子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

レノボのパソコン延長保証・有料保守は何を追加すればいいのか?を一緒に考えてみよう。

      2017/09/03

レノボのパソコン_延長保証や追加保証はどれをつけたらいいのか

レノボのパソコンはメーカー保証「1年」

それに追加でお金を支払えば、保守サポート期間の延長や、通常保証の対象外の故障(例:パソコンを落として壊した)にも無料で修理をしてくれます。

じゃあ、期間延長、追加の保証、どれを追加すればいいの? どこまでやれば安心なの?

まじめに答えると「ユーザーそれぞれだからなんとも答えようがない」

それじゃ元も子もない。足かけ15年、IBM時代からThinkPad漬け。そんないちユーザーはレノボのパソコン利用と故障履歴から、保守サポートの延長やアップグレードをどう検討し、どの追加保証サービスに入っているか。

ついでに実際に修理サポートを受けてみた感想もまとめてみます。

  • レノボのパソコン、保証のアップグレードどれを選んだらいいの?
  • レノボの修理サポートってどうなの?

お悩み中の方に自分の経験が参考になりましたら嬉しいです。

スポンサーリンク

 

レノボのパソコン保証アップグレードのおさらい

レノボの保証アップグレードの基本

レノボの延長保守

詳細は公式サイトに記載がありますが、レノボの追加保証について、まず事前に知っておいたほうがいいと思うポイントだけまとめておきます。

  • レノボの商品によって、提供される保守アップグレードの内容はそれぞれ異なる。タブレットは保証期限の延長のみしか用意されていないし、デスクトップパソコンには内蔵バッテリーがないので内蔵バッテリー交換サービスがない、など。
  • レノボの保守は、2016年夏から群馬県太田市のNECパーソナルコンピュータ群馬事業場にて修理を実施している。2011年にレノボとNECは事業統合。
  • 保証期間や保証サービス内容は、パソコンの「シリアル番号」に紐付いている。問い合わせ時にシリアル番号がないと話が進まない。パソコン本体の裏シールに書いてある。
  • 修理が必要な場合、レノボのサポートサイトからシリアル番号と状態を連絡。メールやチャット、電話経由で対応を相談してから修理のステップへと移る。対応はすごく丁寧。
  • 修理の状況は、修理依頼の際に発行される「お問い合わせ番号」と「シリアル番号」を入力すると、ネット上で詳細の状態をきちんと追うことが可能。

レノボのノートパソコン修理状況の確認

  • 基本の「引き取り修理」は、佐川急便の精密機器引き取りサービスを利用。9時~12時、12時~15時、15時~18時の引き取り時間帯指定が可能。もちろん引き取りの日も指定できる。
  • 保証期間内であれば、引き取り、戻しの送料も0円。
  • 故障状況によっては、「無償修理の対象」「有償修理の対象」と判断が分かれる場合もあり。チェック結果と有償修理の見積もりについては連絡が来る。無償修理なら連絡が来ずそのまま修理に入ることも。それぞれの状況による。
  • 修理にかかる日数は、「7日~10日ほどかかる」と公式には言っている。もちろん故障の状況、混雑ぐあい、祝日や休日によるのは言わずもがな。
  • 追加保守サービスは、標準保証1年間の間であれば追加で入ることが可能。後日、よく考えて加入することもできる。ただしパソコン購入時の同時加入のほうがキャンペーン適用で安い場合も。あと、1回入ったら2回目の追加はできない。

押さえておいたほうがいいポイントはこのくらいでしょうか。

 

レノボの保証オプションの基本

レノボの保証オプションは細かく分かれています。これについても知っておきたいポイントをまとめておきます。

  • 「アクシデントダメージプロテクション」は、自然故障などに加えて落下やカバンごと盗まれた盗難や電車の中に忘れた紛失などにも対応。
  • 「アクシデントダメージプロテクション」は、修理料金15万円まで無償対応。「アクシデントダメージプロテクション・プラス」だと15万円以上も上限なしで無償対応。現状だと「プラス」が用意されているのはX1シリーズだけ。
  • 「ハードディスク返却不要サービス」とは、修理の際にハードディスクやSSDの交換が必要になった場合、本来であれば故障したハードディスクはSSDはレノボが回収するが、回収せずにユーザーに返却するサービス。セキュリティの問題などから返して欲しければこれ。
  • 「内蔵バッテリー交換サービス」は、「そろそろバッテリーの減りが早くなってきたから交換してもらおうかな」といったユーザー判断では交換してくれない。診断ツールがエラーを吐くか、明らかに壊れないかぎり、レノボはバッテリー交換をしない。渋いなおい。
  • 「オンサイト修理」は、修理の人が出張して修理してくれるサービス。月曜日~金曜日、9時~17時の時間帯で対応。修理依頼の受付は、24時間体制。
  • オンサイト修理も限界がある。その場の判断で引き取り修理に切り替わる場合もあり。
  • 一部モデルは、当日依頼、当日修理の「当日オンサイト修理」オプションあり。月曜日~土曜日、8時~20時までの時間帯で対応。

