子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

断言しよう。おむつ購入で安くておすすめのネット通販サイトはアマゾンとLOHACOの二択以外考えられない。

      2015/05/11

おむつ購入で安くておすすめのネット通販サイト

先日、とあるサイトの調査結果を読み、のけぞりました。

普段、子どもの紙おむつを購入するところはどこが多いですか?

  • 店舗のみ60.7%
  • 店舗がメインでたまにネット:21.3%
  • ネットがメインでたまに店舗:12.3%
  • インターネットのみ:4.7%

引用 ベビ得

この引用元サイト、関東1都3県のおむつの店頭価格調査をやっています。コンセプトは素晴らしいのですが、見せ方が非常に残念というか、言葉を選ばすに言うと「どヘタ」。子育て家庭の要求要望はこれじゃあ満たせないよ。

運営会社を見たらウェブ屋さんなのに、こういうの得意じゃないのかな?

さらに調べたら価格調査員も雇ってリサーチにもだいぶお金をかけているようだけど、このままじゃ、初期投資が永遠に回収できない気がします。もったいない。

今回は、このサイトの話をしたいわけじゃない。言いたい放題書いてますが、サイトの中の人はぜひがんばってください。

で、注目したいのは調査結果からわかる、8割近くのユーザーが「店舗メイン」でおむつを買っているという事実。「おむつを店頭で買うこと」に意味はあるのか?を考えたい。

なんでおむつをネットで買わないのかな? ネットの方がどう考えても便利なんだけどね。

「ネットでおむつを買うことのデメリットは?」「ネットでおむつを買うと安いの?」「どこのネット通販サイトがおすすめなの?」

おむつは「ネットで買う」選択肢しかもはや頭にないワタクシめが、「ネットでおむつを買うことのススメ」と、おむつをあちこちで購入した結果から「おむつを買うのにおすすめネット通販サイト」を語ってみます。

Photo: untiteled by cosmo_71

スポンサーリンク

 

ネットでおむつを買うことのススメ

偉そうに書いていますが、子どもが出来た当初は僕も「ネットでおむつを買う」という発想はありませんでした。近所のドラッグストアで買って、家まで汗をかきつつ自転車で運んでました。それが普通だと思い込んでいた。

しばらく経ってから、アマゾンでおむつを売っていることに気づき、そこから店舗で買うことは一切なくなりました。

うちの子が生まれたのは、まだアマゾンファミリーもLOHACOもなかった2011年のこと。という意味では、今おむつを使う子どもを抱えるパパママは「ネットでおむつを安く手軽に買える環境」が整っている分、ラッキーだとも感じます。

先ほどの調査は「なぜおむつを店舗で買い続けるのか?」の理由まではつっこんで調査しておらず、いまいち店舗で買う理由がはっきりしない。

なぜみんな店舗で買っているの? 他の買い物のついでだから? 自分の目で商品をチェックできるから? お店のポイントを貯めているから? 安いから?

おむつをする年齢の子ども同伴の買い物は、とにかく疲れます。あのややこしい苦労から、できることなら解放されたいという願いはどの親も共通かと。

「どう考えても、ネットで買ったほうが楽じゃないかな?」

 

ネットでおむつを買うメリット

ネットでおむつを買うことによる恩恵をざっと書き出すと、

  • 雨でも台風でもお店に行かなくていい。レジに並ばなくていい。
  • 子どもをなだめながら買い物に行く必要もない。
  • かさばるおむつを自分で運ぶことなく玄関先まで届けてくれる。
  • 価格比較がネット上で完結して楽。
  • キャンペーンなどをうまく駆使すれば、安値で買える。

盆や正月に帰省する際は、息子が使うおむつをネットで注文して実家に直送したりと、そういう使い方ができるのもネット通販のメリットです。

 

ネットでおむつを買うデメリット

  • 働いていて配達時間が合わないなど、配送受け取り調整が面倒。
  • 突発的なおむつ切れには対応できない。
  • 届くダンボールが大きめなので処分が時として大変。

確かに配達受取は手間ですが、買いに行く手間を考えたらどっちが「楽」かは明白。

それから「おむつ切れ」は、ネットでおむつ買うデメリットではなく、単に買い置きしておかなかったユーザーのせいです。

しいてあげれば、おむつを入れて届いたダンボールが大きめのため、自治体にはよるけど処分が面倒なくらいでしょうか。あー、あと箱が大きくてマンションの宅配ボックスに入らないかも。

ともあれ、こんなものは、大した問題ではない。

 

