子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

L.L.Beanのトートバッグを最強の「マザーズバッグ」としておすすめする理由

      2017/05/29

l.l.beanのトートバッグの写真1

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグ歴17年。

L.L.Beanのトートバッグを愛してやまない管理人が、この逸品を最強の「マザーズバッグ」としておすすめする理由とは?

「オープントップとジップトップどっち?」「ハンドルの長さは?」といった仕様や、色やカスタム(モノグラム)を選択する際に「注意すべきこと」、17年使ってみての「レビュー(口コミ)」を熱く語ってみます。

スポンサーリンク

 

L.L.Beanのトートバッグが絶対的に優れている3つのポイントを強調してみる

まさに「シンプル・イズ・ベスト」

l.l.beanのトートバッグの種類

余計な装飾がなく、まさに「シンプル・イズ・ベスト」。このシンプルさが秀逸です。

L.L.Beanのトートバッグが発売されたのは、1944年。それから約70年。発売当初のデザインがほとんど変わることなく、多くの人に愛されてきた理由がこの「シンプルさ」による「完成されたデザイン」にあると思うのです。

こういうものの良さって、10代の頃はあんまりわからなかったですよね。

 

とにかく頑丈で「自立する」バッグ

「マザーズバッグ」「ファザーズバッグ」には頑丈さが求められます。ヤワな作りですぐ壊れる、気を使うカバンなんて本末転倒。

L.L.Beanのトートバッグは厚手でとにかく頑丈です。「24オンス」のキャンバス地を採用してます。

と言われても「24オンス」ってよくわからないと思います。「オンス」の細かい説明はググっていただくとして、ジーンズの一般的な生地が「12オンス」程度ですので、簡単に言うと「デニムの倍の厚みと強度」があるということです。

また、子連れだと、手が足りずに「カバンをどこかに置かないといけない」状況もあると思います。L.L.Beanのトートバッグは、底に広さがあり、厚手のキャンバス地なのでバッグが「自立」します。

置いた時に倒れるようなバッグだと、もたれかけさせる場所を探したりと、すぐに行動できずいろいろと不便。このバッグが「自立」するのは意外と重要なポイントです。

 

「家で洗濯可」メンテナンスが楽

あちこちに置いたりと、日常使ううちに汚れてきますが、すぐに家の洗濯機で洗えます。

堅い生地は、洗濯機で洗ってもまったく問題ありません。そう簡単に型くずれしません。白いキャンバス地が映えるほど、キレイになります。洗濯することにより、多少くたっとして馴染みますので、「あえて洗濯する」のもひとつの手です。

何度もじゃぶじゃぶ洗ってますが、ハンドルのカラーが白い部分に色移りはしたことはありません。濃いカラーの場合は、ハンドルの持つ部分から色褪せてきます。これは避けられないのであきらめましょう。色褪せが嫌なら、なるべく薄めのカラーを選択。

この使い込んで褪せた感じが、逆に渋い。「ファザーズバッグ」なら、男くささもひとつの魅力です。お子さんの誕生と共に購入して10年以上使う。なんてかっこいいのでしょう。

 

L.L.Beanのトートバッグで注意すべき5つのカスタム選択

「ジップトップ」は必須

l.l.beanのトートバッグの写真2

トートバッグには「オープントップ」と「ジップトップ」と2種類あり、ジップトップはトートバッグの口にチャックがつきます。当然、お値段は高くなってしまうのですが、「ジップトップ」は必須です。

ジップトップがないと

  • バッグの中のごちゃごちゃが丸見え。
  • 人混みでのスリなど中身の盗難のリスクが高まる。
  • 子どもがなにかとすぐに手を突っ込んでバッグの中をかき回す。
  • 電車の網棚に載せるといった横向きになった場合、中のものがこぼれ落ちやすい。

といったように、いろいろ不便なことが出てきます。

ただ単にモノを放り込んで、どさっと車に乗せるだけの使用ならオープントップで問題ありませんが、「マザーズバッグ」「ファザーズバッグ」用途であるなら、少しお金足して「ジップトップ」のトートバッグを買っておいて損はありません。

 