特に「内蔵バッテリー交換サービス」は、勝手に期待してはいけないサービスです。

以前のモデルだったらバッテリーが外部についていて取り外し可能。別売りバッテリーを購入すれば子どもでも交換できたのですが、今は内蔵バッテリーが主流。中を開けてあれこれやらねばならず、素人が交換するのは難しいです。

例えば、ノートパソコン X1 Carbonの内蔵バッテリー交換はレノボの公式修理に依頼するとだいたい2万5千円くらいかかる。診断ツールがエラーを出してくれない限り保証に入っていても交換してくれないため、必要な時に実費を払って交換したほうがいいのか。このあたりの判断は難しいところ。

バッテリーは2年使えばだいたいヘタります。一般的なバッテリーの寿命は2年~3年と言われてます。

参考 レノボ公式サイト「Lenovoサービスと保証および保守(ビジネス)」

参考 レノボ公式サイト「Lenovoサービスと保証および保守(個人)」

 

どの追加保証に入ればいいのか?を考える

どの追加保証に入ればいいのか?への回答

lenovoのパソコン_延長保証や追加保証 (1)

「ユーザーそれぞれ」としか言いようがありません。

ユーザーごとの使用環境、どのくらいの時間使うのか、毎日パソコンを持ち歩けば破損や紛失のリスクも高くなります。

長い期間使うのが前提なら長期保証が有効かもしれないし、パソコンを消耗品と割り切って短いスパンで買い替えるのであれば保証は短くて良い。

壊れないまま保証期間を完走し、保証サービスの出番がないかもしれない。安心にどこまでお金を払うか。考え方ひとつだし、追加保証の金額を高いと感じるか安いと感じるかの金銭感覚もさまざまです。

なので「ユーザーそれぞれの状況を見てみないとなんとも言えない」となってしまいます。

じゃあ、過去の経験から、僕はどう延長保証、追加保守サービスを検討しているのか。実際に何に入っているのか。

ひとつの考えを示してみます。

 

レノボのパソコンはどのくらいで壊れるの?

lenovoのパソコン_延長保証や追加保証 (3)

まず、過去に使ったパソコンの故障歴を振り返っておきます。

これだけでレノボの耐久性をわかったような口調で語るのがちょっと違うのはわかってますが、参考までに直近のレノボのパソコン3台の故障歴です。ここ8年くらいを振り返ってみます。

それ以前は会社支給のThinkPadの最新モデルを2年リース更新で使用しており、2年間の返却までになにかトラブった覚えはありません。

あー、落としてラッチ部分(閉じるとカチッとなる鍵部分)を割ったくらいです。会社支給だったので、今より雑に扱っていたのは間違いない。最低な社員です。

その後、会社がリーマンショックで潰れたので自営業になって自腹でパソコン買うように。

とりあえず記憶に残っている直近3台だけ振り返っておきます。正確に言うと買ったのは5台だけどそのうち1台は最近買ったばかり。もう1台は妻専用で使用頻度がそもそも低く2年間トラブルなし。酷使したのは5台中の「3台」になります。

使用頻度はかなり波があるのですが、1年あたり2000時間以上は使い倒している。しょっちゅう持ち歩いて鞄はバコバコぶつける。酔っ払って電車の網棚から鞄ごと落下衝撃実験。パソコンは消耗品だと思っているので基本、そこまで大切に扱わない。とはいえさすがに放り投げたり踏んづけたりはしないです。そんな感じ。

このような使い方だと、だいたい1年半~2年くらいのタイミングでパソコンの動きが鈍くなってくる。「1年半酷使すると何らかのトラブルは必ず出てくる」という持論があります。

性格がせっかちなのでパソコンに限らず、機械に待たされるのがとにかく嫌。さっさと動くのが何よりも第一優先。

パソコンは単なる道具だと思っており、パソコンのスペックや仕組みに興味はさほどありません。中を開けてメモリの増設くらいまでならやるけど、SSDの換装など細かい手順を踏んでやる作業は不器用なのでやりたくないです。

