子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

自転車の子供乗せは前と後ろそれぞれいつからいつまで乗れるの?

      2015/09/08

子供乗せ自転車は何歳からか? (1)

自転車の子ども乗せ。

「前用子ども乗せ」と「後ろ用子ども乗せ」、それぞれ何歳から何歳くらいまで大丈夫なの?

安全面の大前提や、カタログの数値だけじゃわからない「実際のところ何歳から何歳までいけるものなの?」「何歳になったら前乗せから後ろ乗せに切り替えないといけないの?」を解説してみます。

photo credit: qousqous via photopin cc

スポンサーリンク

 

「安全面」のそもそもの大前提

「BAAマーク」「SGマーク」の要お墨付き

子どもを自転車に乗せるためには、まず「自転車が子ども乗せに対応しているかどうか?」安全面の確保が必要です。

具体的には「その自転車は「子ども乗せ」に耐えうる強度で作られているのかどうか?」です。

そこらへんのホームセンタ-で購入した1万円の中国製ママチャリに、チャイルドシートをつけて子どもを乗せてはいけない。強度不足で走っているうちに重さに耐え切れずどこかが折れたり、そういう自爆事故の可能性も否定できません。笑えない。

安全基準を満たしている自転車には、「一般社団法人自転車協会」が出す「BAAマーク」や、「一般財団法人製品安全協会」が出す「SGマーク」がついています。

「幼児2人同乗基準適合車」と合格をもらっている自転車が、法律で許可された「親+前と後ろに子ども、計3人が乗れる自転車」なのです。

SGマークとBAAマーク

また、きちんとした自転車には、荷台(キャリア)に強度基準が設定されています。

「クラス10」「クラス18」という耐荷重10kgまで、18kgまでのキャリアにはチャイルドシートの取り付けは禁止。

その上の「クラス25」「クラス27」「クラスS」の、それぞれ耐荷重25kgまで、27kgまで、27kg以上ならチャイルドシートの取り付けが可能です。

この耐荷重というのは、チャイルドシートと子どもの体重を合わせた重量が何キロまで許容されるか?です。自転車屋さんで見てみると、明らかに荷台に使われているフレームが太いので見比べてみてください。

自転車にクラスの数値が書かれたシールが貼ってありますので、こういった荷台の強度基準も、安全のためにきちんとチェックすべきポイントです。

 

その他の安全対策も

すでに持っている自転車が強度基準をクリアしていれば、子ども乗せのシートを後付けするパターンもあるかと。

自転車のスタンドは、太くて安定したものになっていますか。

イメージ的には酒屋さんや新聞屋さんの配達用自転車のスタンドです。スタンドが太くて幅広いため、強度があり安定している。子どもの乗り降りの際にバランスを崩す危険が減ります。自転車屋さんに頼むと3,000円くらいで交換できます。

また、乗り降りの際に急にハンドルが横になって自転車ごと倒れたりしないように、ハンドルをロックできるか?などの安全対策も取れる自転車のほうが、より安心です。

そういう意味では、子ども乗せ専用自転車として売っているものは、最初からすべての安全面で考慮がされているのでいろいろ安心です。

 

自転車の子ども乗せはいつからか?

道路交通法では、安全基準を満たした自転車なら「6歳未満の幼児」を前と後ろの座席に座らせる3人乗りが認められている。

6歳未満なので赤ちゃんの0歳児でもいいことはいいのですが、安全面を考えると、ひとりできちんと座れる「1歳前後」から乗せるのが現実的です。

だからといって、赤ちゃんをエルゴで抱っこして自転車乗ると道路交通法違反になるんですけどね。捕まっている人を見たことないけど。

 

前カゴ型の標準装備シート

子ども乗せ自転車_前乗せシート

引用 丸石「ふらっか~ず

子ども乗せ自転車で前のハンドルに挟む形で標準装備されている、前カゴ型の子供乗せシートの場合。

 

メーカーのカタログでは?

ひとり座りができる1歳頃から、4歳未満まで。体重は15kg未満まで。

 

現実的には?

乗り始めは「ひとり座りができる1歳頃前後から」というのはその通り。それ以前は危なくて乗せられない。

前カゴ型のサイズが合わなくなるタイミングはメーカーによって前カゴの横幅などサイズが違うので一概には言えませんが、うちの息子の場合、後ろのチャイルドシートに移動したのは2歳半、体重11kgとかそのくらいの頃。

季節にもよります。うちの場合は、冬にコートで着膨れしている子どもの乗り降りが、毎度ひっかかってスムーズにできずに僕がイライラ。よし!もう後ろへ行こう!というパターンでした。夏の薄着ならもうちょっと粘ろうと思えば粘れたはず。

 

後付けの前用子ども乗せシート

後付子ども前乗せシート

引用 OGK「製品情報 まえ用子供のせ

後から装着する前用の子ども乗せシートの場合。

 

メーカーのカタログでは?

1歳以上4歳未満。体重15kg未満。

 

現実的には?

この後付の前用子ども乗せシートは我が家では使っていないのですが、上記の「子ども乗せ自転車に標準装備の前カゴ型シート」と同等と考えて良いはずです。

現実的には2歳半か、せいぜい3歳くらいでサイズが小さくなって座れなくなるでしょう。

 

後付けの後ろ用子ども乗せシート

ブリヂストンルラビーRCS-LD2_1

後から装着する後ろ要の子ども乗せシートの場合。

 

メーカーのカタログでは?

2歳頃~6歳未満。体重は20kgくらいまでが目安。

 

現実的には?

