子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

我が家で3年使っている肌が弱い赤ちゃんにおすすめのベビーソープ

      2015/01/11

ベビーソープで洗う子供 (1)

うちのブログでモノのレビューをする際は、「自分が実際に使って良いもの」を「ダメな点も全部包み隠さずご報告する」ことをモットーにしています。

今回の紹介したいベビー用石けんは、そのモットーから少しはずれていて、「イチ押し」って感じではない。基本的にダメ出しするところはなくて、かといって際立つポイントもない。平均点をクリアしつつも、一番は「肌のトラブルがない」という消去法の結果で、3年間も使っていたりする。

モノの選択なんて惰性で使っているパターンもあるよなと思いつつ、我が家同様、子どもの肌が弱くて苦労しているパパママは多いだろうから、今回は3年間使い続けているベビーソープ・赤ちゃん向け石けんのレビューを書いてみます。

photo credit: sean dreilinger via photopin cc

スポンサーリンク

 

肌が弱いといろいろ大変

ベビーソープで洗う子供 (3)

photo credit: chad_k via photopin cc

うちの3歳の息子は肌が弱い。めちゃくちゃ弱い。

ほっぺたに半日貼っていたバンドエイドの痕が、1週間以上経っても赤いままで消えない。汗かくとすぐにあせもになる。なんだかしょっちゅう湿疹が出来て、かゆがっている。冬はとにかく肌がかさかさになるので、風呂上がりの軟膏が欠かせない。

「年齢重ねたら肌が強くなるのかな?」と漠然と思っていたけど、そんな淡い期待は今のところちっとも叶いません。変わらず、最弱のまま。

とりあえず言えるのは、肌トラブルが起きたらすぐに「皮膚科」。親があれこれ悩んだところでどうにもならない。わかんないことは医者に全部聞いて、適切な薬、適切な処置を施すしか、子どもの肌トラブルは回避できないという当たり前の結論に3年でたどり着きました。

新生児の時から「この子は肌が弱いから気をつけなさい」と医者に指摘され。

そうすると難儀なのが毎日使うベビーソープ探し。「低刺激で、肌に合うものはどれだ?」といろいろ探して、試して。

で、最終的にトラブルなしで今まで来てるのが、牛乳石鹸が出している「キューピー ベビーシリーズ」

まず、こいつをレビューする前に、前段として石けん選びのポイントを再確認しておきます。

 

石けん選び3つのポイント再確認

あひるのおもちゃ

photo credit: susivinh via photopin cc

肌の強い、弱い関係なく、どんな子どもにも共通するのかなと思います。

 

肌に優しい成分

子どもの肌は敏感なので、低刺激のものを選ぶ。「子ども用」「無添加」といった表記のあるものを選択。

「子ども用」もピンキリだし、その子に「合う」「合わない」は確実にある。うちの息子には、ジョンソン・アンド・ジョンソンを使ったら肌の乾燥がひどくなって合わなかった。

あんまり意識しなかったけど、匂いも好みが分かれるし、あまり匂いの強いものは子どもに良くなさそう(根拠なし)

 

目にしみにくい

目にしみて子どもに泣かれると、お風呂場の反響もあって、一緒に入っている親がしんどい。

「目にしみにくい」とうたっている商品を選ぶもよし、「ホントか?」と疑うのであれば、手っ取り早く「自分で目に入れて実験してみる」。ちょっと勇気いるけどね。

 

ポンプ式?固形せっけん?