ハンドルは「レギュラー」推奨

l.l.beanのトートバッグのハンドルの長さ

ハンドルの長さを「レギュラー」と「ロング」から選べます。

が、「ロングハンドル」は長さが中途半端で、どこかに置いておく場合など長いハンドルが「しなっ」となり、邪魔です。肩掛けも小脇に抱える感じにはなりません。

サイズが「スモール」で、ハンドルが「レギュラー」の組み合わせだと、肩掛けは「難しい」です。

サイズが「ミディアム」で、ハンドルが「レギュラー」の組み合わせから、肩掛けは「可能」です。

ただ、ハンドルが「レギュラー」の場合、バッグの中身がパンパンに入っていると肩掛けは厳しいかもしれません。それから、厚手のコートだと肩掛けできない。薄いコート(例:ラベンハムのキルティングコート)なら、ギリギリいけるかいけないか・・・という感じです。

ロングとレギュラーのハンドルの長さの中間があればいいのですが、上に書いたように「ロング」はハンドルが長すぎて、何かと使い勝手が良くありません。

そしてトートバッグのバランスも悪く見えてしまうので、個人的に「ロング」のハンドルという選択肢は「なし」です。

l.l.beanのトートバッグの写真1

この自前のトートバッグの写真に写っている3種類が、「スモール」「ミディアム」「ラージ」サイズで、全てハンドルは「レギュラー」の長さになります。

 

ラージはかなりでかい!エクストララージは超でかい!

l.l.beanのトートバッグのサイズ

ラージでかなりサイズは大きいです。めちゃくちゃモノが入ります。

たぶん今、頭の中でイメージされているより大きいサイズです。「ベビーカーにラージサイズのトートバッグをかけて出かける際、駅の自動改札にバッグがひっかかって毎回通りにくい。イライラする!」という大きさです。

自転車の前カゴからもあふれます。というか入りません。なので自家用車がなくて、電車&自転車がメインの我が家は、ラージサイズの使用頻度が低いです。

ラージでも大きいのに、普段使いに「エクストララージ」の選択肢はほとんどないかな、と思います。

L.L.Beanのトートバッグのファンとしては「エクストララージ」も買わないと!と妙な使命感に燃えて、エクストララージのトートバッグを昔、保有していました。

しかし、「モノが入りすぎてぽんぽん放り込むとかなり重くなってしまい持ち歩くのがしんどい」という、なんだかよくわからない状態に。。。

今では実家で私の父親が、趣味の陶芸用品グッズ入れとして、重宝しているようです。

 

シーズン限定カラーはお早めに

カラーは「定番カラー」と「シーズン限定カラー」があります。

半期ごとに、「シーズン限定カラー」は入れ替わります。アメリカでは日本に先行して発売されるのですが、日本では入荷の数がそろってから発売するとのことで年が明けて、2月~3月に「春夏カラー」、8月~9月に「秋冬カラー」がだいたい4色ずつほど、新色として出てきます。

春夏はちょっと派手めの明るいカラー、秋冬は落ち着いたカラーになるのが例年の傾向です。

その年の「シーズン限定カラー」は人気があるものだと、売り切れ即生産終了です。以前、L.L.Beanのサポートに問い合わせたことがありますが、「一度生産終了になった限定カラーは、再販はございません」と言われました。

似たような色が名前を変えて翌年出てくるとも、出てこないとも、言い切れません。欲しいカラーが「シーズン限定カラー」の場合は、販売開始後の早めのタイミングで購入したほうが良いでしょう。

 

カスタムの「モノグラム」はやったほうが楽しい

l.l.beanのトートバッグのモノグラム

指定のアルファベットや名前を刺繍してくれるカスタムの「モノグラム」ですが、これは入れたほうがいいです。

800円+税の別料金がかかりますが、「オリジナル感」「世界にひとつ感」が増しますので、トートバッグに愛着が湧きます。また、モノグラムを「どれにしようかな」といろいろ考えるのもけっこう楽しいです。

以前は刺繍の色などは選べず、そのトートバッグのサイズやカラーに合わせた形でL.L.Bean側がよきにはからってくれる仕組みだったのですが、「文字」と「書体」に加えて2017年4月より「刺繍糸の色」も選択可能となりました。

