯電話会社各社は、これに素直に従い「安いプランの提供」(※全然安くない!)と「機種の割引をなくす」「キャッシュバックの廃止」の方向を打ち出し、実際に動いています。

ただ、料金プランやサービスを精査すると、これらはまやかしでひどいものだとすぐにわかります。

結局、得するのは誰か?「ユーザー」ではなく「携帯電話会社」というお寒い状況でございます。販売促進の費用がかからなくなったおかげで携帯電話各社、増益に次ぐ増益。もうかりまくってます。

何がしたいんだ総務省は、余計なことをしよって。

ともあれ、「端末一括0円がなくなる」「キャッシュバックがなくなる」方向に大きくかじを切っている現状は把握しておいたほうがいい。

実際、2016年2月より大々的にキャッシュバックをアピールするようなお店は少なくなりました。わかりやすい学割も以前に比べたらしぶい。

でも、本当は表立ってアピールしてない(できない)だけで、よく探せばまだまだキャッシュバックをやっているところはあります。

煽るつもりはありませんが、もし乗り換えを検討しているのであれば、早めに動いたほうがいいのは間違いありません。

携帯電話の乗り換えを取り巻く環境は過去にも大きく動いてきてます。今振り返れば、その時その時のタイミングで動くのがベストだった。先は誰にも読めない。僕が言えるのはひとつ、「思い立ったら今、すぐに動いて情報収集を始めたほうがいい」それだけです。

【追記おしまい】

 

携帯契約でお得なお店を探す方法のまとめ

お得に携帯電話を買う方法

ポイントは「MNP(乗り換え)で機種は一括0円」+「キャッシュバック」です。

これらは基本的にネットを徘徊して自分で情報収集するしかありません。かなり時間を食います。

ざっくり計算してみますと、例えば一括0円、機種サポート2,000円、キャッシュバック30,000円の条件で乗り換えをした場合。

  • コスト:乗り換えで新規契約手数料3,000円+MNP手数料2,000円=計5,000円
  • お得:キャッシュバック30,000円+機種サポート2,000円引×24ヶ月=計78,000円

お得-コスト=約7万円

転出の際に2年縛りの最中で解約金がかかったりすればさらにお金は出て行きますが、このまま長期契約している今の携帯電話会社に律儀に貢ぎ続けるよりは、これを機に乗り換えしてしまえば2年で7万円、1ヶ月あたり3,000円くらい通信費が下がる計算です。

消費税も無視しているし、いろいろ契約時にオプションが絡むとこんなキレイな計算にならないのはおわかりいただけるかと思いますが、ざっと出した試算だけでもこのくらいです。

この金額は、けっこう大きいですよね。家族で複数台になると、さらに大きい。

携帯電話を血眼になって探しすのは時間もかかるし大変です。労力に見合う程度で、適度なところで手を打つのがちょうどいいのかもしれません。

忙しくて時間がない! 探すのが大変!というのであれば、ソフトバンクへの乗り換えで高額キャッシュバックがもらえるこちらのサービスを介して乗り換えを検討するという方法も。ここ、まだガンガンにキャッシュバックやってます。もう一声!など上乗せ交渉の余地もあり。

乗り換えは郵送だけで手続きが完結。手間と時間もかからない。

とりあえず問い合わせをしてみて、最適なプランやキャッシュバックを提案してもらうのもひとつの手です。

おとくケータイ.netのお問い合わせフォームはこちら

損をすることなく、賢く携帯電話を乗り換えするために。これらの高額キャッシュバックを探す方法が、乗り換えを検討している方のお役に立てますと嬉しいです。

 

 - スマホ節約術 ,

ad

ad

Comment

  1. なまけもの より:

    2年前にこの記事と「auのガラケーかけ放題~」の記事を読んでこんな契約の仕方があるんだ!と知り、いろいろ調べた結果、docomoへの月々の支払額0円で音声専用回線を確保しました。
    他にもたくさん参考にさせていただいてます。
    ありがとうございます。

    ところであれから2年経ち、ねむたいさんも契約の更新を迎えられたと思うのですが今回はどうされましたか?
    格安スマホの音声通話プランは、まだいまひとつという感じですねー