子どもが小さい時は、お風呂場で親の手が足りないのでポンプ式のほうが使い勝手がいい。

大きくなれば、減りが激しくない固形せっけんに切り替えて家計にやさしく。

 

キューピー ベビーシリーズの3年使用レビュー

キューピーベビー石けん (1)

で、最初の前振りに戻る。このキューピーベビーソープと石けんを使って3年。

一番の理由は、肌の弱い息子の「肌トラブルがないから」

赤みが出ることも、肌が過度にかさかさになるようなこともない。いろいろ試して、結局ここに落ち着き、トラブルが怖くてもはや乗り換えもできないのが現状です。

0歳台は、ポンプ式のベビーソープ(髪も身体もこれ1本で洗える)を使い、

それ以降は固形石けんタイプを使っています。

アレルギーテスト済みですし、低刺激で無添加。目にもしみにくいし(ちょっとはしみる)、泡立ち・泡切れや洗いあがりの感じも不満はありません。うちの息子は、風呂あがりに皮膚科から処方された軟膏を塗りたくるうるおい補給が欠かせないので、石けんだけでどうこうとは言い切れませんが。

自分も顔だけはこの石けんを勝手に借りて洗ってます。メンズ用ボディソープだと洗浄力が強すぎるため、顔の脂を全部持って行かれてつっぱりがハンパないので、こいつ使うといい感じです。

パッケージにも「お肌へのやさしさを大切にする大人の方にもおすすめ」と書いてある。

キューピーベビー石けん (3)

 

肌が弱い子はキューピーベビーシリーズを試してみては?

キューピーベビー石けん (4)

肌の弱い息子は、このベビーソープと石けんを使うようになってから、ノートラブルで来ています。

上にも書いたけどこのキューピーベビー石けんが「合わない」子も世にはいるはずなので、盲信的におすすめすることは避けるけど、我が子の肌の弱さにお悩みのパパママには、選択肢のひとつとして試してみる価値はあるのかな?と思います。

牛乳石鹸のベビーシリーズのラインナップを見ておきます。

小さい時は、ポンプ式のベビーソープが便利。

詰め替え用もあります。

肌がしっとりするタイプも。これは使ったことないのでほんとに「しっとり」かはよくわからない。

子どもが大きくなったら、固形石けんです。

子どもの肌の弱さに困っているパパママのお役に立てたら嬉しいです。

 - モノのレビュー/使用感, 子供に関するモノ , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

普通のレゴブロックと大きいデュプロは互換性があるのか?実験してみた

レゴの大きいブロック「デュプロ」(写真中央。対象年齢1歳半から)と、普通のレゴブ …

レゴ 黄色のアイデアボックススペシャルの中身を全部公開!(写真多め)

レゴを初めて遊ぶ子ども向けのセットと言えば「赤いバケツ」「青いバケツ」が王道でし …

読売と朝日と毎日の子供新聞(小学生新聞)を読んで比較してみた。

新聞を読む僕の横で、6歳の息子(幼稚園年長)が「自分も新聞を読みたい」と言い出し …

絵本「地獄」を読む~アマゾンの絵本ランキングになぜ入っているのかを紐解く

1784年に江戸の絵師によって書かれた絵巻の地獄絵を元に構成された絵本「地獄」。 …

泣ける絵本に新星登場。「いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日」の涙腺破壊力がすさまじい

世間では、絵本で泣く「涙活(るいかつ)」が流行りらしいです。 個人的には「絵本で …

L.L.Beanのトートバッグに2016年春夏限定カラーの新色が登場したよ

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグを愛用して16年。 毎度おなじみ …

ホームベーカリーのパンケースのコーテイングが剥げたので新品を取り寄せて比較してみた

我が家で1年半愛用中のホームベーカリー(Siroca(シロカ)のSBH-315) …

幼児用マスクを選ぶ際のポイント&タイプ別比較レビュー

幼児用のマスク。 「立体型」「プリーツタイプのワイヤーなし」「ワイヤーあり」と作 …

FP3級独学用おすすめテキストと問題集はズバリこれ

ファイナンシャルプランナー3級は、書店で売っているテキスト(参考書)と問題集で勉 …

スニーカー用インソールのおすすめはニューバランス。一度試してみる価値あり。

今までスニーカーのインソールをとっかえひっかえいろいろ実験してまいりました。うち …