ネット通販バカが推奨するおむつが安く買える2サイト

とことん安い1枚単価を追求すると、地元のドラッグストアのセールを狙い撃ち、ポイントアップセールを駆使などの道があるのは知っています。

ネットでおむつを買うことの最大のメリットは、あのムダにかさばるだけのおむつが自宅の玄関まで届くという点。

グズる子どもを右手に抱きかかえ、左手におむつのパックをかかえて、レジの列に並ぶという行為が必要なくなるのです。数年前までであれば「送料」がネックになり、お店での購入の優位性は確かにありましたが、今や送料の問題はほぼクリアになっています。

仮にお店より多少高かろうが、送料と買い物にかかる時間と手間を考えれば十分ペイできる。

おむつが購入できるネット通販サイトはいろいろとあり、過去に実際にあちこちで購入しました。「送料無料」や「配送の迅速さ」「梱包がしっかりしている」「注文のしやすさ」「価格」「決済方法の選択肢」「運営会社の安心感とサポート」などの各ポイントと、全体のバランスで見ると、おすすめサイトは2つに絞られます。

 

おすすめのサイトその1:アマゾン

アマゾンでおむつを買う

この間、うちに配達に来たクロネコヤマトのお兄ちゃんに荷台見ながら「アマゾンの箱ばっかだね」と言ったところ、「夕方にどかっと大量のアマゾン便が届くので、夕方以降はほぼアマゾンの配達しかやっていない「アマゾン屋」ですねえ」とボヤいてました。

配達のお兄ちゃんが思わずボヤきたくもなる一因の我が家は、アマゾンがないともはや生活が成り立ちません。

アマゾンの利便性の高さは言うまでもありません。おむつも「送料無料」で自宅まで配送してくれる。

おむつメーカーによりますが、定期おトク便を使えば5%オフ。ついでに初年度は実質無料の「アマゾンファミリー」に入会しすれば、おむつが会員特典割引と定期おトク便の合計15%オフにもなり、普通に買うよりかなりお得です。

関連記事 アマゾンファミリーはお得なの?1年使ってわかったこと

計算してみると、おむつ1枚あたりの単価もドラッグストア最安値と遜色ありません。

参考 アマゾンファミリー お得なサービス詳細

 

おすすめのサイトその2:LOHACO(ロハコ)

ロハコでおむつを買う

アスクルがYahoo!と共同運営している、ネット通販サイト「LOHACO(ロハコ)

税込1,900円以上の購入で「送料無料」となります。送料無料ラインが低いので、かなり使い勝手がいいサイト。

もちろんおむつも販売。価格は激安とまではいかないものの、うまくTポイントキャンペーン、クーポン、セールを組み合わせることでお得に購入できます。自分も必要なので、LOHACOのクーポン最新情報は別の記事でまとめています。

関連記事 LOHACOのクーポンは今あるの?最新情報

我が家は、おむつ同様にかさばる「ティッシュ」や「トイレットペーパー」、重い「飲料」のたぐいはLOHACOでの購入にここ1年ですべて切り替えました。サイトテーマ「くらしをかるくする」をしみじみ体感中。

この手の大物の買い物は、休日にやる僕の仕事だったのですが、LOHACOのおかげで重労働から解放されました。もうね、すごい楽。LOHACOさまさまです。

価格もドラッグストアのチラシ価格には負けるが、通常価格と変わりなし。価格差は「配送料」と考えるとむしろ安い。

午前10時までの注文で、エリアによっては当日中の配送も可能。食品や日用雑貨も充実しているので、子育て家庭は使って損はない!とヘビーユーザーが太鼓判を押しておきます。

LOHACOはこちら

 

うまくネット通販を使って手間と時間を浮かせる

LOHACOでおむつを買う

これ読んでくれている方の中には「おむつをネットで買うという発想」自体がないという人もいるかもしれません。

1パック1,000円台のおむつでも、他の買い物の組み合わせなどで別途送料がかかることなく自宅配送する道があります。多くのネット通販サイトを、子育て家庭において定期的に必ず発生する「おむつを購入」というポイントで比較すると、自分が実際に使ってみての配送体制や安心感から「アマゾン」と「LOHACO」が抜きん出ている印象です。

この2つの通販サイトをうまく併用することで、子育て家庭における日常の買い物の大変さ、不便さはかなり改善されるのではないでしょうか。

赤ちゃんや子どもが使うものなので、梱包状態なども気になるところかとは思います。おむつのパッケージに穴があいていたりといったトラブルは、今までの我が家の経験上、皆無。

