子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

年賀状(年賀はがき)の金券ショップ販売価格はいくら?汗と涙の調査結果 2018年年末版

      2018/12/08

金券ショップの年賀はがきの価格 (4)

1枚62円の年賀はがきは、金券ショップで一体いくらで売られているのだろうか?

東京だといくらが相場なのだろうか?

2017年6月1日から通常はがきの料金は52円→ 62円に値上げ。しかし2018年のお正月は2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)までの投函に限り、年賀はがきを旧価格の52円にします!という奇策を郵便局が打ち出し。

なので、62円の年賀はがきで迎える実質はじめてお正月が2019年のお正月です。

節約のため、金券ショップはよく使う。二束三文で投げ売りされている期限切れ直前の株主優待券とか大好き。その流れでなんとなく始めた「年賀はがきの金券ショップ価格調査

さて、2019年年賀はがき(調査日:2018年11月と12月)の相場はどうなっているのか? 値段はいくらだろうか?

過去4年の傾向から、東京のチケットショップ激戦地区「新宿」「新橋」のみの金券ショップの価格を調べてきました。この2つの街が最安値で、他の街はさほど安くない。やっても疲れるだけ。手抜きじゃないです。たぶん。

調査結果をまとめ、そこから平均価格を導いてみます。

スポンサーリンク

 

過去の年賀はがき価格調査ダイジェスト

まず過去4年、東京での年賀はがき価格調査結果をおさらいしておきます。

 

2015年年賀はがき価格調査結果

調査日:2014年11月

2014年4月の消費増税で、ハガキ1枚50円→ 52円に値上がり。値上がり後、初めて迎えた年賀はがき販売です。

  • 東京(新宿・新橋・御徒町・池袋・神田・渋谷)の相場は、定価52円を48円~50円で販売。最安値は48円。最大7.6%オフ。平均は49円、50円のライン。
  • どこのお店も10枚単位のセット販売が基本。100枚以上購入の場合、さらに値引きされるパターンもあり。
  • 2013年年末まで普通紙とインクジェットの価格差をつけていたお店が見受けられたが、2014年年末は見かけず。
  • 神田・渋谷・池袋はやる気がなく、「新宿」と「新橋」が最安。バラ売り1枚可で最安値の店もあり、チケットショップがひとつの区画に密集しているので価格比較がしやすく、ユーザーも買いやすい。

新宿と新橋にとりあえず行けば良し、というひとつの方向性が見えた。

 

2016年年賀はがき価格調査結果

調査日:2015年11月

  • 東京(新宿・新橋・御徒町・池袋)の相場は、定価52円を47円~51円で販売。最安値は46.5円。最大11.5%オフ。どこも前年より1枚1円ほど全体的に安い傾向。平均は48円、49円、50円のライン。
  • どこのお店も10枚単位のセット販売が基本。バラ売りは希少。200枚以上購入の場合、さらに値引きされるパターンもあり。
  • 東京ならやっぱり「新宿」と「新橋」が最安でおすすめ。

また、12月最終日曜日に「新宿」「新橋」の店頭価格を再調査。

  • 新宿:10枚単位46.5円、46円が容易に見つかる。11月上旬より1枚あたり1円値下げ。
  • 新橋:11月上旬と同じく47円、48円もありながら、10枚単位で45.3円、46.5円などが多数。

年賀はがき発売直後の11月上旬より、在庫をさばくモードに突入する12月末のほうがあたりまえですが安くなるという傾向も見えました。

 

2017年年賀はがき価格調査結果

調査日:2016年11月

  • もう価格調査は「新宿」と「新橋」しか行かない。手抜きじゃない。省エネです。
  • 新宿の相場は、定価52円が1枚46.5円~49円。2014年年末、2015年年末には消えていた「インクジェット紙」と「普通紙」の価格差が、2016年年末には新宿の2店舗だけあったのがひっかかる。
  • 新橋の相場は、定価52円が1枚47円~50円。
  • 最安値は新宿での200枚単位の46円。平均値は47円。

 

2018年年賀はがき価格調査結果

2017年6月1日からは通常はがきの料金は52円→ 62円に値上げ。

62円になって初めてのお正月のはずが、2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)までの投函に限り、年賀はがきを52円に値下げというびっくり仰天の方法を郵便局が取ってきた。

