子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

メンズのポロシャツでNO.1は間違いなくラコステだ!ポロシャツバカが夏に暑苦しくラコステへの愛を叫ぶ

      2018/03/27

メンズのポロシャツのおすすめはラコステ

正直言いますと、個々のアイテムやモノにものすごくこだわるわりには、「ファッション」といったトータル的なところにはあんまり興味がなく、決しておしゃれとは言えない管理人ねむたいでございます。

モノの精巧な作りや、スペック、作り手の思い、ブランドの歴史など、「そのモノ自体が誕生し存在する背景」が病的に好き。

モノを買う前に徹底的に調べ上げて、作り手の「こだわり」が自分の琴線に触れる瞬間が好きなのです。

洋服は「あの人、いつも同じの着ているよね」って周囲の人に言われていると思います。実は気に入ると同じものを何枚も買ってそればっかり着ているんですけど、わかるはずないわな。

そんな同じものを何枚も持っているというパターンで、夏のヘビーローテーションは「ラコステ」のポロシャツ。

30歳を超えたら、襟なしのTシャツが着にくくなってきました。そういう意味でも襟のあるポロシャツはベスト。

ポロシャツばかりをアホみたいにとにかくいろいろ試してきたけど、結局「これだ!」ってのは、間違いなく「ラコステ」。ワニのマークのやつです。「ラルフローレン」や「フレッドペリー」もいいけどやっぱり「ラコステ」だ。断言します。

ということで、今回は10年以上着続けてわかった「ラコステ」の良さをただ暑苦しく熱弁するだけのオタクエントリー。よろしくお付き合いください。

スポンサーリンク

 

ラコステを10年着続けてわかったこと

長く定番として君臨し続けることのすごさ

1920年代にフランスでプロテニス選手として活躍したルネ・ラコステ。彼が活躍中の1927年に開発した鹿の子地プルオーバーシャツがポロシャツの起源です。

元祖ポロシャツにして、ブランドの出発点でもある基本モデルL1212は、21世紀の今も多くのユーザーに愛されています。

ラコステのポロッシャツL1212

Photo:LACOSTEオンラインショップ

僕は、ハタチくらいのときに「ポロシャツなんてゴルフやるおっさんが着るもの」とあざ笑ってましたが、20代半ばくらいからクールビズと節電で「クールビズポロ(略してビズポロ)」が解禁となりラコステに初めて触れました。

着心地が良く快適なのにちゃんとして見える。洗濯の扱いも楽。モノも良い。

若い時はベタな定番ものをバカにして流行に走りがちですが、長く多くの人に愛されている歴史の意味を僕に教えてくれたブランドが「ラコステ」なのです。

 

きちんとして見える

夏の朝、忙しい時間に慌てて服の山から取り出すのは、十中八九、これ。

合わせやすく、1枚でもきちんと見えるという意味でラコステのポロシャツは万能選手です。

特におすすめはスリムなタイプの「スリムフィット」

身ごろやウエストを細身にシェイプ。着丈も抜群の長さです。

襟が傾斜してつけられているので身体へ自然に沿うシルエットが最高。だぼっとしたもたつきもないのでインナーとしても使えます。

ポロシャツってどうしても「休日のお父さん感」を醸しだしてしまいがちですが、ラコステでスリムタイプを選べば、野暮ったさは払拭されます。

ワニのマーク自体がそもそも野暮ったいじゃん、と言われちゃうと反論できないんだけどね。

 

ほんとに長持ちする

10年以上前は10,000円を切った定価だったのですが、値上げが続いて定番モデルのL1212は、2018年現在13,000円+税もします。

さすがにちょっと値上げしすぎで高いなー高くなったなーと思う。悩むのが普通。

ただこの投資は確実に回収できます。長く着続けることで実感しました。

ユニクロのポロシャツも安くていいけど、すぐにダメになる。長く着続けてもかっこいいのは「ラコステ」のポロシャツです。

色あせにくさ、ヘタリにくさ。そこには絶対的な安心感があります。また多少色あせてもまたそれがかっこいい。

ただこれは素材が綿100%のポロシャツの場合の話。

ビジネス向けのラインのポロシャツ(ワニのマークが銀色なので通称「銀ワニ」「銀ラコ」「シルバーラコステ」どれが正解かは知らん)は、素材がポリエステル混です。銀ワニこと、正式商品名「プレミアムシルケットポロシャツ」はしばらく売ってなかったのですが、速乾素材を採用して2015年に復活。

