子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

子どもを撮影するカメラの選び方&いいカメラってやっぱり綺麗に撮れるものなの?を検証する

   

子どもの写真を撮るカメラの選び方 (1)

「カメラなんて撮れりゃなんでもいいんだよ」

と、つい最近まで思ってました。

そんないいかげんな感じなので、息子の成長記録の写真も一応撮るには撮っているけど、けっこう適当。ビデオは「後で見ないよな」とほとんど撮っていないし、カメラは5年前に買った傷だらけのデジカメ。いやむしろ「スマホで十分だ」と思ってやってきた。

「記憶という写真に残ってるからいいのだ」とは、かなり雑な発言ですが、その貧相な記憶力も日々の育児に追われるとかなり怪しくなってきました。マズいぞ。

「よし、新しいカメラを買おう!」それで「家族の写真を撮りまくろう!」

今さらながら一念発起。3年遅い。

ついでにブログの掲載写真も、鮮明かつ美しいメシ撮りで、みんなのお腹をぐうぐう言わせてやるぜ!とか思ったり思わなかったり。グルメブログ違いますけどね。

今回は、いろいろ調べた中で気付いた「子どもを撮る目的のカメラ選びのポイント解説」と「ほんとにカメラで写真の綺麗さって変わるもんなの?」を検証してみます。大盛りです。

スポンサーリンク

 

これからカメラを買う人にカメラの選び方を残しておく

最終的には高いカメラに行き着くよ

子どもの写真を撮るカメラの選び方 (4)

最初は「1万円くらいのカメラでいいだろ」と思って探し出しました。しかしそのレベルだと、今やスマホのカメラのほうがマシだということにすぐに気付いた。

凝り性を発揮していろいろ調べ、家電量販店の店員やメーカー派遣の販売員を捕まえて話し込むと、なぜかどんどん予算が上がっていく不思議。カメラの世界は奥深い。

そしてやはり「鮮明で綺麗な写真が撮れるカメラが欲しければ、高いの買わなきゃ」という当たり前の結論にたどりつく。

ただ、いくらいいカメラが欲しくても、カメラを首からぶら下げる趣味はない。一瞬、ミラーレス一眼やデジタル一眼も本気で検討したが、やはり「携帯性」は捨てがたい。

「携帯性がありつつも高画質で、予算は3万円くらい」

かなり見て回った。聞いて回った。そして優柔不断をこじらせて、「あー!もうわけわからん!」となるのはいつものパターン。

 

カメラ選びの基本的な考え方

まず自分が「カメラに何を求めるか?」のポイントを絞ったほうが良いみたいです。

  • 主に撮影する被写体は何?どんなシチュエーション?(風景?子ども?屋外?室内?)
  • 機能的に何が最低限欲しいか?(画質?起動やキビキビ撮れる感じ?高倍率ズーム?手ブレ補正?)
  • お任せでそこそこ撮れればいいのか?細かい設定を自分でしたいのか?機能的な介入の余地
  • 大きさ、携帯性はどこまで許容できる?
  • 予算はいくらまで出せるか?

求めるポイントを固めると、おのずと自分が買うカメラのラインも見えてきます。

「カメラのセンサーのサイズが大きければ、光を多く取り込むので画像が綺麗に撮れる」

これがカメラの基本。センサーが大きければカメラのサイズは必然的に大きくなりデジタル一眼に向かっていくし、高倍率ズームを搭載すればレンズは大きく長くなって携帯性がどんどん落ちる。

「高画質で、携帯性に優れてコンパクトで、高倍率ズーム搭載な高機能で、価格が安いカメラ」という全部いいとこどりのカメラはこの世の存在しません。あきらめてください。

 

「子どもを撮影する」に絞ったカメラ選択のポイント

子どもの写真を撮るカメラの選び方 (3)

「子どもを撮影するカメラ」に使用目的を絞った場合、僕がカメラのどの機能に注目したかまとめておきます。

  • 手ブレ補正はしっかりあるか?強いか?
  • 動く子どもをしっかり撮れる撮影モードがあるか?(シャッタースピードの調整)
  • 動く子どもにピントをすぐに合わせられるか?(タッチパネルでピントを合わせる/被写体の追尾など)
  • ズーム機能をどこまで求めるか?(発表会や運動会などで遠方から子どもを狙う場合など)
  • 子ども撮るなら携帯性は重視だよね?(大きいサイズで持ち歩きが面倒なため家に置きっぱなしなんて本末転倒)

あと動画撮影はカメラで撮るのか、ビデオカメラに譲るのかといった動画撮影機能の使用or不使用も考えつつ。

F値など細かい部分の説明はあえて省いていますが、まずはカメラを「子どもの撮影」中心で考えていくなら、上記のポイントに注目。特に「じっとしているわけがない被写体をどう写すか?」が一番大切かも。

「何を自分がカメラに求めているか?」を考え、いる機能といらない機能のふるい落としをして、カメラを選定していくのがゴールへの近道です。

 

実際のカメラを見に行く際のポイント

子どもの写真を撮るカメラの選び方 (2)

買うラインが見えたら、家電量販店の店頭で実際にカメラをいじり倒して、「自分に合うかどうか?」のチェック。

起動のレスポンスはどうか?シャッターやボタンの使い勝手はどうか?手にしっくりくるか?

