子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

この本が「パパ向け育児本」の新定番となる

      2014/11/18

新しいパパの教科書

子育て成功者の集い(?)NPO法人「ファザーリング・ジャパン」著の、パパに向けた子育て本「新しいパパの教科書」を読了。

協調性がなく、何よりも集団行動が苦手な僕には、パパ友集団でなにかやろうなんて発想は死んでも出てこないため、ファザーリング・ジャパンの目覚ましいご活躍は遠巻きにただ見ておりました。

この本も冷やかし半分に「ブログのネタになるかな」くらいで手に取ったのですが、悔しいかな「当たり」です。

回し者ではありません。が、ごちゃごちゃ言わずに1,000円+税を素直に払って、世のパパ、特に「これからパパになる人」は熟読をおすすめ致します。

スポンサーリンク

 

どんな本なの?

極論:「理想のパパ像」養成本

「新しいパパの教科書」といっても、理想のパパ像を教えたいわけではありません。子育てに正解はなく、パパのあり方は多様性があってよいのです。ただ、子育てやパパのあり方に正解はないにしても、セオリー(理論)はあるはずです。

本書の「新しいパパのセオリー」を学ぶことで、「笑っている父親」への一歩を踏み出していけただけたらと思います。

いや、この「はじめに」は、嘘です。この本のセオリーを掌握し全部できたら、超完璧な「理想のパパ」が出来上がります。という意味では、極論を言うと『「理想のパパ像」を教える本』です。

この理想のパパ像のオンパレードの前に「オレにはこんなのできないよ・・・」と打ちひしがれるか、「よっしゃ!やってやるぞ!」と燃えるかは、そのパパ次第。まあ、燃えたほうが100倍育児を楽しめると思うけどね。

最初からスムーズにできたら苦労しません。こんな本もいりません。育児なんて気負って、ただ突進して、試行錯誤して、だ。

結果、失敗や反省も多々あるんだけど、楽しんでなんぼでしょ。この本も「育児を親の義務と思わずに、どうせやらなければならないのなら、楽しく行いたいもの」だと言っている。「楽しんでやるために、どうしたらいいか」が、ここにはある。

 

本のターゲットと内容

子育て中のパパと子供 (2)

Photo: Nuevasaficiones by Andrés Nieto Porras

「新しいパパの教科書」は「プレパパから3歳児パパまで」がターゲットになっています。個人的には特に「これからパパになる人」におすすめします。それは、なぜか?

いやもう、ママからすれば噴飯ものだと思うけど、「保育園」と「幼稚園」の違いもよくわかんなくて、理解に時間がかかるものなのね、パパは。

そういう過去を辿ってきたパパたち(ファザーリング・ジャパン)が書いている本なので、丁寧でわかりやすい。「はてなマークが頭の上に浮かびまくっているパパ」の思考回路がわかっているから、何を説明すればいいかのポイントが簡潔で、混乱させるような情報は極力排除され、「最低限」がきっちり押さえてある。図もわかりやすいし、アンダーラインが引いてあったりとポイントも掴みやすい。

パパの子育て術はこの本1冊でほぼ網羅しており、かなりの「子育ての近道」ができる。自分がこの3年間苦労してきた道を振り返ると、1,000円でこれだけショートカットができるなら払う。躊躇せずに払う。

ましてや「情報がまっさら」な「これからパパになる人」には、最適すぎる本です。

内容は、子育てを取り巻く社会の変化や「なぜ今、パパの育児が必要なのか」という背景から、夫婦のあり方、男女のモノの捉え方の違い、子育ての基礎知識、家事のテクニック、仕事とのバランス、地域活動の重要性などなど。

「範囲を広げすぎ」と言えばそうだけど、まず「パパの子育ての全容を把握する」ことが重要。

もっと知りたいポイントは、他の本やネットでさらに掘り下げればいい。でも、この本に料理のレシピまではいらないと思うけどね。「下手なことせずに、レシピ通り忠実に作れ!」は、おっしゃるとおりでございますが。

中でも特にママとの「パートナーシップ」の解説は、かなりためになるはず。今までの夫婦ふたりの関係に子どもが間に入っただけで、こんなにガラリと変容するものなの?と、僕がめちゃくちゃ戸惑ったポイントです。

「頑張ってね」といった指示文でママに声掛けするのではなく、「いつも頑張ってくれているね」と受容する声掛けをすると、ママはホッとした気持ちになるはずです。「いつもありがとう」「助かっているよ」など、ねぎらいの言葉を、遠慮することなく、ママに伝えましょう。

パパとしては「手伝ってあげようか?」と好意で言ったつもりでも、実は「手伝う」の言葉の裏には「育児はママの役目であり、オレの仕事ではない」という意識が隠れており、その態度にママはカチン!と来るのです。

こういうポイントを知っているだけでも、知らぬ間に地雷踏んで「あれ?なんか怒らした?」ということも「多少は」減るものと思われます。このへん、自分で気づくか、他の育児書で学ぶものだけど、早く知っておくにこしたことない。