銀ワニのシルバーラコステ

経験上、ポリエステル混の素材だと、濃いカラーの場合、洗濯を続けると「白っぽく」なる早さが早いです。長持ちするポロシャツが欲しいのであれば、綿100%のポロシャツを推奨。

とはいえ、ビジネス向けだと素材感とスリムな形状で「銀ワニ」を選ばざるをえません。綿100%はどっちかというとカジュアル向きのモデルになってしまいます。

シチュエーション別にそれぞれ選べばいいですが、とりあえず「ポリ混はヘタリが早い」

ラコステ、基本の「き」です。

 

他ブランドと比較して選択肢が豊富

ラコステはビジネス向け、カジュアル向け、素材やサイズの種類が豊富なので飽きません。

人とかぶりたくない場合は、毎年出るシップスやエディフィス、ビームスといったセレクトショップ別注のラインがおすすめです。

また原産国も選べたりします。フランス製の通称「フレラコ」は、一部ユーザーには絶大な人気があります。物は試しで、自分もフランス製も指名買いしてみたけど違いがまったくわからずじまい。むしろ日本製の縫製の良さに満足しているので「高いしわざわざフレラコを指名買いする理由がわからない」という感想です。

ポロシャツをいろいろ試した結果、おすすめのポロシャツ3大ブランドは「ラコステ」「ラルフローレン」「フレッドペリー」だと思っています。

ラルフローレンは、ポロのマークもかっこいいですし、色あせてもそれが味となるのですが、すそが長い。あれがダサい。

フレッドペリーは、イギリス製のモデルより、日本製のモデルが実際に長持ちするし鹿の子の目の詰まりもいいのでおすすめです。大変良く出来たポロシャツ。しかし、フレッドペリーって若い子向けなブランドイメージがあって、おっさんになったら自然と卒業しました。

他にも「ブルックスブラザーズ」なども一通り着ましたが、丈やサイズ感、鹿の子の素材感、そして快適さやモノの作りの良さ、ブランドが抱える歴史、ユーザーの年代を選ばないところから、最終的に「ラコステ」が最強だと思うのです。

 

ラコステを安く買う方法は?

ラコステを安く買う割引方法

Photo: LACOSTE by Clotee Allochuku

いちおう、長年ラコステを追いかけ続けてきたので「ラコステを安く買う方法」を整理しておきます。

まずネットで売られているお安いラコステは海外企画の並行輸入品だったり、サイズが海外仕様だったり、最悪ニセモノという場合もあるので注意です。そういうリスクを自己解決できる人はネット購入が楽。

お店に行ける人は、できればお店で買ったほうがいいと思います。ラコステはどこの店も接客が優秀です。特に直営店は素晴らしい。

直営の旗艦店(自分のお気に入りは渋谷店です)は、定番ポロシャツの色も定番色・シーズンカラーを全色取り揃えたりと買い物が楽しめます。いつもどうかと思って躊躇するんだが、ポロシャツの試着も可能です。

とはいえ、自分も店舗ばかりで買っているわけではない。

自分はだいたいこの3パターンで定価から割引をかけて購入します。

 

パターン1:デパートの優待割引

まずひとつめ。

ラコステ直営の店舗は正直言って割引がしょぼいため、デパートの優待割引期間中にテナントのラコステ店舗で購入します。ポイントアップやキャンペーンで実質1割引くらいはよくやっている。そういった割引のタイミングを狙って購入します。

だいたいサイズはわかっているので、なければ品番指定で取り寄せてもらい、決済はキャンペーン価格で済ませてしまいます。

ただ、誰しもが割引のあるデパートに行けるわけでもないのもわかってます。その場合はネット頼み。

ネットだと次のパターンがおすすめです。

 