操作性は、けっこう直感とフィーリングで選んでしまっていいような気がします。

あとは画質が自分の好みか、否か。自然に近い色が好きか、くっきりはっきりな色が好きか、仕上がりはメーカーや機種により様々。完全に好みの世界です。

カメラごとの画質の傾向については、カメラ好きな人の率直な意見を書いているブログがたくさんあり、けっこう参考になります。その機種で撮影した写真がたんまり見られる。みんな、ほんとに写真うまい。

カメラ探しの方法で「なるほど」と思ったのが、家電量販店に自前のSDカードを持ち込み、店員さんに許可を取って試写させてもらう方法。それを自宅でパソコンで確認したり、プリントアウトして、実際に比較する。

店頭のカメラの液晶画面だけじゃ、撮った写真の画質の良し悪しは何一つわかりません。

しかしこの試写をやろうとしても、家電量販店のカメラは盗難防止のコードに繋がっており、うまくSDカードが入らない場合も多い。4台のカメラを試し撮りして比較したいのに、まともにSDカードが入れられたの1台だけとかザラ。

断りを入れた店員さんが横からいなくなってしまうと、他の事情を知らない店員さんから「カメラの裏蓋を開けたりして怪しいな。こいつ万引き犯か?」という疑いの目で見られ、包囲網を敷かれる。悪いことをやっていないのに、なんか悪いことをしている気分になり、無駄に汗だくになる僕のような小心者はあんまりやらないほうがいいかもしれません。

 

で、このカメラを買った

結局、携帯性を重視し、サイズはコンパクトデジカメに絞りました。気軽に子どもを撮りたいので、持ち歩きが楽じゃないと困る。

高倍率ズームは捨て、コンパクトデジカメの中でも高級ラインでセンサーサイズが大きく、F1.8の明るいレンズ搭載で、操作性もまあまあ。2年前発売の型落ちながらも、今なお評判のいいSONYのDSC-RX100というモデルを購入。一眼レフのサブ機として、カメラ好きでも満足している人が多いとのこと。

小型のコンデジに比べると大きくて重い。しかしこのくらいの重量感なら逆に手に馴染みがいいです。毎日カバンに放り込んで持ち歩いていますが、持ち歩きにも支障なし。

sony dsc-rx100

動作感は、比較検討した同価格帯のCanonやFUJIFILMが「ウィーン」って立ち上がってすぐに撮れるとしたら、SONYは「ウイィーーン」くらいで立ち上がりがワンテンポ遅い。でも1ヶ月使ったら、基本がこのもっさりなので慣れた。そういうもん。

あと、知っていて買ったけど、こいつはあんまり接写には強くない。ブログ用のブツ撮りのコツがまだつかめません。

それ以外は特に不満もなく、もっさりも電源オン・オフ時だけなので、快適なカメラです。

購入者特典で「撮影のコツを書いたハンドブック」がもらえます。使いにくいと悪評極まりないSONY製の画像編集ソフトをパソコンにインストールしてユーザー登録すると本のデータがもらえるという仕組み。しかしGoogle検索したら、登録なしでSONY公式サイトで配布しているハンドブックのPDFファイルに、一発で飛べました。

参考 ソニー公式「RX100撮り方手帖

この撮影のコツは参考になります。で、うれしくって1ヶ月間、写真を撮りまくった結果、やはり明らかに感じるのはこのカメラの「画質」の良さ。素人にも違いがわかる。

 

旧カメラと新カメラの写真を比較してみよう

我が家の5年前購入のキャノンIXY 220IS(当時2万円ちょっと)と、今回購入したソニーのDSC-RX100(3万5千円)を比較してみた。撮影モードは両方とも、カメラにおまかせモードで特にいじってません。

