子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

自転車の後ろ用チャイルドシートを徹底比較&購入した!

      2016/07/15

子どもを載せている自転車の写真

息子(2歳)の体が順調に大きくなり、子供乗せ自転車の標準装備、前かごチャイルドシートのサイズが厳しくなってきました。冬なので着ぶくれしているため、なおさら乗せにくい。

「よし。自転車の後ろ用のチャイルドシートにステップアップだ!

  • リアチャイルドシートの機能はどこを重視したのか?
  • 比較ポイントは?
  • どのメーカーのどの商品を買ったのか?
  • どこで安く買ったのか?
  • 取り付けはどうしたのか?

など、徹底的な比較検討と購入の記録です。

photo credit: Mikael Colville-Andersen via photopin cc

スポンサーリンク

 

「何歳まで前シート?」「何歳から後ろシート?」のおさらい

関連記事 子供乗せ自転車を買う前に知っておかない損するポイントと我が家の購入記録 

子ども乗せ自転車購入時に自転車屋さんから「寝た時などに目を配れないため、2歳までは前かごチャイルドシートのほうが安心」と言われ。メーカーも後ろチャイルドシートは「2歳以上を推奨」としています。

その教えに忠実に従い、我が家では、2歳半まで前かごチャイルドシートで引っ張りました。

カタログでは前かごチャイルドシートは「3歳までOK」などと書かれています。しかし、体が大きくなると乗せる時にひっかかったりして親の手間や時間のロスも大きいため、3歳まで使用することはほとんどないような気がします。

それから、自転車の後ろ部分、フレームにチャイルドシート装着可能な耐久性があるかないかに注意が必要です。強度が「クラス27」以上対応となっていないと強度不足で安全面に不安があり、事故につながる可能性があります。

 

後ろ用(リア)チャイルドシートを買う!

私が重視したポイントは以下の通り。

 

シートベルトが子供自らはずせない

我が家の子ども乗せ自転車は丸石サイクル製「ふらっか~ず」。標準装備の前かごチャイルドシートはOGK社製で、シートベルトはこんな感じ。

OGKのシートベルトのロック

この真ん中のロゴ部分を押すと「カチャ」っとベルトがはずれます。

自転車に乗っている間に、子どもが暇なので、かちゃかちゃ遊んで今まで何度もはずすことがありました。そのたびに「はずしたらあかん!」とめっちゃ怒りましたが、こればっかりは。

前かごなら進行方向でまだ親の目が届くのでシートベルトをはずそうが、まあ何とかはなります。しかし、後ろ用チャイルドシートだと目が届かないので、その状況でベルトを勝手にはずされて落ちたりしたらシャレになりません。

子どもが自分ではずせないシートベルトがついたチャイルドシートを買いたい。

 

耐久性

後ろ用チャイルドシートは、カタログには「1歳以上6歳未満向け」と書いてあります。

今うちの息子が2歳半なので、6歳まで使うとしてこれから3年半。けっこう長い付き合いになります。

すぐ壊れるような代物では話になりません。安物買いの銭失いは避けたく、きちんとした基準をクリアして長持ちする、実績のあるメーカーのものを選びたい。

 

ヘッドレストで頭部分までガード

スーパーの自転車置き場で、後ろ用チャイルドシートがついている自転車が横に止まっており、それのせいで自分の自転車が出しにくくて「邪魔だっ!」と過去に何度も心の中で毒づきました。ハイ。

しかし、頭部分までガードがある「ヘッドレスト」付きのチャイルドシートのほうが、子どもが寝てしまった時などもたれかかることができ、衝撃吸収機能もあるため乗り心地が良さそうです。

これから邪魔するかもしれない横の自転車の方、ごめんなさい。「ヘッドレスト付き」のものを買いたい。

 