そもそも説明書読みながら手順を追う作業がすごく苦手。プラモデルなんてやろうとも思いません。

では、直近3台の故障歴を見ていきます。

 

ノートパソコンX200の故障歴

lenovoのノートパソコン故障履歴(ファンエラー)

2009年、新品購入。延長保証、追加保守サービス入らず。

使用2年でファンエラー発生。ファンの不良でパソコン自体が立ち上がらなくなる。

パソコンの中でファンが回って冷却しているのですが、ずっと回転しているファンがおかしくなるのはよくあるパターンのようです。

レノボ公式サイトにアップされている保守マニュアルを見ながら中を開けて、ファンの掃除、グリスを塗るなど付け焼き刃の対処。

たまにファンエラーが出るけど同じ対処法で復活するため、だましだまし3年使い続けました。ファンを新品に交換すればまだ使えると思う。

 

ノートパソコンX220の故障歴

lenovoのノートパソコン故障履lenovoのノートパソコンの故障と修理履歴歴(ファンエラー)

2012年、新品購入。2年の延長保証に加入しました。

延長保証が切れた使用2年ちょっとのタイミングで、いきなり前兆もなく作業中にブチっとパソコンが落ちて画面が真っ暗→ 勝手に再起動がかかるトラブル発生。

最初は1週間に1回、そこから1日に1回、最後は午前と午後1回ずつの頻度へ。

リカバリーをかけて工場出荷状態へ初期化しても症状改善せず。ネットで調べても原因がわからないので、東京の秋葉原にあるThinkPad専門を掲げている一般のお店へ持ち込みました。

お店の人がいろいろチェックしても「現象出ず」。仮に保証期間内であってレノボに持ち込んでも「現象出ず」でそのまま戻ってきた可能性が高い。

しいて挙げれば「ファンのトラブルで冷却されてないのかも?」と言われたので、そろそろ使用2年半でファンエラーも頻発しそうだしということでファンを新品交換。修理代は工賃・部品代含めて13,800円。

部品をオークションで落として自分で修理しても良かったけど上で書いた通り、うまく出来る気がまったくしない。

その場にてすぐに1時間くらいで直してくれました。ついでにクリックボタンの左部分から異音がしていたのをサービスで新しく交換してくれました。親切でいいお店だった。

修理後、急に落ちる現象は出なくなりました。賭けに当たった感じで、問題なくちょうど3年使用のタイミングで次のパソコンへ。OSがWindows7なので、ソフトの都合上、今でも1ヶ月に1回くらい使ってます。

 

ノートパソコンT450sの故障歴

2015年、新品購入。前のX220の経験から長め3年の延長保証、キャンペーンで安かったためアクシデントダメージプロテクションもつけました。

このパソコンは今までで一番派手に落としまくってますが、壊れません。

液晶にタッチパネル、6セルの一番でかいバッテリーを搭載しているため、重量が2kg近くあり死ぬほど重い。これ買った時の自分は頭おかしかったんだと思う。体力でカバーできるほどもう若くない。

使用1年半でクリックボタンの左、中央から異音トラブル発生。使用頻度の低い右のクリックボタンと明らかに異なり、押すたびに「カチャカチャ」とうるさい。

トラックポイント(ThinkPadの赤いポッチ)の操作性が好きで、それがThinkPadを使い続けている理由のひとつなため、単純に使いすぎで壊れただけと思われます。

レノボのパソコンのクリック分が壊れて修理へ

「部品だけを送ってくれればこちらで交換します(できるか不安だけど)」とレノボの修理受付へ相談も、T450sのクリックボタンはアッパーケース(キーボードの周囲の部品)と一体型なのため一般ユーザーでは交換できないとのこと。

まあ普通に使えるので困らないしいいや、としばらく放置。

とはいえ2kg近くの重量がさすがに嫌になり、利用2年の段階で次の新しいThinkPadを購入。T450sはレノボの引き取り修理を依頼しました。延長保証3年(引き取り修理)の期間内なので無償対応です。

日時指定で佐川急便の「精密機器引き取りサービス」が引き取りに。

レノボの修理の回収_佐川急便の伝票

専用の箱とクッションで梱包。個人情報が入っているパソコンなので厳重に扱うとのこと。最後に結束バンド(ハサミで切らない限り、切れないベルト)で留める念の入れようで引き取っていきました。

