子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

赤ちゃん用おむつってどこのメーカーがいいのだろう?を考えてみた

      2014/03/13

赤ちゃん用おむつってどこがいいんでしょうか?

結論「合う、合わないは我が子次第だからいろいろ試すしかない」

元も子もないのですが結論から言ってしまうと、その赤ちゃんの体型などに依存するのでどれがベストというのは「いろいろ試すしかない」のです。

一番は子供の肌に合うかどうか。そこがまず最優先。おむつかぶれとかやはり肌によって子供はいろいろあるもの。うちの子はパンパースとグーンの併用で落ち着いてます。メリーズは素材がやわくて漏れが激しく、うちでは使用を避けています。

パンパースはおむつかぶれが少ないと聞きますが、グーンにくらべておしっこの臭いが結構外にします。ということは、臭いがするからおむつを替える頻度が高い→結局、おむつかぶれをする確率が下がる。ということで評判が高い?んじゃないかと睨んでます。

選考のポイントは人それぞれ優先度が変わるとは思いますが、概ね以下の通りかと思います。

 

デザイン

ぶさいくなキャラクターが書いてあったりと好みが別れるところです。男はそんなの興味ないので何でもいいんですが、ママはそれぞれこだわりあるみたいですね。定期的に柄が変わったりもします。

 

吸水性

吸水能力の低いおむつは致命的なので今どきそんなのないとは思いますが、体型に合う合わないで隙間から漏れが発生します。おしりの隙間から背中に向けて漏れたり。洋服についたうんちは洗っても落ちない!これも試してみないとわからない、の世界です。

 

サイズ感

例えば同じサイズ「S」でもメーカーにより大きさはだいぶ違うというところが注意点。同じサイズ表記でもメーカーによって大きさはまちまちです。大人の服でも同じ「Mサイズ」でブランドにより違うよね?という話と同じです。

例えばパンパースとグーンを比較するとパンパースは「小さめ」グーンは「大きめ」のつくりです。サイズが大きくなるにつれ1枚当たりの単価も上がりますので、パンパースのサイズ限界がきたらグーンの同サイズで次のサイズまで1枚単価を低いままで繋ぐ、といったメーカー間のはしごが家計的にも優しいです。

 

携帯性

オムツの携帯性でかさばるタイプ、かさばらないタイプが分かれるのでそこも注意。

例えば、パンパースの薄さはかさばらなくて魅力的。逆にグーンはかさばります。しかしでかいのでキャッチのスペックが高い、ということでうんちしそうなときはグーン、その他通常はパンパースというハイブリットでの運用をしたりすることになります。

 

値段

これ重要。1枚あたりの単価計算は必須です。単純に新生児向けでも1枚あたり10数円~します。

おむつの替えたとたんに気持ちいいのか速攻でヤラれた時には、「おいおい、さっきしておいてくれよ・・・」と唸ってしまいます。10円、20円野菜が安いからとスーパーはしごしたりしているのに。

 

このあたりが判断基準になるかと

これらの判断基準を元にいろいろ比較検討することになるかと思います。

とりあえず各メーカーにサンプル請求してみたらいかがでしょうか。出産前でしたらこつこつ集めておいて損はありません。

「おむつ サンプル」といったキーワードで検索すれば情報は出てきます。しかし先着順だったりと、私の場合は申し込んでも手元に来たためしがなく、単に個人情報ばら撒いただけという情けない結果になっています。

次のおむつ談義は「オムツはどこで買うのがベストかを考えてみる」にしてみましょうか。

 - 子育てネタ

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

子ども用家具にはダンボール製が良いかも。メリット・デメリットを考える。

子ども用の家具として、我が家も余りまくっているアマゾンのダンボールでおもちゃ収納 …

クリスマスプレゼントでサプライズ!子供へニンニンジャーやプリキュアから手紙が届く「キャラレター」でキメる

「子どもにクリスマスのサプライズを仕掛けたいのだけど・・・」 サプライズをできる …

3歳子供連れ3世代ディズニーランドの回り方記録と15のひけつ

3歳半の息子を連れて「東京ディズニーランド」に行ってきました。 これ書いている僕 …

子供連れ「すみだ水族館」事前準備ガイド。スカイツリーの下の水族館に行く前の予習ができます。

東京スカイツリーの麓にある「すみだ水族館(隅田水族館)」 水族館はだいたい海に面 …

知ってる?やってる?家の中の危険から赤ちゃんを守るセーフティグッズ13

お家の中は危険がいっぱい。 ちょっと目を離した隙に何かやらかすのが、言ってもわか …

「仕事か?家庭か?」は古い。「仕事も家庭も」大切にしたいパパへ向けた一冊

以前紹介した「パパの子育てに対する心構えとテクニックを説いた本」である「新しいパ …

アマゾン選出のおすすめ本「オールタイムベスト児童文学(小学1年~4年生向け)」を見てみよう

アマゾンが「オールタイムベスト児童文学100」というのを発表しました。 「オール …

3歳児のトイレトレーニング成功1か月後はどう成長しているのか?

うちの息子は2歳10ヶ月の段階で、トイレトレーニング(おむつはずし)を決行し、1 …

赤ちゃん・子供連れOKの映画館があるよ

「子ども連れでもOKな映画館の上映サービス」があるってご存知でしょうか。 曜日や …

親は子に育てられているのだ!こども未来賞の受賞作が「ええ話」な件

今となれば「あの茶番劇はなんだったんだ?」と皆が思う、民主党政権時の「事業仕分け …