候補を挙げて比較してみる

これらの条件をクリアしたチャイルドシートとなると、よく見かける「OGK」か「ブリヂストン」の2択しかないように思えます。

デザインに凝った海外製はちょっとお高め。別にチャイルドシートで何か主張したいほどこだわりもなく、お金をかけるつもりも毛頭ございません。

OGK「RBC-015DX

ブリヂストン ルラビー「RCS-LD2

最新型はこちら(旧型との違いは、ベルトが5点式にバージョンアップ)

に候補を絞りました。価格も機能も大体同じライン。

実際に実物を自転車店店頭で比較してみます。

 

ブリヂストンのルラビー「RCS-LD2」に決めた理由

実際見てみると機能差はなく、両者とのも甲乙つけがたいので悩みます。もうほとんど好みの問題。関西出身だから大阪のメーカーの「OGK」にしよう、とかそういうレベル。

シートベルトは双方ともきっちりしてますし、フットレスト(足の置き場)のサイズ調整などもしっかりできます。

OGKはシートのサイドに持ち手がついており、自転車の方向転換など移動時にがっちり掴めるので持ち上げやすそう。

ブリヂストンは収納式の荷物ガードがついており、子どもが乗らない時にチャイルドシートに荷物を置いても落ちさそうなのが良い。

その中でも決め手は、上にも書きましたが「OGKのシートベルトは、子どもが勝手にはずすので困る」ということ。その点、ブリヂストンのほうが、確実に子どもひとりではシートベルトをはずしにくい仕様になっています。

我が家は、ブリヂストンのルラビー「RCS-LD2」に決めました!

色は「ブラック/ブラウン」。プラスチック樹脂製なので、日光などで色の劣化があるはず。劣化があまり目立たなさそうな「ブラック」を「あえて」選択です。

 

どこで買ったのか?

ネットで買えば安い

近所の自転車屋さんを回りましたが、ブリヂストンのルラビー「RCS-LD2」の値段は10,000円から高いお店だと12,000円。

購入したら「無料で取り付けてくれる」お店もあれば、「別に取り付け手数料がかかる」お店もあります。

商品自体は、ネットで検索すると最安値7,000円くらいからあります。それに送料600円ほどで、合計7,600円。送料込みのお店でもだいたいここが底値ライン。

当然思う。「後ろ用チャイルドシートは自分で取り付けできないの?

調べました。

 

自分で取り付けできるのか?

できます。

ネットでの購入者レビューを見ていると、説明書見ながら1時間くらいでできるようです。きちんと順番を追って組み立てれば、素人でも安全上の問題はなさそうです。

 

自転車屋は持ち込んだ場合、取り付けをしてくれるのか?

自転車屋さんに聞いてみました。

少なくともうちの近所の自転車屋さんはどこもチャイルドシートの「持ち込み取り付けOK」との返事。

ただ、手数料はまちまち。4軒で聞いてみたら、「500円」「1,000円」「1,800円」「3,000円」と各店バラバラでした。

 

最終的に我が家はどうしたか?

ネットで購入」し、「自転車屋に持ち込んで取り付け依頼」をしました。

楽天市場のお店で購入したのですが、そのお店、閉店してしまいました。参考まで、楽天市場の「RCS-LD2」の検索結果一覧へリンクしておきます。

楽天市場「RCS-LD2」の検索結果へ

私が買った時にはアマゾンはちょっと高かったのですが、今調べたらそんなに値段の差がないですね。

アマゾン「RCS-LD2」の検索結果へ

届いた。

ブリヂストンルラビー組み立て前

取り付けた。

ブリヂストンルラビー1

丸石サイクル「ふらっか~ずプリミヤ(2012年製)」に、ブリヂストン「RCS-LD2」は取り付け可能。

自分で取り付けても良かったのですが、説明書読んで組み立てるプラモデルみたいなのを超苦手とするタイプなので、1時間どころで終わる気がしません。

妻が「お金払って自転車屋さんにお願いしたら?」と助け船を出してくれたので、喜んで自転車屋へ持ち込みます。

もちろん、購入前に確認を取っておいた「取り付け手数料500円」の自転車屋にお願いしました。

チェーン店の大きな自転車屋でしたが、組み立てと取り付けに慣れているプロでも40分くらいかかっていたので、人件費考えるとまったく儲かっていない私の依頼。なんだか申し訳ない感じなので、ついでに自転車の有料点検もやってもらいました。