調査日:2017年11月

  • 新宿の相場は、定価52円が1枚47.5円~49円で販売。47.5円(200枚完封)が最安値。
  • 新橋の相場は、定価52円が1枚46.5円~51円で販売。46.5円(200枚完封)が最安値。
  • 一番密集しているのは48円~49円のライン。最安値は46.5円。最大10.5%オフ。

 

金券ショップの年賀状販売価格(2018年年末調査)

価格調査の前提

金券ショップの年賀はがきの価格 (3)

調査日:2018年11月上旬と12月上旬

調査対象:11月1日発売の2019年(平成31年)年賀はがき 無地の普通紙とインクジェット紙

調査エリア:新宿、新橋。過去4年で行って全然安くなかった神田・渋谷・御徒町・池袋はスルー。したいけど御徒町と池袋は見た。

対象店舗:ふらふら歩いて目についた店を適当にピックアップ。

掲載価格:1枚あたりの単価に計算し直してます。カッコ内に詳細を補足説明。「10枚単位、200枚完封でないとその値段で売らない」というセット販売の縛りがあるお店がほとんどです。

 

「新宿」のチケットショップ

過去の年賀はがき最安値地域「新宿」からまずは調査開始。

新宿の金券ショップ密集地は競争原理が働き、買取・販売価格は東京でも一番の好条件です。具体的には、西口のチケットショップ密集エリアをチェックするだけで十分です。

お店の名前書いちゃうと問題が多そうなので伏せます。これでも街ごとの相場感は把握できるはず。

【2018年11月上旬の調査】

  • A店:60円(10枚単位)
  • B店:58.5円(200枚単位)
  • C店:59円(1枚売り可)
  • D店:61円(10枚単位)
  • E店:60円(10枚単位)
  • F店:58.5円(200枚単位)
  • G店:61円(1枚売り可)

あいかわらず、新宿は店頭に販売価格をデカデカと掲示したり、かなり積極的に販売中。激戦区だけあります。

新宿の相場の経緯をまとめておくと

  • 2015年年賀状:定価52円が1枚48円~50円
  • 2016年年賀状:定価52円が1枚47円~49円
  • 2017年年賀状:定価52円が1枚46円~49円
  • 2018年年賀状:定価52円が1枚47.5円~49円
  • 2019年年賀状:定価62円が1枚58.5円~61円

こんな感じ。200枚完封の1枚あたり58.5円が最安値。

 

【12月上旬の調査】

※注意:11月上旬の時とA~F店の振り分けは同じお店ではないです。あくまでA~F店は暫定でつけているだけ。

  • A店:61円(200枚単位)
  • B店:品切れ
  • C店:品切れ
  • D店:61円(200枚単位)
  • E店:61円(10枚単位)
  • F店:61円(10枚単位)

12月に入って需要が多いため、どこのお店も在庫が枯渇している印象。1枚61円の横並びでした。

 

「新橋」のチケットショップ

金券ショップの年賀はがきの価格 (1)

新宿と双璧をなして金券ショップの買取・販売相場が優良なのが「新橋」

近所の東京駅(八重洲口)や有楽町にも金券ショップがありそうな雰囲気ですが、家賃が高いからか、意外とお店の数は少ないしお値段は高め。なので新橋を推奨します。

基本的に、JR新橋駅前の「ニュー新橋ビル」の中にある金券ショップ群だけをチェックしておけばOKです。

【2018年11月上旬の調査】

  • H店:59円(200枚単位)
  • I店:59円(10枚単位)
  • J店:61円(1枚売り可)/60円(10枚単位)
  • K店:59円(10枚単位)
  • L店:59円(200枚単位)
  • M店:61円(1枚売り可)/60円(10枚単位)
  • N店:60円(10枚単位)
  • O店:60円(1枚売り可)
  • P店:61円(1枚売り可)/60円(10枚単位)
  • Q店:61円(1枚売り可)
  • R店:60円(10枚単位)
  • S店:60円(10枚単位)

あれ?昨年よりニュー新橋ビルの中のチケットショップ、増えた?

