子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

「ぐりとぐら」は、どっちが「ぐり」でどっちが「ぐら」?

      2014/11/18

ぐりとぐら

絵本「ぐりとぐら」を息子に読んでいて、ふと思いました。

どっちが「ぐり」でどっちが「ぐら」なの?

ムダ知識だろうとも、いつでも全力で調べるのが当ブログのポリシーでございます。

スポンサーリンク

 

どっちが「ぐり」でどっちが「ぐら」?

どっちが「ぐり」で、どっちが「ぐら」かって?

答えは、絵本の表紙(とくにタイトルの色)をよーく見てみてね。

引用:福音館書店「ぐりとぐら」のなかまたち

見てみよう。

ぐりとぐら

なるほど。青が「ぐり」で、赤が「ぐら」ということか。

 

ついでに「ぐりとぐら」をいろいろ調べた

ぐりとぐらは男の子?女の子?

絵本の中で「ぼくらのなまえは ぐりとぐら」って言ってるので、「男の子」で確定。

 

ぐりとぐらの関係は?

ふたりはきょうだい? ともだち?

じつは、双子のきょうだいなんです。

引用:福音館書店「ぐりとぐら」のなかまたち

双子とは知らなんだ。

どちらが兄?どちらが弟?と調べたけど、そこに言及されている情報はなく。一般的に弟の名前が前に出ることはないはずで、青の「ぐり」が「兄」でしょう。

 

ぐりとぐらは何歳?

いつでも、保育園の年長クラスのつもりです。

引用:福音館書店「ぐりとぐら」10の秘密

作者がそう言ってます。はい。

 

ぐりとぐらの名前の由来は?

私が勤めていた「みどり幼稚園」の子たちのお気に入りだったフランスの絵本からヒントをもらいました。

ノネズミの歌う「ぐりっ ぐるっ ぐらっ」の調子に、いつもみんなが声を合わせたものです。

引用:福音館書店「ぐりとぐら」10の秘密

これも作者談。

ふーん。これは得意げに披露しても、周囲も「ふーん」で終わるはず。

 

「ぼくらのなまえは ぐりとぐら」の曲って?

いつもこの部分を読む時に「曲はあるの?」と思っていました。

読者の間では『ぐりとぐら』に登場する「ぼくらのなまえは…(以下省略)」で始まる自己紹介の詩(歌詞)が有名である。

この詩には読者によって無数の曲がつけられており、各家庭や幼稚園・保育園などの間で歌い継がれている。

作者自身は単に子供に分かりやすくための表現として詩という形式を選んだだけであり、普通に読んでも節をつけて歌ってもどちらでも構わないとのこと。作者自身は、この詩に曲をつけて歌うことはしない。

引用:ウィキペディア「ぐりとぐら

この歌詞に正式な曲は存在しない、という結論。

 

ぐりとぐらのカステラができるぞ!

福音館書店のサイトに、「「ぐりとぐら」のカステラを作ろう!」のページを発見。レシピが載ってるからすぐに作れます。

これ、容易に味の想像がつくぞ・・・そういう夢のないことは横において、今度、子どもと一緒にフライパンで作ってみようと思います。

クックパッドも検索したらいっぱい「ぐりとぐら」のカステラのレシピが出てきました。

 

以上。かなり「ぐりとぐら」に詳しくなりましたね。これだけ押さえておけば、子どもの「ぐりとぐら」に関する変化球質問にも対応できるかな。

 

おまけ

「ぐりとぐら」シリーズ累計発行部数は、2,000万部

絵本「ぐりとぐら」は800円なので、絵本作家の印税は通常10%と言われており、計算すると印税増額16億円!!

1年あたり3,000万円以上。「ぐりとぐら」の稼ぎぐあいがハンパない。

そしてこっちも驚いた。「ぐりとぐら」が世に出たのは、1963年。もう半世紀以上前です。超ロングセラー。

そういえば僕らが子どもの頃からこの絵本ありますものね。子ども産まれたら絶対に買おう!って思ってましたもん。

そして、うちの息子も自分の子どもに「ぐりとぐら」を読んだりする日がくるのかな、と2、30年後に想いをはせたり。

 

 - 子育てネタ, 雑学 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

骨折には骨を作る「カルシウム」が良いって、何を食べれば一番いいの?

息子(2歳)が「鎖骨骨折」したお話「2歳児が鎖骨骨折だあ?同じ境遇のパパママに伝 …

おすすめの夏休みの子供向けイベント「カゴメ劇場」。2017年の観覧募集やってます。

息子と行った「カゴメ劇場」でまんまとカゴメの術中にハマり、僕に黙ってカゴメの株主 …

「足の爪の正しい切り方」をご存知ですか?私は30年以上間違ってました

息子との爪切りタイムは至福の時間 なぜか息子(2歳)の爪は私がずっと切ってます。 …

「子供がごはんを食べない」 我が家はこうやって乗り越えた

我が家の3歳の息子は、小さい頃からあまりごはんの量を食べない子で、ちょっと思い悩 …

東海道新幹線「子供連れファミリー専用車両」 の夏がまたやってくる

子ども連れでの長時間の新幹線の旅行。周囲のお客さんに迷惑をかけないためにはどうし …

赤ちゃん用おむつってどこのメーカーがいいのだろう?を考えてみた

赤ちゃん用おむつってどこがいいんでしょうか? 結論「合う、合わないは我が子次第だ …

人気の絵本「100かいだてのいえ」と「ちか100かいだてのいえ」を比較してみる

人気の絵本「100かいだてのいえ」シリーズをご存知でしょうか。 第1弾「100か …

「今、この瞬間の子どもとのかけがえのない時間を大切にしよう」と改めて思わされる話

「子育てを終えた今、街で幼子を見ると涙がでます。」のトピに考えさせられた/【子ど …

国立科学博物館が無料だったので家族で行ってきた。結論:3歳児にはまだ早い。

毎年5月18日は「国際博物館の日」で、日本のあちこちの博物館や美術館、資料館が無 …

池袋「サンシャイン水族館」子ども連れはじめてガイド

3歳の息子を連れて、東京池袋にある「サンシャイン水族館」に行ってきました。 十数 …