子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

BOSEのノイズキャンセリングイヤホンはどこが断線しやすいか?の記録。修理に出したら新品交換になったけどさ。

      2017/01/12

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」が断線したので修理した

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20(QC20)」を、1年半ほぼ毎日使い倒し。

周囲の雑音を小型マイクで拾って逆の音波を出して打ち消すことで、再生音のみがクリアに聞こえる「ノイズキャンセリング機能」

ほんまに使えるんかいなと疑いながら購入したものの、もはや一度使ったらBOSEのノイズキャンセリングイヤフォンの便利さは手放せません。

僕が死んだら、棺桶に一緒に入れておくれ。すると、閻魔大王に呼ばれても聞こえないか。

使い始めた当初は、無音時のホワイトノイズ(サーっという音)が気になって「音楽を流していない状態では耳栓代わりにはならねえなこれ」と思っていましたが、慣れたら気にならなくなって耳栓代わりにもガンガン使いまくり。

イヤーチップのフィット感も素晴らしく、長時間、耳に入れっぱなしでも疲れ知らず。

「価格の高さ」と「壊れやすさ」以外に不満はありません。

BOSE製品の価格が高いのは、皆さまご存知の通り。

そして、ええ、使用1年半で見事に壊れました。

派手に酷使していたのであきらめているところもありますが、「どこがどう壊れたのか?」「どこが断線しやすいのか?」「修理に出すといくらかかるのか?」

自分の経験から記録しておきます。

スポンサーリンク

 

BOSEのイヤホンはここが断線する

断線箇所はここです

BOSEのノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」の断線 (1)

購入してから1年半。ほぼ毎日、電車移動する時や夜にこのブログを書いている時など耳にずっと入れっぱなし。かなり使い倒している「酷使」レベルだと自覚してます。

使い始め当初から「バッテリーユニット」前後のケーブルは絶対に負荷がかかる、特に壊れるのはジャックの抜き差し部分だろうと推測していました。なので、安全策としてイヤホンジャック部分に延長コードをかまして使っていた。

それが功を奏したのか、最初に断線したのは延長コードをつけていた「反対側」でした。やっぱりダメじゃん。

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」の断線 (2)

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」の断線 (3)

ノイズキャンセリング機能には欠かせないバッテリーと操作のユニット、通常のイヤホンにはついていない(必要ない)部分であり、ここがやはり故障しやすい原因になっているのは明らか。

ノイズキャンセリング機能が搭載されているため、普通のイヤホンケーブルよりはケーブルが太くコシがあるから大丈夫でしょうと油断するべからず。

太いケーブルをぐちゃぐちゃと丸めて付属のキャリングケースに入れる時には強引に折りたたまざるをえず、負荷が常にかかる部分なので「なんで断線?」というよりは「断線するならここからだよねそうだよねそうですよね」とある意味、納得です。

なお、ノイズキャンセリング機能をオフにして周囲の音を聞こえやすくする「Awareモード」も1年を過ぎたタイミングで壊れて使えなくなっていました。

まとめておくと、1年半、ほぼ毎日の使用で

  1. バッテリーユニット直後のケーブル断線
  2. Awareモードの不良

の症状が出ました。

「イヤホンなんて消耗品!」「いやいや、3年は使えなきゃ!」とユーザーそれぞれ持論が異なるとは思いますが、「意外と思っていたよりBOSE製品ってボロいなー」という感想。今のところね。

Awareモードの不良は機械的な問題なのでどうにもなりませんけど。バッテリーユニット直後のケーブル断線については、普通に使っているだけでバッテリーユニット自体の重さとケーブルの取り回しで高負荷が常にかかるため、養生したほうがいいポイントです。

ちなみに、ノイズキャンセリングON時のバッテリーの持ちは、カタログ値が「16時間」、新品時に手元で計測して「18時間5分」でした。

で、1年半使って修理に出す前の実測値は「11時間」。約4割減のバッテリーのヘタリぐあいでした。ご参考まで。

 

BOSEに修理をお願いしてみた

BOSE修理の基本的な考え方

Awareモードはほとんど使わないので壊れようが放置で良いのですが、ケーブルの断線によって聴こえが悪くなっていたのでBOSEに修理をお願いすることにしました。

BOSEに「修理をお願いしたいのですが・・・」と電話で問い合わせ、ついでにお店に行ってあれこれ聞いて初めてわかった「BOSEのイヤホン・ヘッドホンを修理する時の基本」は以下の通り。

初耳のルールも多く、ネットで調べてもここまで細かくはまず出てこない。

  • BOSEのイヤホン・ヘッドホンの修理は受け付けておらず、全て「有償」の「新品交換」対応となる。
  • 1年の保証期間内でも故障した場合は「新品交換」が基本。保証期間内なら「無償」
  • イヤホン・ヘッドホンの修理で新品交換対象外なのは、ごく一部の限定品・限定カラーの商品だけ。
  • BOSEの直営店やオンラインサポートにて修理を受付。受付後、修理センターから自宅へ交換品を配送。有償交換の場合は、代引きで決済。それ以外の決済方法はなし。
  • 東京都内では「ボーズ・ダイレクトストア表参道ヒルズ」だけが、在庫があれば店頭ですぐに交換が可能。その他の店舗はすべて配送交換対応。