レノボの修理の回収は佐川急便

佐川のお兄さんに「箱の写真撮らせてください」ってお願いしたら快く撮らせてくれた。

ちなみに「この【精密機器引き取りサービス】の利用ってしょっちゅうあるんですか?」と聞いたら、「1ヶ月に1回くらいですかね。パソコンやスマホをメーカーが回収する時に使います」とのことでした。

今回の修理スケジュールですが

  • 月曜日の昼間に集荷(東京都内から)
  • 火曜日の昼に群馬県太田市の修理工場へ到着しているのを追跡番号から確認。
  • 工場到着の翌日水曜日には修理上がりで先方から発送。佐川の追跡番号から集荷は16時頃。
  • 木曜日の昼過ぎには手元に届く。

修理にかかった日数「4日」。ものすごく早いです。

修理依頼の際に発行される「お問い合わせ番号」と「パソコンのシリアル番号」を入力すれば、修理状況がオンラインで確認できます。その確認をする間もなく手元に戻ってきた。

戻りも佐川の精密機器引き取りサービスのパソコン便でした。同じ箱とクッションに梱包。佐川のお兄さんに「開封のためにハサミを貸してください」と言われ、目の前で結束バンドを切って開封。

パソコンはビニールシートに包まれていました。

lenovoのパソコンの修理上がり

修理工場の見立ては、アッパーケース(タッチパッド・クリックボタン含む)の故障。すれてテカっていたパームレスト部分(手首が当たる部分)も全て新品になって戻ってきました。

Lenovoのパソコンの修理が完了

lenovoのパソコンを修理に出して戻ってきた (3)

キーボードの摩耗テカリはそのままなので替えてくれていません。

インテルCPUのかすれたシールがご丁寧に移植してあったのにはちょっと笑ってしまいました。

lenovoのパソコンを修理に出して戻ってきた (4)

lenovoのパソコンを修理に出して戻ってきた (1)

このシール、剥がしにくいからキレイに剥がすの苦労したと思います。一生懸命剥がしてくれたんだろうけど、接着力が落ちておりすぐに取れたので捨てました。お疲れ様です。

 

追加保証について僕の結論

法律で企業の会計上ではパソコンの耐用年数は4年と決められてますが、ハードに酷使したら4年の間に必ずトラブルに見舞われます。

自らの経験より、レノボのThinkPadは仕事でガンガンに使って「1年半~2年」で何らかしらちょっとトラブルの兆候が出てくる。

3年使えば引退させて何かあった時のバックアップ機へ。

このくらいの感覚でいるのが、データが飛んだりパソコンが突然死したら慌てふためく仕事利用では良いような気がします。僕の場合は、仕事もプライベートもこのブログ書いているのも全部1台ですが。

パソコンを1年おきに買い換えるユーザーもいますし、5年~10年使うユーザーもおり、使用環境・使用頻度もそれぞれ。「1年半~2年でトラブルが発生する説」はあくまで僕の感覚です。

今までハズレを引いたことがないだけで、数ヶ月でパソコンが突然死する可能性があることもわかっています。

ということで、自らの経験から言うなら、延長保証・追加の保守オプションは「3年延長保証(引き取り修理)」が妥当。3年以内に何かが起こって延長保証の金額くらいはペイできる。

これにさらに予算的なゆとりがあれば、落下事故なども保証してくれる「アクシデントダメージプロテクション」を追加。

他の「ハードディスク返却不要サービス」「内蔵バッテリー交換サービス」「オンサイト修理」は購入モデルや必要に応じてどうぞ。僕は必要ないかな、です。

参考 レノボ公式サイト「Lenovoサービスと保証および保守」

 

さいごにまとめ

レノボの保守・サポートについて思うこと

lenovoのパソコン_延長保証や追加保証 (2)

「レノボのパソコンが壊れた」「サポートが悪い」との評判をネット上でよく見かけます。

レノボのパソコンは分類すると

  1. 中国で開発して、中国で生産するモデル
  2. 日本で開発して、中国か日本のどちらかで生産するモデル

とざっくり大まかに2種類存在します。レノボ自体は中国のメーカーなのですが。

大きな違いは開発が中国で行われているか、日本で行われているか。

「日本開発のモデル」である上位機種のThinkPad、ThinkCentreなどは、レノボに身売りされる以前のIBM時代から神奈川にある「大和研究所」というところで研究開発されており、実はメンテナンスのしやすさを含めて日本の最新技術が搭載されたパソコンなのです。

「中国開発のモデル」の安いモデルはそういったメンテナンスの概念がなく、壊れたら修理せずに買い換える発想が強め。中国開発モデルを父親が買って使っていたけどあれは本当にダメだ。作りの根幹が違う。