その店で買ってないのに、最後に使い方と、使う上での注意点まで丁寧に説明してくれました。ほんとありがとう。

 

この購入パターンがオススメ

1.ネットで安く、後ろ用チャイルドシートを購入。

2.近所の自転車屋さんに持ち込み、別途手数料を払って取り付けを依頼する。

この「自転車屋さんごめんね」購入パターンをおすすめします。自転車屋店頭で買って取り付けるより、トータルで3,000円くらい安くすみました。

ネットで買う前に、ご近所の自転車屋で取り付け手数料の事前チェックと、依頼するお店のあたりをつけておくことをお忘れなく。

後ろ用チャイルドシートはいずれ買わなくてはいけないものです。実は今回ネタにしているチャイルドシート、4ヶ月前の楽天のポイント倍率がいい日を狙って購入し、出番が来るまで家の中に転がしておいたものです。

消費税率が上がったりもしますし、子どもの成長を見越して先手先手でこういうものは買い揃えていくと、余計なお金を払うことも少ないのかなと思います。

では、実際に購入したブリヂストン「RCS-LD2」の使い勝手はどうか?

詳細レビューは次の記事「おすすめの自転車後ろ用チャイルドシートをレビュー!(ブリヂストン ルラビー RCS-LD2)」にアップします。

 - モノのレビュー/使用感, 子供に関するモノ ,

ad

ad

Comment

  1. かよ より:

    とっても参考になりました。
    車やベビーカーのベルトを一人で外すことがないので、我が家はOGKのチャイルドシートにしようかと思います。
    田舎に住んでいるため、自転車屋に持ち込むと嫌な顔をされそうですが、メンテナンスに持ち込むことがあると思うので挑戦してみたいと思います。
    とても役に立つ記事でした。ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

Kindle Paperwhite用 おすすめのケースをレビューします。

「Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)」のケースを検討 …

L.L.Beanトートバッグの2017年春夏限定カラー新色を見てみよう。ついでに最近の動きもチェックしてみよう。

毎度、L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグ追っかけブログ「子育てパパ …

惜しみない賛辞を贈ろう、バックジョイ1年使用レビュー

上に座ることで背筋から腰にかけての座った際の負担と姿勢をサポートしてくれる「バッ …

3分でわかる「サーキュレーターと扇風機の違い」と「サーキュレーター選びの比較ポイント」

「サーキュレーターっているのか? 扇風機で代わりになるでしょ」 って本気で思って …

幼児英語教育は「ディズニー I can!おしゃべりイングリッシュ」におまかせ!

2013年のクリスマスで息子(2歳)にプレゼントしたのが、これ。 妻が友人宅に行 …

サーモスの水筒JNL-350の1ヶ月使用レビューを淡々とお送りします

僕らが小学生の頃、遠足の時に必ずクラスにひとりかふたりは魔法瓶の水筒を落として中 …

西川のムアツ布団で2年寝てみたレビュー。買う価値はあるのか?

ブログにコメントをいただきました。 ムアツふとんのレビューを書くとおっしゃってお …

バックジョイの効果は?4種類の徹底比較&購入レポート!

Backjoy(バックジョイ)という、座った時の姿勢サポート商品の購入検討→購入 …

L.L.Beanのトートバッグに2015年春夏限定カラーの新色が出たよ

L.L.Beanのトートバッグを愛用し続けてはや15年。自称「日本一、L.L.B …

おすすめの耐衝撃外付けポータブルハードディスクをレビューします。

外付けポータブルハードディスクが欲しい。 持ち運ぶので「耐衝撃性能」が欲しい。 …