パターン2:ラコステネット通販の割引

ラコステオンラインショップ

Photo:LACOSTEオンラインショップ

ラコステ公式のネット通販サイトが存在します。

下でも書くけど楽天市場に出している支店などは在庫管理が片手間でいつになっても人気モデル、人気サイズ、人気カラー、新商品が補充されません。しかし、こちらは本店だけにきっちり商品が揃っています。

あとはさすがの直営なので、セール、特別割引キャンペーン、ポイント還元、ポイントプレゼントなどが充実。

特にバースデーポイントは2,000円分がもらえるのでかなりお得です。

あんまり大きな声では言えないけど、ユーザー登録時に厳密な誕生日の確認はされないため、ポロシャツの新商品やカラーが出揃って在庫も豊富な4月や5月で誕生日登録してしまうのがいいのではと思ったり思わなかったり(ひとりごと)

参考 LACOSTEオンラインショップ

 

パターン3:楽天市場かAmazonの割引

楽天市場内にラコステが公式通販サイトの支店を出しています。

スーパーセールや買いまわりキャンペーン時には、割引クーポンや楽天ポイントの還元もあるのでお得です。

ただ、ポロシャツの定番品はカラー・サイズがずーっと切れっぱなしで在庫補充されません。楽天に手数料を上納しないといけない支店にて割引価格で販売したくないのはわかるけど、売る側のやる気が感じられない。

なので「ややおすすめ」くらいです。

参考 楽天市場内「LACOSTE公式のL.12.12」

もうひとつ、Amazon内にラコステが公式でショップを出してます。

アマゾンでキャンペーンをやっていれば、セール価格だったり、割引が適用されたりとこちらもかなりお得。割引方法をあれこれ探す手間がはぶけます。

そして、アマゾンのファッション商品は「返品無料」。サイズに不安があるなら、返品ができるアマゾンでの購入を強くおすすめします。

参考 Amazon「ラコステの商品一覧」

 

 

まとめ:最強のポロシャツは「ラコステ」だ

メンズのポロシャツはラコステが一番

ポロシャツ1枚に1万円オーバーって躊躇しますし高いなと思うけれど、ラコステのポロシャツはそれだけの価値はあると思う。

独身時代と変わったのは、クローゼットで増殖し続けるワニに「どんだけワニを飼ったら気がすむの」と妻から毎年夏になると小言を言われることです。息子とラコステのお揃いという悲願は達成しましたが、妻は頑としてお揃いしてくれません。。。

世に各種ポロシャツは存在するにせよ、ラコステは唯一無二の存在である。

長く愛され続けている定番アイテムの良さを僕に教えてくれたブランドのひとつです。

質の悪いポロシャツ何枚も買うくらいなら、1枚にどかんと投資しよう。そして長く着続けよう。長く着続けるとラコステの良さが必ず見えてくるはずです。

メンズのポロシャツの最高峰は「ラコステ」だ。

歳を重ねてもサイズ感を間違えずにしゅっとしたポロシャツ姿を目指してお腹が出ないように運動しつつ、ずっとラコステを着続けるかっこいいオヤジでありたいと思うのです。

参考 LACOSTEオンラインショップ

 

 - モノのレビュー/使用感, 子供以外のモノ

ad

ad

Comment

  1. をかし より:

    いやぁ、いい記事です。

    6年前に初めてポロシャツ(ラコステとユニクロ)を買いました。
    ユニクロは数年で痛んで買い替えましたが、ラコステは5年間着れました。やはり丈夫ですし、なんと言っても飽きの来ないデザイン・機能性が素晴らしいです。

    安いものを次々と買い換えるのも手ですが、そこは『良いものを永く愛用する』というのがクールな大人ですよね。

    今年は買い足す予定はないのですが、来年以降はラコステ一本で行こうと思います(^^)v

  2. しぶやおすかー より:

    おっしゃるとおりですね!