新橋の相場の経緯をまとめておくと

  • 2015年年賀状:定価52円が1枚48円~50円
  • 2016年年賀状:定価52円が1枚47円~50円
  • 2017年年賀状:定価52円が1枚47円~50円
  • 2018年年賀状:定価52円が1枚46.5円~51円
  • 2018年年賀状:定価62年が1枚59円~60円

です。

1枚バラ売り可のお店が多い。新橋という土地柄、ビジネス需要も多いからか200枚単位の販売多し。店頭在庫はたんまり積んであります。

 

【12月上旬の調査】

  • H店:61円(10枚単位)/58円(200枚単位) ※これたぶん在庫ないです見せかけ表示?
  • I店:品切れ
  • J店:61円(1枚売り可)
  • K店:61円(200枚単位)
  • L店:61円(200枚単位)
  • M店:61円(1枚売り可)
  • N店:品切れ
  • O店:61円(1枚~9枚)/60円(10枚以上~)
  • P店:61円(1枚売り可)
  • Q店:60円(10枚単位)
  • R店:62円(10枚単位)

平均値が61円のライン。新橋も全体的に1~2円値上がりしてます。金券ショップなのに62円の定価販売もあり。

 

まとめ

金券ショップにおける年賀状販売価格の傾向

2019年(平成31年)年賀はがき_金券ショップの値段

2019年(平成31年)年賀はがきのチケットショップにおける販売価格、全体の傾向をまとめます。

  • 東京の平均相場は、定価62円を58.5円~61円で販売。最安値は58.5円。最大5.6%オフ。
  • 昨年(2017年年末)は割引率が最大10.5%オフだったため、値下げ幅が最大5.6%で少なくなっている傾向あり。
  • 1枚あたり60円~61円のラインが一番多い価格帯。
  • 12月上旬になるとどこのお店も在庫が少なくなるようで強気の値段設定。11月上旬と比較して1枚1~2円ほど値上げ。
  • シーズンによっては普通紙とインクジェット紙に1円ほど差額が出るパターンもあったが今年は見かけない。

その他気付いたことをまとめておくと、これは例年通りでもありますが

  • 同じ金券ショップチェーン店(ぶっちゃけ大黒屋)でも、店舗によって販売価格が異なる。近隣の競合ショップとの兼ね合いから価格が決定しているもよう。
  • 競合店の価格と在庫を見ながらデイリーで価格変動している様子。例えば新橋では店頭の値札へ手書きで修正が入ってました。10枚単位、200枚単位といった枚数縛りも解除したり、縛りをかけたりと変わるようです。

ちなみに上野・御徒町界隈のチケットショップも見たのですが、だいたいがバラ1枚61円、10枚単位60円。

池袋は、バラ1枚61円でした。

新宿と新橋の金券ショップ激戦区の優位性は、昨年(2017年)までほどは今年(2018年)はなさそうです。

 

年賀はがき1枚60円~61円が妥当ラインか

他の街やエリア内の金券ショップをしらみつぶしに調べれば、もうちょっと違う結果になる可能性は否定しません。

しかし、金券ショップ激戦区の新宿・新橋の相場が東京都内のベースとなるのは過去4年の調査から明らかで、上記の全体的な相場感から大きく結論がブレることはないんじゃないかなと思っています。

2014年4月の消費税増税で切手代が値上がりしたこともあり、2014年年末における金券ショップ各店の価格設定は探り探りでした。そこから2015年年末、2016年年末、2017年年末と2014年比で1枚あたり1円ほど単価が下がったまま相場は推移。

そしてまた2018年年末は値上げの影響で各店探り探りの様子が再来。しかも割引率がかなりしょぼい。こんなにしょぼいとは思いませんでした。

調査結果から、2018年年末は1枚あたり60円~61円くらいなら万々歳のライン。

枚数によりますけど、正直言って、金券ショップで買うメリットあるのか?というレベルです。

法人利用など大量の枚数を使うのであれば交通費をかけて最安値を狙うのもありですが、近所の金券ショップなどでも1枚61円くらいは普通に出ているはずなので、家庭用の使用枚数ならそこらで手を打つのが無難かもしれません。

昨年(2017年)までの割引率で考えたら、1枚62円が56円くらいになってもおかしくないのに、なぜこんなに割引が渋いのか。

来年以降(2019年)の動きに注目です。

 