無自覚で出てしまうものなので、何度も何度も読みなおしてパパ自身の意識改革・矯正が絶対に必要なポイントです。

他にも、パパの家事への考え方、取り組み方といった大切な部分も解説。

花王「家事をする既婚男性の意識・実態調査」の「現在、十分な収入があれば離婚したいですか?」という質問。

「離婚したい」「離婚を考えている」と答えた割合は、夫が家事をしない妻:47%、夫が家事をする妻:13%。パパが家事をすると離婚のリスクが減る。

家事は「手伝ってあげる」のではなく、フェア(公平性)を求めるものでもなく、シェアする意識で臨むべきなのです。

家庭内の「家事のシェア」を甘く見るな、と。

ほんの一部分を抜粋してみました。このように「なぜそれが必要なのか?」を同じパパ目線で丁寧に解説しているので、育児本によくありがちな上から目線の説教臭さもなし。すっと頭に入ってきて理解しやすく、実践しやすいのです。

 

転ばぬ先の杖は何本あってもいい

子育て中のパパと子供 (1)

Photo: lightfantastic by Petras Gagilas

他にも多くの気付きを与えてくれます。例えば、絵本の選び方。

パパとママの両方が絵本をセレクトすることで多様性がうまれ、子どもの経験と想像力の幅が広がります。

今まで、妻が「これが良さそうよ」と言った本を、そのままはいはいと僕がネットで注文してましたが、きちんと「パパ目線」で絵本選びに参加しなくちゃいけないな、と。

もっと早く知っておけば楽だったのにな、という内容も。

僕は子どもが産まれて半年くらい経ってから、自分の子どもをようやくかわいいと思い出したタイプ。「ちっとも自分の子をかわいいと思わないんだけど、自分って欠陥人間なのかな?」と思い悩んだものですが、この本を読んでいたら「男の子育てスイッチの入りは、ママに比べて遅い傾向」にあることがわかるし、「そのうちパパスイッチが入るだろう」と気楽に構えていられる。

パパはパパなりに、様々な壁にぶちあたる子育て。転びそうになったときに、どの杖をつくか?と悩んで行動に移せないようだとそれはそれで問題ですが、転ばぬ先の杖は何本あってもいい。

そんな転ばぬ先の杖のうちの1本。パパの子育ての仕事の全体像を俯瞰し、この先どんな未来が来るのか?どんな問題が起こる可能性があるのか?「パパの子育て」のキーポイントはなにか?事前に把握しておくには、よくまとまった一冊です。

子育ては期間限定のプロジェクト。そして、ポジティブかつクリエイティブな仕事なのです。主体的に子育てに取り組み、「父親であること」を楽しんでいきましょう。

パパ向け、特に「これからパパになる男性」に向けた育児本の新定番として、強く強く推薦させていただきます。とりあえず読むべし!

 - 子育てネタ , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※お手数ですが半角数字を入力してください(迷惑コメントが多いため) Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

  関連記事

AEDの使い方や心肺蘇生を学べる「上級救命講習」を受けてみた

近所のショッピングセンターに家族で出かけた時のこと。 ぼーっと家族のトイレ待ちを …

育児書・子育て本にもう踊らされない!上手な付き合い方

けっこうすぐに感化されやすい、管理人「ねむたい」(@kosodatedou)でご …

「足の爪の正しい切り方」をご存知ですか?私は30年以上間違ってました

息子との爪切りタイムは至福の時間 なぜか息子(2歳)の爪は私がずっと切ってます。 …

この子連れ電車ビュースポットはまあまあ。秋葉原「旧万世橋駅」

子ども連れでの東京都内の電車ビュースポット行脚、第3弾。自分の人生で電車熱が今一 …

ママ向け「男の子の育て方」育児本はパパが率先して読むべし。自身の窮地を救い家庭に平和をもたらすかも。

朝4時半。息子(4歳)に叩き起こされ「セミのなきがらを見つけに行こうよ」と笑顔で …

お泊りディズニー!ホテルの子供添い寝無料は何歳まで?を徹底比較

ディズニーランド・ディズニーシーに子ども連れで行き、ホテルに宿泊。お泊りディズニ …

この子連れ電車ビュースポットがすごい!品川「八ツ山橋」

一部に非常にウケのいい「子連れ電車ビュースポット」紹介エントリー第五弾。たくさん …

何歳から大丈夫?子供と行ってみよう「銭湯のススメ」

日本の古き良き文化「銭湯」。東京都内だけでもこの50年で約2600軒から約800 …

2015年カゴメ劇場に行ってきました。公演レポやお土産など感想を書いておく。

夏休みに子ども連れでちょっと楽しむにはおすすめです。無料だし。って紹介したチャリ …

子供が喜びそう!ドミノピザの「ピザ作り体験教室」

ピザをがっつり食べた後に、何を血迷ったのか、カロリーを公式サイトで調べる自虐行為 …