子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

年賀状(年賀はがき)の金券ショップ販売価格はいくら?汗と涙の調査結果2017年版

      2016/12/09

金券ショップの年賀はがきの価格 (4)

1枚52円の年賀はがきは、金券ショップで一体いくらで売られているのだろうか? 東京だといくらが相場なのだろうか?

節約のため、金券ショップはよく使う。二束三文で投げ売りされている期限切れ直前の株主優待券とか大好き。その流れでなんとなく始めた「年賀はがきの金券ショップ価格調査

さて、2017年年賀はがき(調査日:2016年11月)の相場はどうなっているのか?値段はいくらだろうか?

過去2年の傾向から、東京のチケットショップ激戦地区「新宿」「新橋」のみの金券ショップの価格を調べてきました。この2つの街が最安値で、他の街はさほど安くない。やっても疲れるだけ。手抜きじゃないです。たぶん。

調査結果をまとめ、そこから平均価格を導いてみます。

スポンサーリンク

 

過去の年賀はがき価格調査ダイジェスト

まず過去2年、東京での年賀はがき価格調査結果をおさらいしておきます。

 

2015年年賀はがき価格調査結果

調査日:2014年11月

2014年4月の消費増税で、ハガキ1枚50円→ 52円に値上がり。値上がり後、初めて迎えた年賀はがき販売です。

  • 東京(新宿・新橋・御徒町・池袋・神田・渋谷)の相場は、定価52円を48円~50円で販売。最安値は48円。最大7.6%オフ。平均は49円、50円のライン。
  • どこのお店も10枚単位のセット販売が基本。100枚以上購入の場合、さらに値引きされるパターンもあり。
  • 2013年年末まで普通紙とインクジェットの価格差をつけていたお店が見受けられたが、2014年年末は見かけず。
  • 神田・渋谷・池袋はやる気がなく、「新宿」と「新橋」が最安。バラ売り1枚可で最安値の店もあり、チケットショップがひとつの区画に密集しているので価格比較がしやすく、ユーザーも買いやすい。

新宿と新橋にとりあえず行けば良し、というひとつの方向性が見えた。

 

2016年年賀はがき価格調査結果

調査日:2015年11月

  • 東京(新宿・新橋・御徒町・池袋)の相場は、定価52円を47円~51円で販売。最安値は46.5円。最大11.5%オフ。どこも前年より1枚1円ほど全体的に安い傾向。平均は48円、49円、50円のライン。
  • どこのお店も10枚単位のセット販売が基本。バラ売りは希少。200枚以上購入の場合、さらに値引きされるパターンもあり。
  • 東京ならやっぱり「新宿」と「新橋」が最安でおすすめ。

また、12月最終日曜日に「新宿」「新橋」の店頭価格を再調査。

  • 新宿:10枚単位46.5円、46円が容易に見つかる。11月上旬より1枚あたり1円値下げ。
  • 新橋:11月上旬と同じく47円、48円もありながら、10枚単位で45.3円、46.5円などが多数。

年賀はがき発売直後の11月上旬より、在庫をさばくモードに突入する12月末のほうがあたりまえですが安くなるという傾向も見えました。

 

金券ショップの年賀状販売価格(2016年11月調査)

価格調査の前提

金券ショップの年賀はがきの価格 (3)

調査日:2016年11月上旬

調査対象:11月1日発売の2017年(平成29年)年賀はがき 無地のインクジェット紙

調査エリア:新宿、新橋。過去2年で行って全然安くなかった神田・渋谷・御徒町・池袋は今回はパス。

対象店舗:ふらふら歩いて目についた店を適当にピックアップ。

掲載価格:1枚あたりの単価に計算し直してます。カッコ内に詳細を補足説明。「10枚単位、200枚完封でないとその値段で売らない」というセット販売の縛りがあるお店がほとんどです。

 

「新宿」のチケットショップ

過去の年賀はがき最安値地域「新宿」からまずは調査開始。

新宿の金券ショップ密集地は競争原理が働き、買取・販売価格は東京でも一番の好条件です。具体的には、西口のチケットショップ密集エリアをチェックするだけで十分です。

お店の名前書いちゃうと問題が多そうなので伏せます。これでも街ごとの相場感は把握できるはず。

  • A店:46.5円(10枚単位)
  • B店:46円(200枚単位のみ)
  • C店:48円(10枚単位)
  • D店:47円(10枚単位)/46.5円(200枚単位)
  • E店:48円(1枚売り可)
  • F店:47円(1枚売り可)
  • G店:49円(10枚単位)/47円(200枚単位)