スピーカーなどの故障は修理受付をするそうですが、イヤホン・ヘッドホンに関しては修理するのではなく全部「新品交換」対応とのこと。

修理部門と人件費を抱えてちまちま修理するよりは、全部をそっくり取り替えてしまったほうが手っ取り早いしコストがかからないという考え方からでしょうか。アメリカの企業だけに、さすが大胆なアメリカン発想です。

そして「有償交換」の気になるお値段ですが、ノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」は定価3万円の約半額。14,000円+消費税=15,120円を支払えば新品に交換してくれます。

この有償交換の価格はモデルによって異なります。

3年も4年も使ったユーザーなら十分に元は取れているし、慣れた商品を半額で新品交換できるなら嬉しいと思う。検索をすると「BOSEって、壊れたら半額で新品交換してくれるんだぜ!すごいだろ?ひゃっほーい」って喜んでいるブログがいっぱい出てきます。

1年半で壊れたわたくしは、どうやっても「ひゃっほーい」とはなりません。

使用期間1年半:新規購入3万円 + また使用期間1年半で壊れると仮定:新品交換1.5万円 = 合計3年で4.5万円。

1年あたり1.5万円、1ヶ月あたり1,250円、1日あたり42円・・・そう考えると高え。

妻へ、恐る恐る報告連絡相談、略してほうれんそうをしたところ「微妙。お金かけすぎ。お小遣いから払ってね」と冷たい言葉をかけられるには十分。自分でも「おっしゃるとおりです」とは思います。

が、BOSEのいい音、かつ周囲の音に非常に敏感で神経質な自分にとっては必須の高機能ノイズキャンセリングはもはや必須のアイテム。投資する価値あり、と断言できます。

人間、一度いいものを知ってしまうともう戻れません。BOSEの奴隷です。お金、払います。

 

修理品を新品交換してみた

近くで仕事があったついでに、東京都内唯一の修理品が店頭交換可能な「ボーズ・ダイレクトストア表参道ヒルズ」に寄ってみました。表参道ヒルズの地下3階の一番奥。田舎もんにはわかりにくいっす。

事前に電話をして新品交換用の在庫があることは確認済みです。

店頭にて「修理をお願いしたいのですが(新品交換って知ってるけど)」と店員さんに言うと、「新品交換になる」「価格は✕✕円です」と丁寧な説明があり、「どうなされますか?」と。

「有償交換をする」か「修理をあきらめて新商品を購入する」か、この2つの選択肢しか自分には残されていない。「買わない」はない。

ということで「有償交換」とあいなりました。

有償交換用の在庫がレジ横の棚から出てきます。

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」新品交換

通常販売用のたいそうなパッケージと比較すると、有償交換用はかなりあっさり。通常販売もこのくらいのコンパクトでいいんじゃないの?と思います。

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」の修理に出したら新品交換 (3)

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」の修理に出したら新品交換 (4)

同梱品は、本体とイヤーチップ(S・M・Lサイズ3種類セット)だけです。通常販売の時についてくるキャリングケース(持ち歩き用の専用ミニポーチ)はついていません。

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」の修理に出したら新品交換 (5)

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホン「Quiet Comfort 20」の修理に出したら新品交換 (1)

イヤーチップは1年半の使用でだいぶヘタっており、買い換えようと思っていた矢先だったのでラッキーと言えばラッキーです。

このモデル、自分が購入した際には色がグレーしかなかったのですが、その後、マイナーチェンジでホワイトとブラックが発売されています。あつかましく「色は変えられないんですか?」と聞いてみたけど、「できません」と却下されました。そりゃそうだろう。

最後に新品交換を受け入れた旨、用紙に名前をサインし、レジで支払いをしておしまいとなります。

店員さんいわく、ユーザーの使用頻度と環境次第なので故障に至るまでの平均期間はよくわからないけど(ですよね。質問した自分、アホだろと赤面)、ヘッドホン・イヤホンの断線はよくある故障とのこと。QC20の特にこの部分の断線はありがち、だそうです。

有償新品交換も、交換した日からまた新たに「1年の無償保証期間」が設定しなおされます。

BOSE(ボーズ)のノイズキャンセリングイヤホンは新品交換も1年保証

 

【追記】有償新品交換品を無償新品交換してみた

有償新品交換後、2ヶ月が経過したタイミングで交換したイヤホンに不良がでました。

症状としては、右側のみホワイトノイズと音の偏りが強く、長時間のリスニングが苦痛になるレベル。

仕方なく、今回は秋葉原の「ボーズダイレクトストアアキバトリム」に持ち込みました。店頭にて症状を店員さんが確認。「確かにそのような症状がありますね」と店員さんが言うものの、感覚的な部分もあるし症状は常時じゃないため出る時と出ない時がある。

「おそらく新品交換になる」との店員さんの見立てでしたが「ならない可能性もある」と言われたので、「症状を強めに伝えてください」とお願いして保証書とともに預けました。