価格.comなど口コミサイトで文句を言っているユーザーは安いモデル所有者が多い。ThinkPad、ThinkCentreシリーズに関しては、保守・サポートがしっかりしていて保守マニュアルもきっちり公開されておりユーザー自らメンテナンスする余地も残されています。

価格はちょっと高いかもしれませんが、使い勝手やメンテンナンス性含めても大和研究所の魂が入っているThinkPadはダテじゃない。

僕自身、15年近くThinkPadを使っており、信頼感が段違い。富士通のFMVやソニーのVAIOに浮気もしましたが、ThinkPadに戻ってきた。周囲の人におすすめのパソコンを聞かれたら間違いなく「ThinkPad」をおすすめしてます。

可能であれば、ブランドの意地とお金をかけて研究開発している、フラッグシップモデル(TシリーズよりはXシリーズ)をおすすめします。売れるモデルと売れないモデルはキーボードの打ち心地ひとつ取っても、開発のお金のかけ方が異なるためです。

 

追加保証はつけたほうがいい

最終結論を申し上げます。

それぞれの予算はあると思いますが、延長保証、追加保守サービスは「つけたほうがいい」

通常故障に対する引き取り修理の延長保証は、2年・3年・4年と用意されているけど「3年」が適切。あとは落下事故なども保証してくれる「アクシデントダメージプロテクション」も可能であればオプションでつける。

ちなみに直近で買ったX1 Carbon 5thにも「3年延長保証」に「アクシデントダメージプロテクションプラス」をつけました。だいたいパソコン購入金額にプラス2万円の保険料です。3年の利用で考えると、1ヶ月あたり500円ちょっとの保証コスト。

以前、レノボのサポートに電話してパソコンの構成を相談したついでに「延長保証って何年を契約する人が一番多いんですか?」を聞いたところ、「3年ですね」と回答もらいました。理由は「購入時のキャンペーン価格で一番お手頃だから、みんなここで手を打つ」とのこと。

やはり3年。妥当かなと思います。

未来のことは誰もわからないし、安心料としての保証も金額も捉え方はユーザーそれぞれ。

外へ持ち歩くノートパソコンなら、故障のリスクは当然増えます。可能であれば、レノボの延長保証、追加保守サービスはつけておいたほうがいい。

「延長保証と追加保守、どうしよう?」とお悩みの方の参考になりましたら幸いです。

参考 レノボショッピング「最新セール情報!今週のおすすめ」

関連記事 Lenovo(レノボ)のパソコンを安く買うコツぜーんぶ書き出しておく
 

 - リアルでうまく生き抜きたい

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

iTunes上でAppleMusic無料お試し終了後に解約予約する方法を解説しておく

とりあえずApple MusicをパソコンのiTunesで試してみた。新しいモノ …

【2016年夏】ルミネのセール「ルミネ・ザ・バーゲン」は7月14日から。傾向と対策を考える。

セール開始の1ヶ月前にルミネカード会員にセール告知のハガキ送ってくるんだから買い …

無印良品×マルイで無印19%オフの圧倒的破壊力を検証する

無印良品の商品が10%offになる「無印良品週間」と、マルイ(丸井)のエポスカー …

次の西武・そごうのバーゲンセール「夏市」はいつ?2017年夏

例年、夏(6月~7月)と冬(1月)に開催される西武とそごうのバーゲンセール「夏市 …

ホームベーカリーが初めての人に教えてあげたいちょっといいこと

「ホームベーカリー」は、和製英語。英語では「bread machine」「bre …

「サラリーマンの9割は税金を取り戻せる」ってホント?

「サラリーマンの9割は税金を取り戻せる」という本を移動中の電車で読んでいる最中、 …

電気料金を節約!「契約プラン変更のシミュレーション」を受けてみた

あれだけ言っていた「節電」というフレーズを最近聞かないような。 震災後の電気料金 …

【2016年11月】マルイ10%オフ「マルコとマルコ」はいつから?毎度の最速リークです。

あんまり早く情報リークしても忘れてしまう。書いた自分も忘れるくらいだし。と、1ヶ …

【2017年11月ルミネカード10%オフ】いつから?→11月9日です。※予想

年に4回開催されるルミネの「ルミネカード会員限定10%オフセール」 1年最後の回 …

スカイツリーを間近で眺められるないしょの穴場展望台を教えるね

2013年度、東京スカイツリー本体の展望台が悪天候でエレベーターが動かせずに営業 …