あいかわらず、新宿は店頭に販売価格をデカデカと掲示したり、かなり積極的に販売中。激戦区だけあります。

2014年年末、2015年年末には消えていた「インクジェット紙」と「普通紙」の価格差が、新宿の2店舗だけあったのが印象的。どちらもインクジェット紙が「47円」で普通紙が「48円」。この価格差1円はなぜつけているのか、理由が読みきれません。

新宿の相場の経緯をまとめておくと

  • 2015年年賀状:定価52円が1枚48円~50円
  • 2016年年賀状:定価52円が1枚47円~49円
  • 2017年年賀状:定価52円が1枚46.5円~49円

こんな感じ。200枚完封なら1枚あたり46円も出てます。

 

「新橋」のチケットショップ

金券ショップの年賀はがきの価格 (1)

新宿と双璧をなして金券ショップの買取・販売相場が優良なのが「新橋」

近所の東京駅(八重洲口)や有楽町にも金券ショップがありそうな雰囲気ですが、家賃が高いからか、意外とお店の数は少ないしお値段は高め。なので新橋を推奨します。

基本的に、JR新橋駅前の「ニュー新橋ビル」の中にある金券ショップ群だけをチェックしておけばOKです。

  • H店:48円(10枚単位)/47.5円(200枚単位)
  • I店:47円(1枚売り可)
  • J店:48円(10枚単位)/47.5円(200枚単位)
  • K店:48円(10枚単位)/47.5円(200枚単位)
  • L店:50円(1枚売り可)/49円(10枚単位)
  • M店:49円(1枚売り可)/48円(10枚単位)
  • N店:48円(10枚単位)
  • O店:49円(1枚売り可)/48円(200枚単位)
  • P店:50円(10枚単位)
  • Q店:48円(10枚単位)
  • R店:48円(10枚単位)
  • S店:48円(10枚単位)

新橋の相場の経緯をまとめておくと

  • 2015年年賀状:定価52円が1枚48円~50円
  • 2016年年賀状:定価52円が1枚47円~50円
  • 2017年年賀状:定価52円が1枚47円~50円

です。

昨年より1枚バラ売り可のお店が増えた印象。新橋という土地柄、ビジネス需要も多いからか200枚単位の販売多し。店頭在庫はたんまり積んであります。

 

まとめ:1枚47円なら大満足

金券ショップにおける年賀状販売価格の傾向

金券ショップの年賀はがきの価格 (5)

2017年(平成29年)年賀はがきのチケットショップにおける販売価格、全体の傾向をまとめます。

  • 東京の平均相場は、定価52円を47円~50円で販売。最安値は46円。最大11.5%オフ。昨年と相場としてはさほど変わっていない。一番密集しているのは48円、49円のライン。
  • 1枚単位のバラ売り可の店が少し増えたが、基本は10枚単位。200枚以上購入の場合、さらに値引きされるパターンもあり。

その他気付いたことをまとめておくと。

同じ金券ショップチェーン店(ぶっちゃけ大黒屋)でも、店舗によって販売価格が違う。近隣の競合ショップとの兼ね合いから価格が決定しているもよう。まあどこの街でも大黒屋が一番強気でお高い値段設定されてます。

また競合店の価格と在庫を見ながらデイリーで価格変動している様子。例えば新橋の1枚売り47円などは店頭の値札へ手書きで修正が入ってました。10枚単位、200枚単位といった枚数縛りも解除したり、縛りをかけたりと変わるようです。

 

年賀はがき1枚48円~50円が妥当ラインか

金券ショップの年賀はがきの価格 (2)

他の街やエリア内の金券ショップをしらみつぶしに調べれば、もうちょっと違う結果になる可能性は否定しません。

しかし、金券ショップ激戦区の新宿・新橋の相場が東京都内のベースとなるのは過去2年の調査から明らかで、上記の全体的な相場感から大きく結論がブレることはないんじゃないかなと思っています。

2014年4月の消費税増税で切手代が値上がりしたこともあり、2014年年末における金券ショップ各店の価格設定は探り探りでした。そこから2015年年末、2016年年末と2014年比で1枚あたり1円ほど単価が下がったまま相場は推移しています。