旧カメラ

1canon_DSC-RX100画質比較

新カメラ

1sony_DSC-RX100画質比較

旧カメラ

2canon_DSC-RX100画質比較

新カメラ

2sony_DSC-RX100画質比較

旧カメラ

3canon_DSC-RX100画質比較

新カメラ

3sony_DSC-RX100画質比較

旧カメラ

7canon_DSC-RX100画質比較

新カメラ

7sony_DSC-RX100画質比較

旧カメラ

6canon_DSC-RX100画質比較

新カメラ

6sony_DSC-RX100画質比較

「おまえ、写真のセンスないな!」とかモノ投げないでー

このブログを見てもらってる人のディスプレイ環境にもよるとは思いますが、前者のキャノンでぼやっとした部分が、後者のソニーではくっきりはっきり写っています。日の影の部分や、色も鮮明です。ここには掲載していませんが、人物写真なども、プリントしたら違いがかなりわかりやすく出ました。

この違いを「だいぶ違う」と取るか、「全然変わらないじゃん」と取るかは人それぞれです。好みもある。

でも、「ああ、カメラによって撮影結果に違いが出るのって本当なんだな」というのが少しでもわかってもらえたら、「こいつ、2台のカメラ並べて何撮ってんだ?」と通りすがりの人に訝しがられながら写真撮影した僕の苦労が報われます。

 

まとめ:「子どもを良いカメラで撮りたい」は正しい

子どもの写真を撮るカメラの選び方 (5)

デジタル一眼の世界に飛び込んでしまうと、レンズを買い揃えたりと、凝り性を発揮してお金を激しく使ってしまいそうで怖いです。今回は、コンパクトデジタルカメラの世界で背伸びして「ちょっとだけいいもの」を買ってみましたが、所有欲も満たされ大変満足しています。

同じ「コンパクトデジタルカメラ」というカテゴリーの中でも、下位機種と上位機種との差はかなりある。写真の仕上がりの違いが明白。その違いにお金を出すかどうかは、ユーザーそれぞれの考え方だと思うけど、少なくとも僕は「買い替えて良かったな」と思っています。

あとはいくらカメラが良くても、撮影者の「センス」と「腕」次第なんですけどね。

たぶん自分の子どもを良いカメラで撮って、いい写真を残したいという親心は正しいものなのだと思う。子どもの生き生きとした表情や成長の過程を、鮮明な写真で残してあげるのは親の務めなのかもしれません。

将来、我が子の結婚披露宴の時の「プロフィールムービー」で、相手方のほうが子どもの頃の立派な写真が多くて、「なんでうちはいい写真がないんだ!」と恨まれるようなことがないようにきちんと撮っておかないといけないなあとか、気の早いことを考えていたりもする。

20~30年後の結婚披露宴に「プロフィールムービー」なんて廃れてるかもしれないし、そもそもきちんと結婚してくれればの話ですけどね。

カメラの質で、写真の出来はまったく違う。雲泥の差。

まずは自らの目で確かめてみることが大切。求める機能と予算の中で、ベストのカメラとあまり悩むこと出会えたら最高ですが、そんな簡単にいかないのがカメラ道みたいです。お互いにがんばりましょう。

 - モノのレビュー/使用感, 子供以外のモノ

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

メンズのポロシャツでNO.1は間違いなくラコステだ!ポロシャツバカが夏に暑苦しくラコステへの愛を叫ぶ

正直言いますと、個々の「アイテム」「モノ」にものすごくこだわるわりには、「ファッ …

ポスティング迷惑チラシ対策に効果絶大!困った時はこれ

帰宅時、郵便受けから郵便物を取り出すときに「バサッ」とポスティングされていた大量 …

腰痛への効果は?バックジョイ1週間使用レビュー

「バックジョイの効果は?4種類の徹底比較&購入レポート!」に続く、使用レ …

男の脇汗とにおいを強力に止める!10年使い続ける制汗剤おすすめレビュー

男性のわき汗、わきのにおい対策、悩ましいものです。 僕も大量にかくわき汗に「どう …

女性にもおすすめしたい頭皮さっぱりあえてメンズシャンプー

巷では、夫が妻のシャンプーを使うことを「嫁シャン」と言うらしいです。だいたい世の …

バックジョイの効果は?4種類の徹底比較&購入レポート!

Backjoy(バックジョイ)という、座った時の姿勢サポート商品の購入検討→購入 …

BOSEの真髄!ノイズキャンセリングイヤホン徹底レビュー

自分で言うのもなんですが、ちょっと神経質な性格なため、他人の出す「音」に敏感だっ …

赤ちゃんも可。オーガニック虫除けスプレーおすすめ3本使用レビュー

デング熱、ジカ熱と小さい子を持つ親としては気が気じゃありません。 子どもを家の中 …

男の脂っぽい髪に!おすすめのシャンプーとヘッドスパ

告白します。髪の毛の「脂っぽさ」にずっと悩んでいました。 夕方にはワックスいらず …

【検証】L.L.Beanのトートバッグはサイズ別にどれだけモノが入るのか?

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグ。 スモール、ミディアム、ラージ …