LOHACOの梱包は以前はちょっと雑だったのですが、ここ最近は個別包装をかけたりと、逆に過剰と言えるほど丁寧になりました。

子どものおむつは、自宅まで届けてくれるネットで買ったほうがどう考えても楽。

店舗のみでしか購入したことのない6割の方は、チャレンジしてみる価値は確実にあります。まずはアマゾンとLOHACOから。間違いありません。

アマゾンのおむつ取り扱いページへ

LOHACOのおむつ用品ページはこちら

 - 子育てネタ

ad

ad

Comment

  1. ボケッとぶつけッツ より:

    ヨドバシ.comも最近はよく使っています。
    (おむつはP&Gのキャンペーンを期待してまだAMAZONですが)
    大阪府在住ですが、爆速です。(旨いこといけば11時に注文、当日配達)

    • ボケッとぶつけッツさん

      いつもありがとうございます。
      ヨドバシは確かに爆速ですよね。夜10時に注文し、寝て起きて仕事行く前の朝8時に手元に届いた時は仰天しました。

      ただポイントいらないから安くしてくれと、おっしゃるとおりP&GのキャッシュバックキャンペーンをやらないのでパンパースユーザーならやっぱりアマゾンかLOHACOになるかなと思います。

  2. あやりん より:

    日々お疲れ様です。
    うちも、新生児時代はamazonでおむつ買っていました。
    あんな嵩張るモノ、月齢数ヶ月の赤子を連れて買いになんて
    とても行けませんでした。amazon様々でした。安かったし。
    今となっては、懐かしい思い出です(笑)

    • あやりんさん

      コメントありがとうございます。日々お疲れ様です。

      仰るとおりであんな嵩張るものとても買いにいけないはずなのに6割の人はなんで店舗で買っているんだろうなあと疑問だったので偉そうなエントリーを書いてしまった次第です。

      うちもおむつは取れましたが、たまにおねしょが連鎖するのでその時と外泊時におむつをさせるのでそれ用にたまに買います。あんな高頻度でアマゾン発注していた頃が確かに懐かしい思い出になりつつあります。

  3. やすこ より:

    wimaxの記事を探していてたどり着きました。
    うちの夫も「イクメン」とか育児を褒められるのが変、と思っている社会では少数タイプなので、勝手に親近感を持ってしまいました!!
    我が家もamazonなしでは生きていけないほどです。ファミリー会員になってるので、安定して・安く入手できるので助かってます。ネット通販さまさまですね。
    男性育児ブログが少ない上、楽しかったのでまた来ます!

  4. ひろぽん より:

    初めまして。
    いつもサイトの情報を参考にさせていただいております。
    うちは色々と調べましたが、コープ(生協)が一番だと思っております。月一くらいでいつもより少し安くなる時にまとめ買いしています。
    「くらし応援(子育て割引)」で月々の手数料も無料ですし。
    参考にしていただければと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

おすすめの夏休みの子供向けイベント「カゴメ劇場」。2017年の観覧募集やってます。

息子と行った「カゴメ劇場」でまんまとカゴメの術中にハマり、僕に黙ってカゴメの株主 …

この本が「パパ向け育児本」の新定番となる

子育て成功者の集い(?)NPO法人「ファザーリング・ジャパン」著の、パパに向けた …

子供が熱中症になる前に!症状と対策のおさらい

あれ?僕らが子どもの頃は「日射病」って言ってませんでしたっけ?いつの間に「熱中症 …

ベビーゲート購入時の比較検討ポイントを整理してみる

ベビーゲートを早く買えばそれだけイライラする期間が短くてすむ 我が家にベビーゲー …

最新人気のおもちゃとトレンドを「おもちゃ大賞2016」から学んでみよう

毎年6月に開催される、国内最大規模のおもちゃの展示会「東京おもちゃショー」 20 …

カゴメ劇場に行ってきた!カゴメの好感度アップ

親子で楽しく♪チャリティミュージカル「カゴメ劇場2014」に当選したので、家族み …

お台場「日本科学未来館」子供連れ事前準備ガイド&実際に行ってましたレビュー

Eテレ「ピタゴラスイッチ」に、ホンダの二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」が …

妖怪ウォッチって何?5分でわかる「妖怪ウォッチ」基礎講座

今、巷では小学生に「妖怪ウォッチ」がめちゃくちゃ人気らしい。関連グッズは軒並み売 …

親に問われる赤ちゃんや幼児に対する危険回避能力を鍛えよう。よその家の子の怪我やヒヤリ体験から学ぶことは多い。

製品:チューイングキャンディー 状況:のどに詰まった 性別年齢:女0歳 詳細:2 …

失敗しないための幼稚園選びのポイントとコツ

3歳の息子の幼稚園選びに、ほぼ1年をかけて奔走しました。 下手したら子どもの一生 …