子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

ルミネカードってお得なの?使えるの?ベビーユーザーがとことん語るメリット・デメリット

      2017/05/14

ルミネカードはお得なのか?メリット・デメリット

ルミネでよくお買い物するのに「ルミネカード」を使わないなんて、損をしています。確実に。

ルミネカードって使えるの?お得なの?

ルミネカードを入会検討中の方に向けて、ルミネカード歴5年、ルミネカードを使ってルミネでしょっちゅう買い物をするヘビーユーザーのわたくしめが「ルミネカードを持つことのメリット・デメリット」を熱くレビュー(口コミ)してみます。

たぶん入会に際して考え込んでしまっている原因のひとつであろう「年会費」なんてすぐに回収できます。楽勝です。

スポンサーリンク

 

30秒でわかる「ルミネカードとは?」

おすすめのクレジットカード「ルミネカード」

「ルミネカード」とは、駅ビルのショッピングビル「ルミネ」が発行しているクレジットカードです。

ルミネは「JR東日本の子会社」なので、JR東日本が発行しているカード「ビューカード」複数種類のうちの1枚となります。

2016年3月にカードのデザインが新しくなりました。サービスもさらに充実。

下で細かく解説しますが、ざっくり大きな会員特典は2つあります。

  1. ルミネでの買い物がかなりお得!
  2. JR東日本の電車での利用でお得!

JRの子会社なので電車まわりが充実。生活圏にルミネがあるユーザーは財布に入れておいて、まず損はないカードです。

ついでにルミネカードの締め日と引き落としスケジュールを確認しておくと

  • 締め日:毎月月末
  • 利用明細送付:利用月の翌月20日頃
  • 口座引き落とし:利用月の翌々月4日

です。

参考 ルミネカード

 

ルミネカード 6つのお得なメリット

カード会社はあれこれとアピールしてくるけど、「本当に使えるポイント・特典」はどこなのか。自分がルミネカードを使う上で「ルミネカードを持っていてよかった!」と強く思う6つのメリットを解説してみます。

 

メリット1:ルミネでのお買い物が常に5%オフに

ルミネのお買い物がルミネカードなら5%割引

これがないならルミネカードに入る意味はありません。

ルミネカードで決済することで、ルミネでのお買い物が「1年365日いつでも5%オフ」になります。

まず普通は割引にならない「無印良品」や「ユニクロ」「JINS」「zoff」「本屋」といったテナント店舗でも5%オフ。これはかなり家計に大きな影響を与えます。個人的にも一番お得感を感じているポイント。

あとはレストランなどで飲食をしても5%オフとなります。

ルミネのネット通販「アイルミネ」でもルミネカードの決済で常に5%オフに割引。

参考までにお伝えしておくと、支払い時のレシートや領収書の金額は「5%を引く前の価格」で印字されますが、銀行から引き落としの際に「5%オフされた価格」が引き落とされる仕組みです。

領収書には必ず「ルミネカード支払いのため、上記価格より5%割引」と但し書きが店員さんによって記載されます。なので、会社に出す経費の領収書と、カード決済の5%差額分を自分の懐に入れようとするのは無理です。残念ながら。

 

メリット2:ルミネでのお買い物が年に4回10%オフに

ルミネのお買い物がルミネカードなら10%割引

さらに。

年に4回(3月・5月・9月・11月)の数日間、ルミネカード会員限定で割引率がいつもの5%ポフから「10%オフ」にアップされる期間があります。問答無用でルミネでのお買い物を10%オフにしてくれます。

同じくルミネのネット通販「アイルミネ」でも10%オフに。

ルミネが主に扱うファッションアイテムってけっこう出費が大きいですよね。店舗とネット通販では10%オフの1週間前から「お取り置き」をやってくれるので、狙いをつけている商品とサイズを早めに確保するなど、取り置きを積極的に活用することでさらにお得にお買い物ができます。

また、5%オフの時と同じくルミネに入っているテナント店舗全部が割引率アップの10%オフになるので、いつもは割引にならないようなブランドのお買い物で恩恵が大きい。みんなわかっているので、この期間はかなり混みます。はい。

特に激アツなのが、人気の「無印良品」

無印良品がやっている無印良品が10%割引になる「無印良品週間」とルミネカード会員限定10%オフの期間が重なると無敵のフィーバー状態に。普通は割引をしない無印良品が、無印良品週間で10%オフされた価格からルミネカードの決済で10%オフとなるため、「合計19%オフ」という、わけのわからないお祭りになります。

ちなみにしょっちゅうあるわけではありません。過去の重複は「2013年3月」「2015年3月」「2016年3月」

対象の店舗は

毎年必ずやるというわけではないですが、重複は3月が多い傾向。

新生活シーズンとも重複するので、家具などの大物が全部「19%オフ」になるのはかなりお得。これだけでもルミネカードを持つ意味があります。

 

