子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

子供の写真をフォトプロップスの無料素材を使って撮ると超楽しいよ

      2015/05/18

子供とフォトプロップスを楽しむ (2)

「フォトプロップス」を使用して写真撮影をすると、けっこう楽しめる。

フォトプロップスの存在を初めて知ったとき、「ああ、こういう発想なかったな」と感心した。で、自分は瞬発力しか売りがないので、すぐになんでも試してみる。やってみたら、いつもと趣向が変わってかなり楽しめた。

「フォトプロップスとはなんぞや?」

「子どもの写真用におすすめのフォトプロップス無料テンプレートサイトはどこ?」

いろいろ調べた結果をここに整理しておきます。やったことのないパパとママは、子どもの写真でフォトプロップスデビューをしてみるといいかもです。

スポンサーリンク

 

フォトプロップスとは?

「prop」は「小道具」という意味。

スマホのアプリなら写真を撮ったそばから加工できるけど、そうじゃない。いろんな絵柄の紙製の小道具を手に持ち、写真を華やか撮って楽しむためのアイテム。それが「フォトプロップス」です。

フォトプロップスとは?

Photo:フォトプロップス無料素材専門サイト「Photo Props

写真を手軽にアレンジする方法として欧米で流行り、日本もここ数年で浸透しているとのこと。最近になってようやくフォトプロップスの存在を知った自分は3周遅れくらいですかね。まあいいや。

結婚式や披露宴などでも多用されているらしく(自分がここ数年出た披露宴では見かけたことないが)、「フォトプロップス」で検索すると結婚式向けの無料素材が多く見つかります。

結婚式やパーティに限らず、他にも応用は効く。

子どものお祝いや、成長記録の写真にかなり使えるのです。これは非常に子育て家庭向きアイテムではないかと思うのです。

 

おすすめのフォトプロップス無料テンプレートサイトはここ

子供とフォトプロップスを楽しむ (4)

ネットで探すとパーティ用に「フォトプロップス」のセットが売られています。

赤ちゃんや子ども向けに生地のフェルトで作られた高価なフォトプロップスも売られていたりしますが、こんなもん1回使ったら飽きるでしょ。そんな投資、必要ありません。

どうせ子どもにぐちゃぐちゃにされる運命なので、自宅プリンターでお手軽に自作してしまえ。

ということで、ネット上でフォトプロップスの無料テンプレートを探しまくったところ、ここのサイトが一番充実していました。おすすめ。

参考 フォトプロップス無料素材専門サイト「Photo Props

ダウンロードしたファイルが圧縮されているので、パソコンじゃないと見られません。

好きなものを印刷して切り抜きます。ペラペラのコピー用紙ではなく、厚手の用紙を推奨。

子供とフォトプロップスを楽しむ (5)

で、棒のの先につけ、手に持って写真撮影の際に一緒に写し込んで使います。

フォトプロップス用の無料素材配布サイトは「結婚式向け」がダントツで多い中、上記のサイトは赤ちゃんや子どもの成長記録向けの素材が充実しています。

この「初めてのお風呂」や「初めてのハイハイ」などの「初めてシリーズ」なんてかなり使えるんじゃないでしょうか。

もっと成長して子どもに自分で持たせる素材であれば、右利きなので向かって左下部分に棒をつけたほうが持ちやすいです。

また、竹ひごなど細い棒のほうが写真に写り込まないので見栄えはいいですが、子どもには危ない場合も。竹ひごも使ってみましたが、子どもが手に持ちやすい太さで考えると、「割り箸」もしくは「ストロー」くらいの太さがあるほうが良いと感じます。安全性で見ると一番のおすすめは「ストロー」ですね。

 

まとめ:自然と笑顔になるフォトプロップス

子供とフォトプロップスを楽しむ (1)

写真をスマホで撮ってアプリでデコるのと何が違うのかというと、まず、フォトプロップスを使って写真を撮るとモデルが高確率で「笑顔」になります。

赤ちゃんは難しいかもしれませんが、カメラを向けるとわざとそっぽを向いたり、変な顔しかいつも撮れないうちのやんちゃ3歳児には効果バツグン。フォトプロップスのおかげで、苦労せずにいい笑顔とおもしろい写真が撮れました。

あと、ハサミで切ったり割り箸をセロテープで貼り付けたりと、フォトプロップスを作る「工作」は、子どもと一緒に遊べて一石二鳥です。この手作り感がみんなで楽しんでいる雰囲気を写真から醸し出すようで、それがまたなお良し。

単にひげを顔に貼り付けて写真を撮るだけとはちょっと違うんです。お手軽なフォロプロップスを手に持って、出来上がった写真のバランスを想像しながらわいわいやるのが意外と楽しかったりする。それがフォトプロップスの醍醐味なのかなと思います。

子どもの日々の成長をさらに楽しく記録。日常をフォトプロップスを使ってもっと華やかに写真撮影。

フォトプロップス、子育て家庭におすすめのアイテムです。すぐに飽きるかもだけど。

 - 子育てネタ

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

空手の道場訓に身を引き締められたついでに、子供の習いごとは「道」のつくものがいいかもねという話

2014年5月11日(日)放送のTBS「情熱大陸」を録画していたものを、流し見。 …

何歳から大丈夫?子供と行ってみよう「銭湯のススメ」

日本の古き良き文化「銭湯」。東京都内だけでもこの50年で約2600軒から約800 …

妖怪ウォッチって何?5分でわかる「妖怪ウォッチ」基礎講座

今、巷では小学生に「妖怪ウォッチ」がめちゃくちゃ人気らしい。関連グッズは軒並み売 …

「ぐりとぐら」は、どっちが「ぐり」でどっちが「ぐら」?

絵本「ぐりとぐら」を息子に読んでいて、ふと思いました。 どっちが「ぐり」でどっち …

「東武博物館」子供連れはじめてガイド

いつでも行けると思うと行かない。そんな典型だった東京にある東武鉄道の「東武博物館 …

不要なベビーカーを効率良く処分する方法をとことん検討する

子どもが2歳半になったくらいになった頃から、あまり乗らなくなったベビーカー。 我 …

子連れディズニーランド攻略のために絶対やるべき10の準備

2歳半の息子のディズニーランドデビュー。 時間と体力のムダなく、効率的にディズニ …

「今、この瞬間の子どもとのかけがえのない時間を大切にしよう」と改めて思わされる話

「子育てを終えた今、街で幼子を見ると涙がでます。」のトピに考えさせられた/【子ど …

赤ちゃん用おむつってどこのメーカーがいいのだろう?を考えてみた

赤ちゃん用おむつってどこがいいんでしょうか? 結論「合う、合わないは我が子次第だ …

東海道新幹線「子供連れファミリー専用車両」 の夏がまたやってくる

子ども連れでの長時間の新幹線の旅行。周囲のお客さんに迷惑をかけないためにはどうし …