    息子さんの歳の孫がいるじぃじぃです。
    一時は事業をダメにして安いポロシャツにしましたが、
    へたり感がよくないのでもどしました。
    ラルフローレーンは良いけどちょっと長い。

    記事、いつも楽しませていただいています。
    では、また。

  3. 太郎 より:

    夏はポロシャツ一択
    そしてラコステL1212ですね
    形が完成されていて
    豊富にカラーがあるのもうれしい
    それにしてもポロシャツは本当に万能なアイテムなのに
    なぜか着てる人が少ないのが不思議ですね
    Tシャツではあまりにカジュアルすぎるし
    半袖シャツ着るぐらいなら
    長袖シャツの袖を捲くった方がさまになる
    一方ポロシャツはその誕生の経緯上、半袖であることに違和感を感じない
    暑い夏、ボトムスが緩い感じになっても襟があるのでカジュアルに歯止めをかけてくれる、万能選手ポロシャツ
    私にとって、ポロシャツ(ラコステ)は夏の主役であり、名脇役です

    • 太郎さん

      コメントありがとうございます。同じ想いの方がいらっしゃって嬉しいです。

      おっしゃるとおり、ラコステの万能っぷりには、私も随分と助けられています。

      ファッションで考えると夏は1枚で主張できるTシャツのガラなどに走りがちなので、ポロシャツのシンプルさと優秀さはあまり注目されないのかもしれませんね。

  4. 匿名 より:

    先日、百貨店のラコステショップでポロシャツを買いました。
    管理人様のおっしゃるとおりスタッフさんの接客が素晴らしく勢いで4枚も購入してしまいました(笑)。
    身体に本当に気持ち好く馴染むし最高ですよね。良い買い物をしました。
    S.ジョブズの私服の制服化じゃないですけど今年の夏秋はラコステオンリーに決めました。
    管理人様に負けないよう私もクローゼットにワニを増殖させたいと思います。
    素敵な記事をありがとうございました。

  5. ※コメント非公開をご希望でしたので管理人のコメント返信だけ書いておきます。

    horiさん

    コメントありがとうございます。この記事のことを思い出していただいてありがとうございます。

    記事内のアマゾンのリンクはL1212というラコステの一番の標準・定番の型でスリムフィットではないです。ちょっとゆとりのある定番ボックスタイプのモデルです。

    綿100%のL1212のスリムフィット型は廃番になっていたのを2017年春夏で復活しまして今はPH412Eという型番ですね。

    あとはポリエステル混のシルバーラコステはPH441Eという型番です。

    サイズについてですがちょっと僕とは離れた体型のようで、どのサイズがベストかはわかりかねます。自分と近ければアドバイスのしようがあるのですが、お役に立てずごめんなさい。

    ラコステ直営のオンラインショップやお近くの店舗に問い合わせてみるとよろしいかと存じます。

    また色に関してはいろいろ着ましたが、黒や紺が一番締まって見えるため好んで着ているだけです。

    年齢が上になったら明るめの色(ピンクなど)を着ると顔色が良く見えるのでそれもありかなと思ってます。

    もし追加でお聞きになりたいことがありましたらまたいつでもコメントください。

  6. 匿名 より:

    ユニクロのポロシャツがすぐダメになるとか、いつの時代の話をしてるんだか?

    ラコステやラルフローレンよりも、ユニクロのポロシャツの方が品質が良いと、フランスの特集で認められたってことを知らないのかな?

    思考停止で「高い=良い」と思っているバブル世代は恐ろしい

    • 新年早々、貴重なご意見どうもありがとうございました。

    • しげ より:

      ご指摘の調査は、フランスCapital誌が実施しているものと思われますが、ここで使用されているラコステのポロシャツはフランスで販売されている製品と思われ、日本で販売されているポロとはクオリティが大きく異なる可能性が高いです。なぜならば、国内のラコステ定番ポロは日本製だからです(東洋経済に記事がありますので、よろしければご確認下さい)。
      また、ユニクロのポロが悪くないのはご指摘の通りですが、生地はそこそこ程度のクオリティですし、縫製の仕様とレベルは国内のポロ専業工場とは比較できません(安い縫製工場の大量生産だから仕方ないのですが…勿論コスパは良い)。縫製レベルは形態安定性に直結するので、もし双方が同程度の生地を使用しているならば、ヘタリ具合の差は歴然と出てくると思いますよ。
      Capitalの元記事がネットでは見つからないので、比較方法や結果の詳細がハッキリせず、私も断言しにくいのですが…匿名さんは元記事で詳細を確認してコメントされているのでしょうか?それでしたら、元記事の情報を共有頂けますと助かります。汗や水質(日本と欧州は差が大きい)など、結果を鵜呑みにして日本も同じだとは言いにくい条件が、残念ながらいくつかありますので。