メリット3:Suicaや定期券の利用でポイント増

ルミネカードは定期券とSuicaも兼用

ルミネはJR東日本系列なので、ルミネカードはJRの電車絡みのサービスが充実。

まず、クレジットカード+Suica機能+定期券機能=ルミネカード1枚で済みます。3枚が1枚になるので、カードであふれるお財布のダイエットに最適。

また、Suicaのオートチャージや定期券の購入、きっぷの購入などは、ポイントが通常時の3倍(1.5%還元)つきます。

通勤定期代が会社から出ている人は、ルミネカードで決済することで定期代の1.5%分がポイントで返ってきますよ。これは使わないと損です。

ちなみに、カード紛失時には、定期券やSuicaシャージ残高まで補償されますので安心。

 

メリット4:ポイントの使い道にまず困らない

JRでの利用が1.5%のポイント還元。その他の公共料金やお買い物での利用は0.5%分のポイント還元があり、放っておいてもけっこうポイントが貯まります。

いくら高還元率をうたっていても、カードのポイントの使い勝手が悪ければお話になりません。

ルミネカードの利用で貯まったポイントの使い道は、悩むようなことはまずありません。

一番手っ取り早いのなら電子マネーの「Suica」に変えてしまう。400ポイントで1,000円分になるので1ポイントあたり2.5円換算。

もっとお得に交換するのであれば「ルミネ商品券」。650ポイントで2,000円分、1,250ポイントで4,000円分のルミネ商品券がもらえるので、1ポイントあたり最大3.2円換算になります。

 

メリット5:使える!「ルミネスタイル」

ルミネカード優待特典「ルミネスタイル」

これは2015年3月に始まったばかりのカード会員向け優待サービスなためまだ使い倒しているとは言えませんが、知っておくとお得なので情報共有しておきます。

「ルミネスタイル」という、福利厚生サービスの会社「リロクラブ」が運営する「クラブオフアライアンス会員」サービスをルミエカード会員限定で提供しています。

簡単に言うと「ルミネカード会員限定で優待サービスがある」ということ。

具体的にはホテルやレストランで割引があったり、レジャー施設やカラオケで割引があったりと、かなり幅広く割引が受けられます。ピザの割引やハンバーガーショップのトッピング無料などもあります。

うまく使いこなせばじわじわと効いてくるサービスです。

 

メリット6:その他のお得なポイント

ルミネカードは買えば買うほどお得

最後に、その他の細かいメリットをざっとお伝えしておくと

  • ルミネの年間利用金額に応じて商品券をプレゼント(年間20万円~)
  • 年間100万円以上利用のVIPには「プレミアム体験キャンペーン」をプレゼント。
  • きっぷや旅行商品をビューカードで決済すると「国内旅行障害保険」がついてくる。
  • 「海外旅行傷害保険」も海外旅行に出かける際には自動でついてくる。
  • 1,030円(税込)かかるモバイルSuicaの年会費がルミネカードなら無料。

海外旅行の保険も自動付帯だし、クレジットカード自体のスペックも優秀。こういった細かい保険は、何かあったときのために安心です。

 

ルミネカード 唯一のデメリット

これだけ特典があるならルミネカードを持たない理由がない。

全力で推薦したいところですがいいところばかり言ってもなんなので、ルミネカードのひとつだけどうしてもひっかかるポイントをお伝えしておきます。

 

デメリット:年会費がかかる

ルミネカードの年会費

これで年会費が無料だったら入会を迷うことはないのですが、このルミネカード、残念ながら「年会費がかかります」

年会費は953円(税込1,030円)

JR東日本が発行しているビューカードの一種なので、年会費無料のビューカードというのはこの世に存在していないため致し方ない部分でもあります。

初年度は年会費が「無料」なので、使い勝手が悪ければ1年以内に解約してしまうというのもひとつの手ではあります。

ちなみに契約した月が「3月」だとすると、1年後の「2月末」までに解約すれば年会費はかかりません。

2年目に突入すると、年会費の発生は避けられませんが、よくよく考えれば「年会費の負担を減らすことは可能」です。

 

回避策1:5%オフ・10%オフを活用する

上でもお伝えしました通り、ルミネカードで決済することでルミネでのお買い物が5%オフ(10%オフ)になります。

年間2万円以上、ルミネでお買い物をするのであれば「5%オフ分の割引額」=「ルミネカード年会費」と同等となります。年間2万円以上お買い物するのであれば、ルミネカードを保有する意味がある。

「ルミネカード10%オフ期間」のみに買い物を絞れば、「年間1万円以上」お買い物すれば割引額と年会費が相殺されてお得になる計算となります。

 

回避策2:Web明細に切り替える

ルミネカードの年会費はポイントで相殺できる

利用明細の郵送をやめて、Webで明細を確認するサービス「Web明細サービス」に申し込む。すると、明細発行のたびに「20ポイント(50円相当)」がもらえて、1年で「240ポイント(600円)」相当になります。

