子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

子供とおでかけ先で思い出作り。家族旅行のメインイベントは「あそびゅー」で予約しよう

      2015/03/31

あそびゅー

仕事が多忙で育児を妻に全部丸投げしてたら妻がパンクした。ここ最近の自分を反省して家族優先モードの3月です。

なのでブログは更新頻度を落としてます。いやあ、ひとりでいっぱいいっぱいなのに、2人、3人、それ以上の子どもを育てている人をホント心の底から尊敬します。

さて話は変わりまして。

「へえ、こんなネットサービスあるんだねえ」と、最近のヒットはこれ。

全国の遊びや体験の予約サイト「ASOViEW!(あそびゅー)

ワタクシ、気取った風を装っておりますが、こういう素敵なサービスを知ると「くっそ!こういう手があったか!」と自らのアイデアのなさをくやしがるタイプです。そんな話はどうでもいいか。

今回は、観光客向けに「遊び」を予約できるサイト「あそびゅー」ってどんなサイトなの?を頼まれてもいないのに勝手に紹介してみるエントリー。

こいつの存在を知っていると、家族旅行の旅先で子どもとの楽しい思い出作りに役立つかもです。

スポンサーリンク

 

「あそびゅー」ってなんだ?

あそびゅーとは?を1分で知る

子どもとレジャーや遊びを楽しむ (1)

photo credit: 124_Dafna Tal_EILAT WATER SPORTS_IMOT via photopin (license)

日本全国の遊びや体験を予約できるサイト「ASOViEW!(あそびゅー)」

このサイトは成功する匂いがぷんぷんします。いや、もうすでに成功しているのか。

子ども連れ旅行あるあるですが、旅先にて子どもがお寺や神社、史跡を黙って一緒に見てくれるわけがない。となると、子どもと何か遊びや体験をすることが家族旅行のメインイベントとなる。

しかし、観光地で体験できる遊びは、ほとんど現地の案内看板くらいしか探しようがない。ネットで探しても、ハナからホームページを持っていなかったりと、情報がとにかく乏しい。

そんなとき、「あそびゅー」を使えばあれこれ情報を時間をかけて探す手間が省けます。

このサイトには、ガラス彫刻や陶芸といった室内でできる体験から、スノートレッキングやカヌー、気球といったアウトドアの体験まで、日本全国の観光地や旅先でできるレジャー・遊びが6,000件近く登録されている。

プランの詳細や流れもきちんと写真付きで解説されていて、実際の体験イメージがわきやすいです。

利用者は、体験したいプラン利用の希望日の数日前までにサイトを経由して予約し、体験料は現地で直接支払うシステムです。

参考 ASOViEW!(あそびゅー)

 

こういうサービスっていいよね

せっかく旅行に行くんだから「何か」をしたいんだが、旅先に「何があるのかわからない」

そんな旅先の情報を知りたいユーザーと、上記の通り自前のサイトも持っておらず、予約システムなんてもちろんない観光地で体験を提供する側とをマッチングするネットサービス。

観光地だからこそ楽しめる体験や遊びは日本全国にたくさんあり、隠れたその部分にスポットライトを当て、ネットを介在することで需要と供給を結びつけたサービスの発想はすごいと思う。

ちなみにこちらのサイトの運営会社は、事業者からプラン利用料の1~2割の手数料をもらってビジネスを成り立たせているようです。下世話なブログなのでいちおう調べてみた。

ちょっと中をのぞくと、いろんなプランがあって「やってみたい!」って絶対になるはずです。

レジャー・遊び・体験の人気ランキング

鳥取砂丘でパラグライダー、めちゃくちゃやってみたい。

 

子どもと楽しい思い出を作りたい!

子どもとレジャーや遊びを楽しむ (2)

photo credit: 2nd generation tshirt via photopin (license)

「観光地で何をするか?」「何をしたら子どもが喜ぶか?」は、親にとって毎度悩むポイントです。

余暇の楽しみ方の幅を広げるためにも、ひとつこういう選択肢を持っているとまた違った楽しみ方を家族の中に取り入れることができるのかなと思います。

これから春休みやゴールデンウィーク、夏休みもやってきます。パパは、「あそびゅー」で見つけた地方ならではの新しい遊びや体験を、家族に提案してみてはどうでしょう?

計画好きだけどだいたいが計画倒れになる僕も、懲りずにプランを練ってみます。

「あそびゅー」はこちら

 - 子育てネタ

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

怖い目にあった時はタクシーに助けを求める。ひとつの選択肢として子どもに教えておこう。

先日、Twitterで興味深いツイートが流れてきたのでリツイートしたのだが、よく …

地元民が教える子連れスカイツリー観光のおすすめランチスポット

東京スカイツリーのふもとの商業施設「東京ソラマチ」。 管理人は家から近いので、数 …

この子連れ電車ビュースポットはまあまあ。秋葉原「旧万世橋駅」

子ども連れでの東京都内の電車ビュースポット行脚、第3弾。自分の人生で電車熱が今一 …

不要なベビーカーを効率良く処分する方法をとことん検討する

子どもが2歳半になったくらいになった頃から、あまり乗らなくなったベビーカー。 我 …

子どもが読みやすい「絵本のサイズ」まで気を払っていなかったな。という話

いやこれ、子どもによりけりだろうからあくまで「仮説」なのだけど、「小さいサイズの …

おむつを捨てる専用ごみ箱って必要なの?

毎日おむつを捨てるのに「におわなくてポイ」「クルルンポイ」のような「おむつ捨て専 …

そのママバッグの中身に「防災」の意識はあるかい?

毎年9月1日の「防災の日」になると「防災に備えて備蓄や準備を」とあちこちで言われ …

あっぱれ「陣痛タクシー」:2年前、陣痛の妊婦を乗せてくれるか聞いた時の回答全文から優良タクシー会社を読み取る

陣痛時にタクシーで病院まで運んでくれるのでしょうか? 陣痛が来てタクシーにて病院 …

パンパースのすくすくギフトポイントって3年でどれくらい貯まるの?

パンパースのおむつとその周辺商品には、「すくすくギフトポイントプログラム」という …

パパになるなら読んでおきたい父子手帳のパイオニア「父親ハンドブック」

東京都が平成7年(1995年)から毎年発行し続けている、育児に関する知識を幅広く …