    • なまけものさん

      コメントありがとうございます。2年もずっと読んでいただいてこちらこそどうもありがとうございます。

      おっしゃるとおり格安スマホの音声通話プランはイマイチ。いろいろ検討したのですが今回の更新時期は乗り換えせずにau3年目突入です。データ回線は格安スマホちょこちょこ乗り換えて遊んでます。

      音声回線については仕事で使うためかけ放題回線必須。本当はドコモへ行きたかったのですが、ガラケーかけ放題回線を組むのが以前よりやりにくくなっており。というかガラケー案件がない。かつキャッシュバックもなくて乗り換えのうまみがなく月々のランニングコストも上がってしまう。

      まったく納得いってない結果です。総務省のアホが余計なことしおって、って感じです。

      現状のauはガラケーの毎月割が3年分あるので3年目完走で解約金払って出てもトータル支払いはさほど変わらないはず。とはいえ、あと1年後で今のMNPを取り巻く環境が変わるとも思えず、携帯電話会社のいいお客さんにならざるえないのか?それは嫌なので抜け道考え中です。また何か見つけたらブログ上でご報告致します。

      引き続きブログともども宜しくお願い申し上げます。

  2. なまけもの より:

    なるほどなるほど、返信ありがとうございます。
    音声通話に関しては、残念ながらまだ大手キャリアに分がありますよね。
    私用ならLINE電話を使うとかやりようはありますが、仕事となるとなかなか…。
    個人事業主が一番割食ってる気がします。

    ところで、記事から内容は離れてしまいますがAndroidスマホってどうですか?

    というのも4年目に突入したiPhone 4sのバッテリー持ちが限界に達しつつありまして、さすがに買い替えを検討中です。
    3大キャリアに行く気は全然ないので自分で調達しなければいけないわけですが、iPhoneは高い!アホみたいに高い。
    別にApple信者ではないので、データが移行できて、バッテリー持ちが良くて、スムーズに動いてくれればいいんです。
    しいて言うならDSDSで音声SIMとデータSIMを1つの端末にまとめたいくらい。

    というわけでAndroidの使い勝手とかどのくらいの長期使用に耐えるかとか聞こうとしたら、周りがiPhoneユーザーばかりだったのでした。
    もしくは3大キャリアと契約中で「(キャリアの)割引あるじゃん??」と言われる始末。

    お手隙の際に、思うところ等々あれば教えていただけると嬉しいです。
    こちらこそよろしくお願い致します。
    ブログの更新も楽しみにしております。

    • なまけものさん

      コメントありがとうございます。そうですね、おっしゃる通り音声通話に関しては3大キャリアに分があるのが現状。

      3大キャリアもとい音質が一番まともなのはドコモで、ここのかけ放題回線「のみ」の安い回線を組み上げるのはもはや無理とお手上げ状態です。そんなお金にならない客いらないって話でしょうけど。

      続いて、ご質問のAndroid端末についてお答えします。

      そもそも、Appleと東京にある島野製作所の特許侵害の訴訟の一件を聞いてから、僕はApple不買運動をひとりでやっています。ひとりでもう買わないって決めて買わないだけです。こんなもの微々たるものでほとんど意味がないのはわかりきっていますが、日本のモノづくりをなめきったAppleの態度に怒りを覚え、企業規模が天と地ほど違う天下の大企業Appleを訴えた島野製作所に敬意を払い、日本の司法がどういう判断を下すか裁判の経緯を見守っています。

      過去にiOSからAndroidに乗り換えた際に感じたのは、iOSは「誰にでも使える易しい仕様を優先しているため応用の余地がほとんど残されていない」。Androidは「誰にでも簡単に使いこなせないかもしれないがカスタマイズ幅が広く痒いところに手が届く」そんな印象でした。穿った見方をすれば、iOSはわざとランクを落とした仕様にしていて「一介のユーザーがごちゃごちゃ小難しいことをしたがらずに俺らのプラットフォーム上で忠実な信者として踊ればいいんだよ」というAppleのユーザーに対する横柄な態度も見え隠れしています。