カスタマイズの組み合わせ、無限大。L.L.Beanからセンスを試されているような。悩んでハゲそうです。

仕上がってきて「こんな感じとは思ってなかった!」という失敗を避けるには、店舗の店員さんや、オンラインショップのサポートに、購入前に不安な点を聞いてみるといいと思います。丁寧に教えてくれます。

※各説明画像はL.L.Beanより許可をもらい、L.L.Beanのオンラインショップから掲載しています。

 

L.L.Beanのトートバッグのだめなところ

あまりにも褒めすぎなので、だめなところを挙げてみます。

 

作りが全体的に雑

YouTubeにL.L.Beanのトートバッグを作る過程の動画が上がっています。この動画は、L.L.Bean店頭でもリピートで流されています。

アメリカ人が大雑把にガシガシとミシンで縫っております。

日本製の緻密さと比較してしまうと、やはりちょっと劣ります。

ミシン糸の処理が甘くてちょろっと出ていたり、縫い目が曲がっていたりということがよくあります。一定の基準はクリアしているものが販売されているはずなので、バッグの機能としての致命的な問題ではありません。そこまで心配しなくてもいいと思いますが。

その「雑」な感じも含めてアメリカの雰囲気を感じられる良さだとプラスに捉えられるようになると、真のL.L.Beanのトートバッグファンです。それを一般的には「洗脳」とも言う。そもそも日常使いでガンガン使い込んでいくうちに細かいことは気にならなくなります。

 

一室の構造なので区分けがされていない

l.l.beanのトートバッグの写真3

元々「氷の塊を運ぶために作られた丈夫なバッグ」が起源ですので、バッグが一室の構造です。

中が区切られていないため、バッグひとつで細かいものを分けて入れたりしたいユーザー向きではありません。細かく区切られているバッグは、それはそれでどこのポケットに何を入れたかわからなくなってしまうのですが。

一室の構造は、バッグインバッグや小さいポーチなどを使って、その時々の荷物の状況に合わせて自分好みにアレンジできるので逆に使い勝手がいいとも考えられます。このあたりはユーザーによりけりで、メリットともデメリットとも受け取れます。

 

L.L.Beanのトートバッグってどこで売っているの?安く買うには?

並行輸入などを使った安値販売が基本的にない商品です。

安心度が高い、直営の「L.L.Beanの店舗」か「L.L.Beanのオンラインショップ」にうまくセールなどを絡めて購入するのが賢い買い方です。

 

L.L.Beanの店舗

L.L.Beanの全国の店舗なら、実物を手に取って見ることができます。ちょっと店舗数は少ないですが。L.L.Beanの店舗一覧へリンクしておきます。

L.L.Beanのポイントカードがありまして、そのポイントカードに入ると、すぐその場で使える500ポイント(500円分値引き)がもらえるのでお得です。あんまり大きな声で言えませんが、毎回買い物するたびにポイントカードに入ったらいいんじゃないか、と思ったり思わなかったり。

店舗でトートバッグのモノグラムを依頼すると、一旦預かりになります。後日モノグラムの仕上がり後(2週間くらいかかる)に店舗まで商品を取りに行かないといけません。

一定額の購入以上で全品10%オフといったセールや、季節外れ品や型落ち品セールをやっている場合もあります。

L.L.Beanのメールマガジンに登録しておくと、セール情報などの最新情報がいち早く届くので便利です。メールマガジン登録のページへ。

 

L.L.Beanの公式オンラインショップ

日本全国送料無料の「L.L.Beanのオンラインショップ」での購入も便利です。

店舗同様、セールも不定期にやっています。限定カラーの新色が出る前後に、旧カラーの売れ残りが安くなったりもします。チェックしてみてください。

L.L.Beanのオンラインショップにて取り扱い中のトートバッグ一覧へリンクしておきます。

たまに型落ち品のトートバッグがセールにかかることもあります。セールのページも要チェックです。

L.L.Beanのオンラインショップのサポートは、とにかくすごく丁寧です。何か不安なことがある場合は、メールで聞くとすぐに返事が返って来ます。この丁寧な対応は、L.L.Beanに対して好感度が確実に増します。