      雑誌の記事だと信憑性の高い情報と思い込みがちですが、その背景にも色々な要素がありますから、詳細をキチンと確認しないと、物事は断言できないですよね。「どこかの記事に書いてあったから間違いない」と考えるのも、残念ながら立派な思考停止ですよ。

  7. ojisann より:

    小生もポロシャツが好きで、ラコステ、ポロラルフローレン、アバクロ、ホリスター、アメリカンイーグル、勿論、ユニクロも着用しましたが、アバクロ、ホリスター、アメリカンイーグルについては、長く着用していると衿・袖口のフライスカラーが、身頃のカラーと異なっていきます。多分、フライスの染色堅牢度が良くないのだと思われます。その点、ラコステとポロラルフローレンは、長く着用してもそういったことは、ありませんでした。ユニクロは、コスパはいいのですが、長く着用すれば、やはり価格相応の商品だと思います。

  8. Uジャック より:

    ポロシャツ、こういう記事読んじゃうと何枚も大人買いしたくなる…
    私服も思考停止で同じ品質がいいものを使い続けたい、いっそ制服化してしまいたいと考えるような人なので、この記事を読んで思わずラコステに行きたくなりました。
    そこで質問があるのですが、ネットで調べると長袖と半袖とあります。やっぱりポロシャツは半袖ですか?
    当方外国の、しかも暖かい時期がものすごく短い国に住んでいるので、そこが気になります…

    • Uジャックさん

      コメントありがとうございます。上で散々言ってますので最後のひと押しですけど、いいですよラコステ。

      ご質問の件ですが、長袖ポロシャツを着たことがなくなんとも評価ができません。しかし以前、ラコステは七分袖のモデルを出していた時期があって僕も買って着てました。あれはとにかく重宝しました。再販して欲しい。

      なので長袖もいいはずです。

      回答になってませんが長袖をご購入されたあかつきにはぜひ感想をお聞かせください。

  9. 英雄ポロ より:

    お久しぶりです。
    L1212、1,000円値上がりしてたんですね。夏に向け昨日ド定番の黒を買いに行き知りました。ちょっと高いよなぁ(笑)
    長袖ポロのお話ですが私的には非常に重宝しております。
    秋から冬にかけてや春先など、肌寒いけどセーターまでは必要ないかな?なんてときに最適です。
    個人的には杢糸のものがお気に入りです。
    それから9分袖のドロップショルダーは肌触りも好くてお薦めですよ。
    ウール100%のものは洗濯出来るとはいえ扱いが難しくお薦めできません。

    • 英雄ポロさん

      コメントありがとうございました。

      L1212値上げしました。前シーズン在庫も不人気カラーは探せばあるので値上げ前価格で売っている併売状態でなんだかなです。

      おっしゃるとおり、ここまでくるとちょっと高いですよね。金銭感覚はユーザーそれぞれですけど個人的には1万円がコストと質の納得ボーダーラインで出してもうちょい、「ポロシャツ1枚に定価税込14,000円オーバーはなあ」とちょっと躊躇します。どこまでいくのかとやや冷ややかに見守っております。

      英雄ポロさんも順調にワニ増殖中のようでなによりです。冬物は全体的にイマイチでやっぱりポロだな、には同感です。長袖、検討してみます!