1歳台でいきなり後ろのチャイルドシートデビューはやめたほうがいい。どこでも寝る子ども。寝た場合などに親の目が届かず、ぐらんぐらん揺れて何があるかわからないのでオススメはできません。

これは最初に子ども乗せ自転車を購入した際、その後、後ろ用のチャイルドシートを購入した際も、複数の自転車屋さんと話をして「後ろのシートは2歳を過ぎないと危ない。それでもちょっとまだ早いくらい」と、みんな同じ意見でした。

うちの息子の場合は、前述の通り2歳半で前の子ども乗せシートから後ろへ移動。言って聞かせてちょっとはわかる年齢にならないと、後ろのシートは難しいです。

そして後ろだと親の目が届かない。知らぬ間にどこかで手袋を落としてきたとか、そういう事件が確実に増えます。

何歳まで後ろのシートに座れるか? まだうちでは試せていませんが、幼稚園の送迎で年長(5歳~6歳)までは乗せるつもりなので、そこで終了かと思っています。

関連記事 自転車の後ろ用チャイルドシートを徹底比較&購入した!

 

先を見据えて賢く行く

起こりうるヒヤリハットを知っておく

子供乗せ自転車は何歳からか? (3)

photo credit: dionc via photopin cc

うちが子ども乗せ専用自転車で起こった事件(?)を列挙しておきます。

  • 前カゴシートのシートベルトロックを知らぬ間に勝手にはずして、走行中にいきなり立ち上がった。
  • 前カゴシートから降ろす際に子どもの足がひっかかって自転車ごと倒れそうになった。
  • 前カゴシートから後ろシートへ移ってすぐ。親が自転車のバランスの取り方に慣れておらず、方向転換の際に前輪がウイリーして自転車ごとひっくり返りそうになった。
  • 後ろシートは目が届かないため、子どもがかけていたブランケットを落として親切なおじさんが走って追いかけてきてくれたり、買ったばかりの手袋を落としたり、そんなんばっか。

前も後ろも、親が子どもを乗せたままで自転車から離れないのは鉄則。子どもは動くのでちょっとだけでもダメ。倒れたら危険です。

シートベルトをしっかり締める。子ども用ヘルメットを必ずかぶる。も必ず。

前カゴシート(OGK製)のシートベルトのロックは、子どもでも外せてしょっちゅう遊ぶため、後ろのシートはロックがはずしにくいブリジストン製をあえて購入しました。3歳を過ぎると言葉も理解できるので、「はずして遊ぶのはいかん」と強く言うと遊んだりはしなくなります。

 

先が見えれば購入計画も立てやすい

子供乗せ自転車は何歳からか? (2)

photo credit: ianus via photopin cc

子どもが何歳になれば自転車に乗せることができるのか。何歳になったら前から後ろのシートへ移るのか。

先のスケジュールが見えれば、購入計画も立てやすいかと。

値段の張る子ども乗せ自転車の購入、後ろのチャイルドシートの購入と取り付け。この手のものは腐らないし、使わない期間の保管場所が確保できるのであれば、モデルチェンジ時の型落ち品を積極的に狙うなどお得な時に前もって購入することも可能です。

前の自転車チャイルドシートは「1歳前後から2歳かせいぜい3歳まで」、後ろのシートは「2歳から6歳くらいまで」が、だいたい一般的。

これは頭の片隅に置いておくと、子どもの成長を見越して計画的に準備していけるかと思います。

 - 子育てネタ

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

今話題の人気おもちゃってどんなもの?「日本おもちゃ大賞2015」を一緒に見てみよう

毎年6月に東京ビックサイトで行われる、おもちゃの商談見本市「東京おもちゃショー」 …

出産祝いのプレゼントにおすすめ!メッセージカードも兼ねた「アマゾンギフト券」

出産祝いに「アマゾンギフト券はないだろ」という保守的意見も否定はしない。 「プレ …

人気の絵本をチェック!アマゾン2014年年間ランキングを一緒に見てみよう

個人的にはけっこうアマゾンの年間ランキングは楽しみにしています。だからどうするっ …

なぜ自動改札の扉はベビーカーや幼児が通っても閉まらないのか?

駅の自動改札をベビーカーで通るのが苦手です。 通路幅に対してベビーカー幅は余裕あ …

赤ちゃんと初めて行くディズニーランドの予習は「ディズニーママスタイル」がおすすめ

2014年3月末にディズニー公式サイトが「ディズニーママスタイル(Disney …

断言しよう。おむつ購入で安くておすすめのネット通販サイトはアマゾンとLOHACOの二択以外考えられない。

先日、とあるサイトの調査結果を読み、のけぞりました。 普段、子どもの紙おむつを購 …

「東武博物館」子供連れはじめてガイド

いつでも行けると思うと行かない。そんな典型だった東京にある東武鉄道の「東武博物館 …

子供が喜ぶ「車」のペーパークラフト無料配布サイトをまとめてみたよ

子どものために「車」のペーパークラフトを探すパパママ向けエントリー。作るのは親だ …

「今、この瞬間の子どもとのかけがえのない時間を大切にしよう」と改めて思わされる話

「子育てを終えた今、街で幼子を見ると涙がでます。」のトピに考えさせられた/【子ど …

子供の虫歯予防のフッ素塗布は習いごとと同じ。我が家の虫歯予防法と考え方を書いてみる。

子どもの歯のメンテナンスは難しい。こんなにややこしいとは子どもを持つまで知らなか …