年会費1,030円 - Web明細サービス1年分600円のポイントバック = 430円

実質の年会費は「430円」まで減額されます。この金額を「高い」と感じるか「安い」と感じるかは、ユーザーそれぞれなのですが。

 

お伝えしておきたい入会のあれこれ

「審査は厳しいのか?」「カード発行にかかる時間は?」など入会前の疑問と、意外とややこしい「カードの受取方法」についてお伝えしておきます。

 

審査とショッピング枠について

過去に僕はルミネカードユーザーを1回退会して1年後に出戻ったのですが、特にお咎めなしで再入会できました。

比較的、審査はそんなに厳しくない印象です。

これは人それぞれだとは思いますが、自分は何も言わずに「40万円」のショッピング利用枠がついていました。ご参考まで。

 

カード発行にかかる時間と受取について

ルミネカードの受け取り方

店舗でのルミネカード入会カウンター待たされることもあるので、ネットで申し込んだほうが手っ取り早いです。かかる時間は10分程度。

ネットでの入会時の身分証明書は、「運転免許証」や「パスポート」なら入会画面に番号を入力。その他、「健康保険証」などでも大丈夫です。

発行にかかる時間は、申し込みから「最短1週間」でカードが届くとルミネカードも言っています。

僕の場合、水曜日の昼に申し込み、翌週の木曜日(8日後)に自宅へ「郵便局」から「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)到着通知書」が届きました。

発行されたカードは、カードを申し込んだ「本人のみ」しか受け取ることができない郵便で届きます。家族でもダメ。

なので「郵便局」から「受取方法はどうしますか?」とまずはお尋ねの封書が届きます。丁寧に受取方法は書いてありますので、その方法に従って郵便局へ電話し、自宅にいる時間を連絡して配達を依頼するか、保管してある郵便窓口で直接受取を選択します。

僕は郵便窓口で受取をしました。自宅に届いた「到着通知書」と「身分証明書」を窓口で提示。身分証明書はコピーを取られます。で、ルミネカード本体とサービスガイド一式が入った封筒を手渡され、無事に受取終了となります。

 

さいごに:ルミネユーザーなら持っていて損はない!

おさらいをしておきます。

カード利用明細の郵送をやめてWeb明細サービスに申し込むことで、実質の年会費は「430円」。1ヶ月あたり「36円」に減額できます。

これだけで

  1. ルミネでのお買い物が常に5%オフ。
  2. 年に4回、ルミネでのお買い物が10%オフ。
  3. 定期券や切符の購入などJRでの利用で1.5%のポイント高還元率。
  4. その他、優待や保険、補償が充実。

これらの特典が受けられるのであれば、ルミネカードを持たない理由がない。

ルミネでよくお買い物をするのに、ルミネカードを使わないのは損をしている!

ルミネカード歴6年のヘビーユーザーが太鼓判を押しておきます。はい。

※現在、最大6,000円ポイントがもらえる入会キャンペーンをやってます。2017年7月31日まで。

初年度年会費無料!ルミネカードの詳細はこちらルミネカードの入会キャンペーン

ルミネカードの入会キャンペーン

 

 - モノのレビュー/使用感, 子供以外のモノ

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

コイズミのこたつ買ったからおすすめレビューをしてみる

やっぱり日本人の冬は「こたつ」でしょ。 学生時代から10年以上使っていた、我が家 …

L.L.Beanトートバッグの2017年春夏限定カラー新色を見てみよう。ついでに最近の動きもチェックしてみよう。

毎度、L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグ追っかけブログ「子育てパパ …

子どもを撮影するカメラの選び方&いいカメラってやっぱり綺麗に撮れるものなの?を検証する

「カメラなんて撮れりゃなんでもいいんだよ」 と、つい最近まで思ってました。 そん …

リュック専用防水レインカバー(ホグロフス)徹底レビュー

仕事でノートパソコンをリュックに入れて自転車で移動しているのですが、困るのが雨の …

ホームベーカリーのパンケースのコーテイングが剥げたので新品を取り寄せて比較してみた

我が家で1年半愛用中のホームベーカリー(Siroca(シロカ)のSBH-315) …

はじめてのレゴブロック購入「最初に何を買えばいいの?」にお答えする

レゴブロックの存在は知っている。 レゴを子どもに買ってあげたいのだが、手始めに何 …

「コップがさね」って0~1歳児向けに最強のプレゼントだと思うんだ

大人になったらこっちの「コップがさね」ですかね。   コンビの「コップ …

ベビーゲート購入時の比較検討ポイントを整理してみる

ベビーゲートを早く買えばそれだけイライラする期間が短くてすむ 我が家にベビーゲー …

西川のムアツ布団で2年寝てみたレビュー。買う価値はあるのか?

ブログにコメントをいただきました。 ムアツふとんのレビューを書くとおっしゃってお …

Kindle端末をどれ買うか散々比較してPaperwhiteを買った結果、なにこれ最高じゃん!って日々の感想をお送りします。

「アマゾンのKindle端末が欲しい」 なぜならば、アマゾンプライム有料会員特典 …