      ※非公開希望コメントのほうでご依頼の件、修正しておきました。

  10. ユジン より:

    ここの記事を読んでL1212Aをブラックとカーキと買いましたが洗濯はどのようにされてますか?
    普通のネットにいれ普通に洗濯機で洗い乾燥させてますがラコステポロシャツはやはりおしゃれ洗剤で手洗いか手洗いかクリーニングにだしてるのですか?長持ちする洗濯方法はありますかとくにえりをきつちりしたいのでおしえてください

    • ユジンさん

      ご質問にお答えします。いちおうの免責ですがクリーニング屋でないので正しくないかもしれません。

      おしゃれ着洗剤で洗うのがベストだとは思いますけどいちいち面倒なので裏返し→ 洗濯ネットに入れて→ 普通洗剤で普通コースで洗うです。

      濃い色の場合の色あせはラコステに限らず不可避なものなのであきらめてます。

      あと干す時は裏返しのままハンガーで襟を立てて干すと乾いて着る時に襟がキレイにロールするってどっかの雑誌に書いてあったので確かにそうかもと思いながらそれは忠実に守ってます。

      • ユジン より:

        ありがとうございます!
        これからも買っていきます!
        もう一つ質問なんですがラコステと他のショップのコラボの別注ボロはアジア原産国が多いですがやはりL1212Aぐらい縫製とかだいじようぶですか?忙しくない時でいいので教えて下さい!

        • ユジンさん

          返信ありがとうございました。

          セレクトショップ別注のことでしょうか。今、セレクトショップの別注ってアジア生産にシフトしてるんですか。それはチェックしてませんでした。情報ありがとうございます。今度店頭でタグ見てみます。

          今までシップスとユナイテッドアローズの別注着たことありますが、品質に問題点を感じたことはありません。

  11. ユジン より:

    シツプスでラコステ別注ボロがででますね?
    青ワニのマークのものです!
    ラコステフアン皆さんは買われるのですか?
    それとも青ワニマークは邪道?
    ボタンも四つだつたかなあ?
    知りたいです!

    • ユジンさん

      返信ありがとうございます。

      別注に関しては見る人が見ればわかるくらいで一般の人からすれば同じラコステという括りか、ラコステさえも知らない人からすれば同じポロシャツという括りです。

      価格も高めですし自己満足的なところも多分に含まれますが、個人的には定番とは違ったエッセンスと企画側のこだわりを感じられるのでおもしろい存在だと思ってます。

      ここでは私の意見しかお伝えできず、他の方の別注への評価を聞きたいなら当ブログではなくネットの大手掲示板にでも書き込んだほうがよろしいかと存じます。

  12. より:

    はじめまして。この記事を読んではじめてラコステのポロシャツ買ってみました。

    一つお伺いしたいのですが、ポロシャツの下には何か着られたりしていますか?

    • 牛さん

      ご質問にお答えします。

      自分は汗の吸収目的と乳首目立たない目的でポロシャツでも外に響かないシームレスのインナーを着ています。これはビジネスシャツの下にもいつも着ているため、オンオフ兼用です。

      半袖からインナーの袖が出るとみっともないので袖短めかスリーブレスがおすすめです。

      こういう切りっぱなしのメンズインナーがメジャーじゃない頃から10年以上あれこれ試して、一番はやっぱりグンゼのSEEKだという結論です。買う時は高いなあと毎度思うのですがかなり長持ちする、貧乏くさいけどボロボロになっても着れちゃう、というところでSEEKが最強だと思ってます。

      コストが気になるなら同じグンゼでYGのカットオフがお得かと。

      ボディワイルドとユニクロのやつも着たのですがなんかしっくり来なかったです。

      好みそれぞれかとは思いますが、どんなもんかアマゾンの販売ページへリンクしておきます。

      SEEKの商品一覧

      グンゼ YG カットオフの商品一覧

  13. 英雄ポロ より:

    本日からプレセール始まりましたね。
    30%offで好いデザインのものがあれば何枚か購入しようと思います。
    管理人様はインナー着用派のようですが私は直に着る派です。
    なので肌触りを重視、必然的に綿100%のものを好んで着ています。
    (冬物のウールポロ以外は全て綿100%です)
    乳首対策、思わず笑ってしまいました。
    L1212は涼しくて着心地最高ですけど白を直に着ると乳首というより乳輪ごと透けて見えてしまうんですよね。
    これから直に着る派で白を購入予定の方がいましたらL1212以外で生地の異なるものを選ばれることをお薦めします。
    もちろん綿100%のmade in japanの中からで(笑)。

  14. ojisannより より:

    身長170センチ、体重60キロと細身の小生も以前は、皆さんと同様にL1212ばかりを購入し着用していましたが、最近は、PH050Pのスリムフィットが気に入ってこればかり着用しています。但し、このホワイトカラーも生地が薄めなので、「英雄ポロ」さんが仰る通り、乳首が透けて見えるのが玉にキズです。

    • ojisannさん

      コメントありがとうございます。

      ポロシャツ乳首透ける問題は先人たちがいにしえから抱えてきた問題で打開策はなかなか見つかりそうにありません。だからカットオフの下着着てますけど。

      歳取ると胸に贅肉がついておっぱいと乳首が盛り上がってきて余計目立つとかどっかの本で読みました。これには筋トレして胸の筋肉つけると乳首が下を向くんだそう。透けるのはあんま関係ないか、これは乳首ポッチ問題の対処法ですね。

      スリムフィットいいですよね。PHP050はディスコンで今は昨年からの展開でPH412でしょうか。PH412はPHP050より丈が長くなったような気がするので元に戻してほしいです。

  15. ojisann より:

    小生、最近ニップスという乳首を隠すためのシールを見つけて愛用しています。通常は高価な商品ですが、100円ショップのダイソーにも似たもので「磁気治療器貼りかえ用シール」というものが販売されています。これなら、ポロシャツの上から乳首が目立ちません。使ってみてください。

  16. ojisann より:

    先日、乳首を隠すシールを「ニップス」と記載しましたが、正確には、「二プレス」でした。申し訳ございません。元々は、スポーツ選手が薄手のウエアから乳首が見えるのを隠すために考案されたシールだそうです。但し、ウエア・ポロシャツを脱ぐ際に乳首に貼ったシールを人に見られたら恥ずかしいので注意が必要です。また、先日記載しました通り、この商品は高価ですのでダイソーの「磁気治療器貼りかえ用シール」でも代用が可能となります。

    • ojisannさん

      コメントありがとうございます。修正情報ありがとうございました。

      確かに他人に見られたら超はずかしいですね。

      この間聞いたのですがマラソンで42キロ走るとウェアで擦れて乳首が痛くなるんだそう。そのためにみんなニップレスや絆創膏で乳首をガードしているらしいです。真剣に走ってるランナー達がニップレスしてると思うとちょっとクスッとしてしまいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

電池の「種類・質・相性」でおもちゃが壊れたような症状が出ることもあると学んだ話

息子お気に入りのおもちゃ「ディズニー I CAN!おしゃべりイングリッシュ」 ペ …

男の匂いに効く!おすすめのボディーソープ「PRO TEC(プロテク)」

「なんか最近、加齢臭がしない?」と何気なく奥さんに言われた一言にかなり傷ついたら …

ルミネカードってお得なの?使えるの?ベビーユーザーがとことん語るメリット・デメリット

ルミネでよくお買い物するのに「ルミネカード」を使わないなんて、損をしています。確 …

オーガニック野菜宅配のお試しはまず大地宅配から!実際に取り寄せてみた内容と感想。

正直言うと「大地を守る会」を誤解していた。 「なんだかよくわからない会社」という …

L.L.Beanのトートバッグに2016年春夏限定カラーの新色が登場したよ

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグを愛用して16年。 毎度おなじみ …

ネット印刷ラクスルの評判ってどう?って人に名刺を2回注文してみた感想を残しておく

テレビCMで見た、ネットで簡単印刷の「ラクスル」 名刺を印刷する必要があったので …

レゴ基本セット「青いバケツ」の中身を全部公開!(写真多め)

3歳になった息子に「対象年齢:3歳から」のレゴ基本セットの「赤いバケツ」を購入。 …

システム手帳リフィル_片面一週間+片面メモ
バイブルシステム手帳リフィル(片面スケジュール)の徹底比較とおすすめを語る

社会人になって10年以上、スケジュールとタスク管理はシステム手帳(バイブルサイズ …

トーマスの本でどれがいい?「トーマス大図鑑」でしょう!

正直、何が子どものツボなのかいまいちよくわからない「きかんしゃトーマス」。 息子 …

PC収納のビジネスリュックを選ぶ際に注目すべき6つのポイント

なんで裸にリュックやねん。 ビジネス使いもできるパソコン収納可能のリュックサック …