また、返品の際の返品送料はユーザー持ちですが、返品自体は柔軟に受け入れてくれるようです。ほんとかどうかやったことありませんが、「外で履いた靴でも返品OK」と聞いたことがあります。さすがアメリカンな対応。

数あるのオンラインショップの中でも、ここはサポート対応などかなりきっちりかっちりしている印象。安心して使えます。

 

ほんとおすすめ

L.L.Beanのトートバッグは、ポンポンと子どものグッズを放り込むのに最適。子どもが産まれる前から私は愛用してましたが、子どもが産まれてからは、妻も「マザーズバッグ」として重宝しています。

10年使える頑丈なバッグ「L.L.Beanのトートバッグ」。最初、「ちょっと高いかな?」と思うも、長く使うことで絶対元は取れます。私の手元には、すでに10年以上使っているいまだ現役のトートバッグがあります。これはこれで愛用しながら、新しく買い足したトートも併用して、おじいちゃんになってもずっとずっと使い続けていきたい逸品です。

皆さまがこの記事を参考に、上に書いたカスタムをうまく採用しつつ、素敵なお気に入りのトートバッグと出会えたら嬉しいです。

全国送料無料「L.L.Beanオンラインショップ」の「トートバッグ」一覧へ

 

 - モノのレビュー/使用感, 子供以外のモノ ,

ad

ad

Comment

  1. りんごほっぺ より:

    初めまして!マザーズバッグで検索して辿りつき、L.L.Beanを初めて知りました。詳しく紹介していただきありがとうございます。
    筆者様私物の、SとLのパステルグリーンのようなカラーが気に入ったのですが、定番ではないのでしょうか?ご存知でしたら教えて頂きたいです。リンクのオンラインストアで探したのですが、見当たらず。。。

    • りんごほっぺさん

      コメントありがとうございます。お役に立てたようで嬉しいです。

      >筆者様私物の、SとLのパステルグリーンのようなカラーが気に入ったのですが、定番ではないのでしょうか?

      これは、定番カラーではなく、記事中にも書いてます年ごとに発売される「限定カラー」です。これは2012年だったかに発売されたものです。似たような薄いグリーンはその前年の2011年にも限定色で出ていました。

      今のところ今年はこういう淡い限定色はなし。次の秋冬に期待でしょうか。

      また何か不明点ありましたらご質問ください。今後とも宜しくお願い致します。

      • りんごほっぺ より:

        ねむたい様

        やはり限定色でしたか。うーん残念‥

        サイズはM、ハンドルはレギュラー、定番色から選ぶことにします。モノグラムをどんなものにしようかもう何日もウフウフと考えています(^^)

        サイズ感など大変参考になりました!他記事もまた拝見させていただきますね。お忙しい中、ご返信ありがとうございました。

        • りんごほっぺさん

          コメントありがとうございます。

          定番色も長くラインナップにあるだけの理由がある色なので、楽しみながら選んでください。モノグラムもお気に入りのパターンが見つかるといいですね。

          こういうご質問は、こちらもどういう点を情報補填しなければいけないのか、参考になりありがたいです。不明点などありましたらまたお気軽にどうぞ。

  2. 抱っこ星人のハハ より:

    こんばんは。丈夫で洗えるマザースバッグを探しているので、大変参考になりました。
    一つ、使用感に関してご教示ください。実際に洗っていらっしゃる中で、バッグ自体が縮んだり、あれ?と感じることはありましたか?他メーカーさんですが、バッグを洗っていたら、元々付いていた底板が合わなくなった経験があります。私が洗いすぎたのかもしれませんが…
    実際に洗っていらっしゃる際に注意されている点や、どのくらいの頻度で洗われているか、洗った後どうなるかなど、お教えいただけますでしょうか。
    宜しくお願い致します。

  3. 抱っこ星人のハハ より:

    別記事があったのですね!お手数おかけいたしました。
    じっくり拝見させて頂きます!ありがとうございます。

  4. むむ より:

    こんばんは^^
    検索よりたどり着きました!
    L.L.Beanのトートについて、質問があります。。

    祖母の誕生日に、プレゼントしたいと考えていますがバッグの大きさに迷っています。
    荷物が多い方なので、最初はラージを考えていました。
    でも、L.L.Beanの口コミをネットで見ているとバッグのサイズが大きいとバッグ自体も重いとありました。
    高齢の祖母にラージサイズは、重いでしょうか?
    ラージサイズは、大きすぎますか?
    ミディアムぐらいが良いのでしょうか?