      コツコツ調べるのが苦にならず、とことん自分で好みのスタイルに持っていきたいのであればAndroidです。ウィジェットなど応用の幅は広い。アプリは日本市場が歪んているためユーザー数の多いiOSが優先されてしまいますが、Androidも代替アプリはたくさんあります。なまけものさんは調べて自ら動くことを負担と感じない方とお見受けしますので、がっちりハマりそうな気もします。

      端末もApple製品に比べて高くないので定期的な買い替えも負担になりません。セキュリティ対策も無料アプリのアバストとかで大丈夫です(我が家はESETファミリータイプ3年5台ライセンスを入れてます)

      バッテリー持ちなどは機種に依存するのでなんともですが、うちの妻はGalaxy Note2を気に入りすぎて買い替えればいいのにと何度も進言も、4年ほどずっと使い続けています(バッテリーはドコモポイントでタダで交換、初期化も何度かやってます)。お持ちのiPhoneも4年持っているようですが、Galaxyも4年も酷使してしかもピンピンってすごいな、という感想を持っています。

      端末は、これは日本企業の肩持って応援する意味でもSONYのXPERIAか、やっぱり完成度が高いSAMSUNGのGalaxyが個人的には好きです。人民解放軍出身の社長がいるHuaweiは企業としてどうも信用ならないけど触るとモノのとしてはよく作り込まれているのがわかるので仮に中国にデータぶっこ抜かれてもまあいいかいやダメだろうと悩ましい。ASUSやサポートがダメだってよく聞きますので食わず嫌いです。ASUSの液晶ディスプレイは日常的に使ってますが問題ないのでZenfoneもおそらく大丈夫なんでしょうけど。

      ご質問に対する答えになっているのかはわかりませんが、Androidは使い物にならないフェーズはとっくの昔に過ぎ去りかなり進化しており、なまけものさんの期待に十分応えてくれるはずです。

      また何か追加でお聞きになりたいことございましたらコメントいただければと思います。

  3. なまけもの より:

    奥さま物持ちいいですね!
    AndroidはOSのアップデートやセキュリティパッチの配布が端末メーカーに依存していると知って不安になったのですが、それなりに対策していれば長期使用でも深刻な問題がなさそうとわかって良かったです。

    おすすめ端末もありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

ドコモユーザーはポイントを使った電池パック交換サービスが改悪されるから早めに手を打っておこうね

母が「携帯電話(ガラケー)の電池の持ちが悪いんだけど」と私に言います。 「電池パ …

格安スマホ【ニフモ】キャッシュバックキャンペーン情報まとめ 2017年10月最新情報

老舗プロバイダnifty(ニフティ)が提供する、格安スマホ・格安SIMサービス「 …

ドコモ・au・ソフトバンクの「契約更新月」の法則をズバリまとめた

ドコモ、au、ソフトバンク、各社とも携帯電話の契約は「2年」です。 「2年は嫌だ …

解約月の家族間無料通話分が「丸ごと請求」されるだあ?ドコモ・au・ソフトバンクの違いを調査する

最近の携帯電話各社は「電話かけ放題」のプランを提供していますが、「従来の契約プラ …

携帯は分割で買うな!乗り換え一括0円で通信費節約のススメ

携帯機種は、携帯電話会社各社が提供している分割購入で買わないほうがいい。 関連記 …

スマホのパケット2GBでLINEや動画はどのくらいできるの?実験してみた

携帯電話料金の簡単な節約方法のひとつとして、パケット定額プランを自分の月の通信量 …

一番お得ですぐ使えるドコモポイントの使い道はこれだ

いつの間にやら貯まっている「ドコモポイント」 ドコモポイントが手元にあるのは知っ …

スマホ節約の通話アプリ「050 plus」のメリット・デメリット

「スマホに変えて通話料が上がった!」 ケータイの時には通話料込みのプランがあった …

月々サポート・毎月割・月月割はいつからいつまで?解約月との関係まとめ

各社、携帯電話の機種料金を24回払いにし、その金額に対して携帯電話会社が一定額を …

【2017年10月最新!WiMAX比較】ヘビーユーザーがおすすめするベスト3はこちらです。

「WiMAX(ワイマックス)のプロバイダはどこと契約すれば一番いいの?」 「比較 …