表参道ヒルズのみ店頭交換、その他の店舗はサービスセンターから宅配を使った交換になるとの説明あり。

その後、特にボーズから連絡はないまま10日が経過。

そのまま「症状出ず」で戻ってきたら嫌だなーと思っていたら、10日後にいきなり自宅へノイズキャンセリングイヤホンがヤマトの宅急便で届きました。中身は上の茶色の箱と同じセット一式と預けた保証書。

BOSE(ボーズ)のイヤフォンを有償新品交換からさらに無料交換 (1)

修理伝票には「部品交換ができないため本体交換をした」と書いてある。有償新品交換品が無償新品交換されました。ややこしい。

BOSE(ボーズ)のイヤフォンを有償新品交換からさらに無料交換 (2)

ボーズダイレクトストア表参道ヒルズの店頭交換以外のパターンは、このようにサービスセンターと宅配を使った交換の流れとなります。有償交換で支払いがあればここで代引き支払い。

今回は保証期間内なのでこちらの支払いは1円もありませんでした。

なお、BOSEのサポートに後日確認したところ「有償新品交換品が新品交換となった場合、新たに保証期間は仕切り直しされず最初の有償新品交換時の1年を引き継ぐ。保証期間内の無償交換については、保証期間に影響しない」と公式に回答をもらったことをここに書き記しておきます。あたりまえと言えばあたりまえですが気になったので。

【追記おしまい】

 

さいごにまとめ

BOSEのヘッドホン・イヤホンが故障した場合、修理受付イコール「新品交換」となる。

保証期間内なら無償、保証期間外なら有償。有償新品交換はどれだけ長く使おうと、新品購入時の約半額(※モデルによって異なる)で交換してくれるルールです。

1年半で新品交換になり、傷ひとつないノイズキャンセリングイヤホンが手元にあります。別に喜んでいるわけでもなく。

まあ「新品交換じゃなくて、修理したらホントは修理代いくらだったんだろう?」と貧乏ったらしくうじうじ考えてしまいますが、高品質・高機能の商品が低価格だなんてそんなうまい話があるわけもなく、この結果で良しとするほかありません。

いい音とノイズキャンセルの快適性は、プライスレス。

これからもBOSEのイヤホンと素敵な音楽のある生活を。今度はもうちょっと長持ちしておくれ。

 - モノのレビュー/使用感, 子供以外のモノ

ad

ad

Comment

  1. Takuya より:

    貴重なレビューありがとうございます。
    私もまさに1年半くらい、全く同じ箇所で断線まではいかないまでも、内部ケーブルがむき出しの状態になってしまいました。
    修理するかどうか、とても迷っています。
    ノイズキャンセリング機能は申し分ないのですが、1年ちょっとで2万5千円がパーになるというのは、ちょっと納得し難いんですよね。
    このレビューのおかげで、どのみち有償修理なのがわかったので、ゆっくり悩みたいと思います。ありがとうございました!

    • Takuyaさん

      コメントありがとうございます。

      1年半で同じ箇所のケーブルむき出し、自分だけではなく同じパターンがあると把握できただけでも収穫です。教えてくださってどうもありがとうございます。

      1年半しかもたない事実はたしかに納得し難いですよね。おっしゃる通り、どのみち有償修理かBOSEから離れるかしかないので、いい結論に落ち着くことを願ってます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ベビー向けコンバースのオールスターを買ってはいけない3つの理由

ベビー(キッズ)向けコンバースのオールスターは買ってはいけません!というお話。 …

FP3級独学用おすすめテキストと問題集はズバリこれ

ファイナンシャルプランナー3級は、書店で売っているテキスト(参考書)と問題集で勉 …

男の匂いに効く!おすすめのボディーソープ「PRO TEC(プロテク)」

「なんか最近、加齢臭がしない?」と何気なく奥さんに言われた一言にかなり傷ついたら …

設定がムズいけど使いこなせば天国「学習リモコン」のススメ

我が家で2年ほど第一線で活躍している、SONYの「学習機能付きリモートコマンダー …

滑りが悪くて困った時は「シリコンスプレー」がおすすめ。家庭内の潤滑にはならんけどな

ちょっと前に「ファスナーの滑りを良くする方法」という記事を書いた時、ひとつの方法 …

L.L.Beanのトートバッグ2016年秋冬の限定新色はどんな色?こんな色です。

まいどお騒がせしております。自称L.L.Beanのトートバッグを日本一愛するブロ …

我が家で3年使っている肌が弱い赤ちゃんにおすすめのベビーソープ

うちのブログでモノのレビューをする際は、「自分が実際に使って良いもの」を「ダメな …

子供でも楽に簡単に切れるセロテープカッター台を買ったー

「うわっ、なんでそんなに長くセロテープ切ってんの。ムダ使いしないでよ」 「このテ …

レゴ基本セット「青いバケツ」の中身を全部公開!(写真多め)

3歳になった息子に「対象年齢:3歳から」のレゴ基本セットの「赤いバケツ」を購入。 …

レゴ 黄色のアイデアボックススペシャルの中身を全部公開!(写真多め)

レゴを初めて遊ぶ子ども向けのセットと言えば「赤いバケツ」「青いバケツ」が王道でし …