    よろしくお願い致します。
    現在の祖母が愛用している、バッグのサイズは下記です。
    幅46.高さ32.マチ12です。

    • むむさん

      ご質問にお答えします。

      >高齢の祖母にラージサイズは、重いでしょうか?
      いつもお使いのバッグのサイズ感には近いですが、基本が重いバッグです。大きな収納力に、調子に乗ってポンポン放り込むと余計重くなります。高齢でなくとも日常使いには適しません。筋トレになるのでやめておいたほうがいいと思います。持ち運ばない、車に乗せて運ぶ、といった運用に適しています。

      >ラージサイズは、大きすぎますか?
      >ミディアムぐらいが良いのでしょうか?
      ラージは大きすぎのような気がします。我が家ではほぼ出番ないです。ミディアムでも大きいかもしれません。日本人女性にマッチするのはスモールだと思います。なので日本ではスモールが売れているのだと考えます。

      L.L.Beanのトート・バッグ各サイズの大きさ、重さと、サイズ別にどのくらいモノが入るのかを自分が検証した記事があります。もしよかったらご参考まで。

      各サイズと収納能力の検証

  5. たくろう より:

    とてもわかりやすく丁寧で参考になりました!
    一般的なトートバッグのように洗うと縮んでしまうようなことはないのでしょうか?

    • たくろうさん

      コメントありがとうございます。お役に立てて良かったです。

      ご質問にお答えします。

      L.L.Beanの公式回答としては洗濯はNGと言っています。自己責任でやるならありで自分はガンガン洗濯機で洗っています。

      生地にコシがなくなりくたっとします。皺が入るので綺麗なまま使いたい方には推奨しません。縮みは少し出ますが気になるほどではありません。色移りしたことはありませんが、レッドは色が落ちて色移りするとネットで見たことあります。自分はレッドは持ってません。

      細かい洗濯話はこちらの記事にも書いております。参考になりましたら幸いです。

      L.L.Beanのトートバッグを洗濯してみよう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

生協パルシステムのお試しセットを取り寄せてみた

僕らが子どもの頃の「生協」と言えば、ひとまとめにどかっと商品を運んで来てそれを広 …

自転車の後ろ用チャイルドシートを徹底比較&購入した!

息子(2歳)の体が順調に大きくなり、子供乗せ自転車の標準装備、前かごチャイルドシ …

トーマスの本でどれがいい?「トーマス大図鑑」でしょう!

正直、何が子どものツボなのかいまいちよくわからない「きかんしゃトーマス」。 息子 …

スニーカー用インソールのおすすめはニューバランス。一度試してみる価値あり。

今までスニーカーのインソールをとっかえひっかえいろいろ実験してまいりました。うち …

レゴ 黄色のアイデアボックススペシャルの中身を全部公開!(写真多め)

レゴを初めて遊ぶ子ども向けのセットと言えば「赤いバケツ」「青いバケツ」が王道でし …

3分でわかる「サーキュレーターと扇風機の違い」と「サーキュレーター選びの比較ポイント」

「サーキュレーターっているのか? 扇風機で代わりになるでしょ」 って本気で思って …

普通のレゴブロックと大きいデュプロは互換性があるのか?実験してみた

レゴの大きいブロック「デュプロ」(写真中央。対象年齢1歳半から)と、普通のレゴブ …

子どもを撮影するカメラの選び方&いいカメラってやっぱり綺麗に撮れるものなの?を検証する

「カメラなんて撮れりゃなんでもいいんだよ」 と、つい最近まで思ってました。 そん …

赤ちゃんもOK。オーガニック虫除けスプレーおすすめ3本を使って比較。感想(口コミ)を残しておく。

デング熱、ジカ熱と、ここのところはニュースも減りましたが、小さい子を持つ親として …

レゴ基本セット「赤いバケツ」の中身を全部公開!(写真多め)

うちの息子もおかげさまで3歳。 今までは対象年齢1歳半からの大きめブロックのレゴ …