調査結果から、2016年年末は1枚あたり48円~49円くらいなら万々歳のライン。金券ショップ激戦区でなければ1枚あたり50円が普通のラインです。

法人利用など枚数を使うのであれば、交通費をかけて最安値46円台を狙うのもありですが、近所の金券ショップなどでも1枚50円くらいは普通に出ているはずなので、家庭用の使用枚数ならそこらで手を打つのが無難かもしれません。

これ調べるの、けっこう手間がかかります。

ちょこちょこと歩いておかげさまでいい運動になりました。これやるたびに、まだネットで最安値リサーチなどできない頃、家電を買うために最安値を拾いに何軒もの家電量販店をハシゴしていたことを思い出します。

最近はネット、しかもスマホの普及で店頭で最安値を調べられるという、あの頃に比べたら夢のような時代。「価格を足で拾う」なんて非効率なこと、誰もやらなくなってますものね。

「最安値リサーチの時間短縮」は、ネット普及の最大の功績のひとつです。売っている側はたまったもんじゃないと思いますが。

そんな時代に逆行して時間をかけて足で拾った価格情報が、年賀はがき代を節約をしようと思っている方の時間短縮のお役に立てますと嬉しいです。

※ 年賀状印刷を専門の印刷屋さんに頼むことで年賀はがきの切手代52円が割引になる方法もあります。そんな割引をやってるのは業界最大手「挨拶状ドットコム」。1枚につき「5円引き」の「47円」になります。

参考 挨拶状ドットコムの年賀状印刷

 

 - お得ネタや節約ネタ, リアルでうまく生き抜きたい

ad

ad

Comment

  1. 久保 より:

    大変参考になりました。
    先月末の時点では新宿では10枚1組、465円(1枚46.5円)で売っていた場所が多かったです。

  2. 通りすがり より:

    新宿、新橋共に、44円が12月5日時点で出てますね
    新橋で常連になってる店情報では
    下旬には40円きるかもって言ってました。

  3. 女性 より:

    ためになるブログ、ありがとうございます。私はなかなかお店で値段きくのが苦手です。買うときも売る時も、どういうふうに聞いたらいいのでしょうかねぇ。
    新宿は、インクジェット紙が46.5円で、普通紙は48円でした。あと、安売りチケット屋はどうも愛想がよくない店があるきがします。すいてる店の店員は愛想がよくない。こっちも少しくらい安くても、もうきたくないと思いました。

  4. いの より:

    本日、新宿で
    200枚完封45円/枚、バラ売り46円/枚でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

クロネコヤマトのクロネコポイント抽選商品に応募してはずれたけどわざわざミニカーが送られてきた話

クロネコヤマトの「クロネコメンバーズ」に登録。サービスのひとつ「クロネコポイント …

Lenovo(レノボ)のカスタムパソコンの納期はどのくらいかかるのか?自分が購入した5台の日数を追ってみる

Lenovo(レノボ)のカスタムオーダーでノートパソコンを注文。 納期は実際のと …

自家用車vsカーシェアリングvsレンタカーのコスト比較をしてみる

車にまつわるお金は「自家用車」と「カーシェアリング」と「レンタカー」、どの方法が …

電子雑誌読み放題アプリを比較するならまず「dマガジン」を試すべし

雑誌って「かなり読む派」と「まったく読まない派」の二極化しているのかな? なんて …

家電量販店のポイント還元は税抜と税込価格どちらで計算?を各社比較してみた

ふと疑問に思う。「家電量販店のポイント還元」って、消費税の「税抜き価格」に対して …

まだ使える温かいカイロを一時中断して復活させる方法

「まだ使える温かいカイロを一時中断して復活させる方法」真冬は重宝します。 なんか …

おつりはでる?でない?商品券・ギフトカードのおつりの法則

商品券によって「おつりがでる」「おつりがでない」があります。 実は、この区分けに …

L.L.Beanファミリーセール現地報告。招待状の条件や初日待ち時間など傾向と対策を書き残しておく。

L.L.Bean(エルエルビーン)のファミリーセール。正式名称は「L.L.Bea …

スカイツリーを間近で眺められるないしょの穴場展望台を教えるね

2013年度、東京スカイツリー本体の展望台が悪天候でエレベーターが動かせずに営業 …

次のパルコのバーゲンセール「グランバザール」はいつ?2017年冬

毎年、冬(1月)と夏(7月)に開催するパルコのバーゲンセール「グランバザール」 …