おわりに

これ調べるの、けっこう手間がかかります。

ちょこちょこと歩いておかげさまでいい運動になりました。これやるたびに、まだネットで最安値リサーチなどできない頃、家電を買うために最安値を拾いに何軒もの家電量販店をハシゴしていたことを思い出します。

最近はネット、しかもスマホの普及で店頭で最安値を調べられるという、あの頃に比べたら夢のような時代。「価格を足で拾う」なんて非効率なこと、誰もやらなくなってますものね。

「最安値リサーチの時間短縮」は、ネット普及の最大の功績のひとつです。売っている側はたまったもんじゃないと思いますが。

そんな時代に逆行して時間をかけて足で拾った価格情報が、年賀はがき代を節約をしようと思っている方の時間短縮のお役に立てますと嬉しいです。

 

※ 年賀状印刷を専門の印刷屋さんに頼むことで年賀はがきの切手代62円が割引になる方法もあります。そんな割引をやってるのは業界大手の「挨拶状ドットコム」。1枚につき「2円引き」の「60円」になります。

参考 挨拶状ドットコムの年賀状印刷

実際にここに年賀はがき印刷を頼んだ結果のレビュー書いてますのでもしよかったら。

関連記事 宛名印刷無料が売りの挨拶状ドットコムに年賀はがき印刷丸投げしてみた(3年目)

 

 - お得ネタや節約ネタ, リアルでうまく生き抜きたい

ad

ad

Comment

  1. 久保 より:

    大変参考になりました。
    先月末の時点では新宿では10枚1組、465円(1枚46.5円)で売っていた場所が多かったです。

  2. 通りすがり より:

    新宿、新橋共に、44円が12月5日時点で出てますね
    新橋で常連になってる店情報では
    下旬には40円きるかもって言ってました。

  3. 女性 より:

    ためになるブログ、ありがとうございます。私はなかなかお店で値段きくのが苦手です。買うときも売る時も、どういうふうに聞いたらいいのでしょうかねぇ。
    新宿は、インクジェット紙が46.5円で、普通紙は48円でした。あと、安売りチケット屋はどうも愛想がよくない店があるきがします。すいてる店の店員は愛想がよくない。こっちも少しくらい安くても、もうきたくないと思いました。

  4. いの より:

    本日、新宿で
    200枚完封45円/枚、バラ売り46円/枚でした。

  5. ささみ より:

    凄くためになりました。懸賞応募でハガキが大量に必要だったのですが、年賀状が安く手に入るなら良いなと思っていたところです。今年の12月まで待ち遠しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

次の伊勢丹・三越のバーゲンセールはいつから?2019年冬

例年、冬(1月)と夏(7月)に開催する伊勢丹と三越のバーゲン「クリアランスセール …

【2018年11月】無印良品「無印良品週間」はいつから?→11月17日からです。

年に5回開催される無印良品が10%オフになる割引期間「無印良品週間」 毎年11月 …

個人情報流出の被害者への慰謝料の相場はいくらなのか?を調べてみた

財布の中を整理していたら、500円の図書カードが出てきて。 「なんでこんなものが …

大手家電量販店の延長・長期保証サービスを比較してみる

実店舗で商品を下見して、価格の安いネットで買うことを「ショールーミング」と言うん …

「喪中はがき」や「弔事用切手」を安く買う方法があった!

「喪中はがき(喪中欠礼はがき)」や「弔事用切手」をできることなら安く購入したい。 …

L.L.Beanのファミリーセールってどんな感じ?こんな感じです。

毎度おなじみ、L.L.Bean(エルエルビーン)非公認、トートバッグファンブログ …

2018年3月のルミネカード10%オフはいつから始まる?3月8日からです。

ルミネカード会員限定の10%オフセール。 例年春の回は3月前半に実施されるのです …

auに乗り換える時は、郵便局の「お取次ぎサービス」でオリジナルグッズをもらおう

auと契約するときにちょっと得する方法 auの携帯電話へ他社から乗り換える時、新 …

ヤマトの荷物追跡はお問い合わせ伝票番号をそのままGoogleで検索すればOK

ヤマトの荷物追跡をするとき、1.「ヤマト」を検索→2.荷物お問い合わせシステムに …

東京スカイツリータウンのクリスマスプロジェクションマッピングがちょっとすごい

東京スカイツリーのふもと「東京スカイツリータウン」の壁面に投影される、クリスマス …