子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

ディズニーの日付指定なしチケットで入園できない日が新設されるってさ。2016年10月からね。

      2016/07/19

ディズニーランドの日付指定なしのオープンチケットでは入園できない (1)

2016年4月1日から、東京ディズニーランド・ディズニーシーのパークチケットが値上げになりました。

思い起こせばディズニーランドのアトラクション券が廃止されて、完全にパスポート制になったのは2001年4月のこと。当時の1デーパスポートは大人が5,500円。

その後、着々と値上げされて5,500円→ 5,800円→ 6,200円→ 6,400円→ 6,900円→ 7,400円(※今ここ)

消費増税時の2015年4月1日にも値上げがあったので、2016年4月と2年連続です。これ、いずれくる2019年10月の消費税10%の時にもさらに上がるでしょう、というか消費増税を待たずにまた値上げあるでしょうと勝手に予想しておきます。

じわじわと上がっているので感覚が麻痺しますが、2年で1,000円って結構な値上がり幅です。お昼ごはん代は持っていかれてる。

チケット値上げの影響で、2015年度上半期(4月1日~9月30日)の東京ディズニーリゾートの入園者数は1,437万2,000人(2014年同期比95.2% 72万7,000人減)に。入園者数は減少傾向にあります。

参考 株式会社オリエンタルランド「東京ディズニーランド・東京ディズニシー2015年度上半期入園者数

乱暴な計算だけど、5%入園者数が減っても、8%チケットが値上げされているので入場料収入はプラスです。むしろチケット価格上昇をものともしない金払いのいい客が増え、グッズや飲食収入など客単価上昇のそろばんもはじけたり。

またどう見ても、最近のディズニーは入場者が多すぎです。

ディズニーシーが開園した2002年の2パーク合計の年間来場者数が2,204万人。直近の2014年の年間来場者数が3,137万人。

12年前から約1.5倍にお客さんが増えているのに、パークの広さはたいして変わらない。例えれば、以前1クラス30人だった教室へ、最近は45人がぎゅうぎゅうに入っている状態です。

そのせいか、待ち時間も増え、顧客満足度指数が急降下。2014年に劇団四季に次いで顧客満足度2位だった東京ディズニーリゾートは、2015年の最新調査で11位に下がってます。

参考 サービス産業生産性協議会「2015年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第3回調査結果発表

チケットの値上げにより意図的に入場者数を減少させてこの混雑を緩和し、ゲストの満足度を上げる目的もあると思われます。

そんな値上げをバンバン打ち出すディズニリゾートですが、実は密かにもうひとつの策をすでに放ってきています。

公式サイトにひっそりと掲げられている「日付指定のないパークチケット(オープン券)をお買い求めいただく方へのお知らせ」

これを知らずにディズニーランドやディズニーシーにのこのことやってきて、当日入園ゲートで「えっ?まじで?」って仰天する人が、2016年10月には大量発生するんじゃないのかなと思うのです。

今回は、「日付指定券限定入園日」ってなんだ?のルールの確認と、巻き込まれないための事前回避策を考えてみます。

スポンサーリンク

 

「日付指定券限定入園日」が新設だってさ

おさらい:チケットは2パターン

ディズニーランドのオープンチケットの注意事項 (1)

まず、現状をおさらいしておきます。

ディズニーランド・ディズニーシーのチケットには「日付指定券」と「日付指定のないオープンチケット」、ざっくりこの2パターンがあります。

アフター6パスポートなど、入園時間が指定されたチケットは横においておく。

「日付指定券」は、指定された日にしか入園できないものの、入園保証がされているのでクリスマスなど入園制限がかかるような混雑時でも入場できる。

「日付指定のないオープンチケット」は、いつでも使えるメリットがあるけれど、前売り日付指定のチケット売り切れ、入園制限がかかっているときには入園できません。

今までは、オープンチケットに関しては「日付指定券売り切れ」と「入園制限」に気をつけるだけで良かったのですが、これにもうひとつ注意すべきことが増えます。

 

2016年10月より「日付指定券限定入園日」が設定

日付指定券限定入園日 (1)

2016年10月より「日付指定券限定入園日」が新設されます。

参考 東京ディズニーリゾート「日付指定のないパークチケット(オープン券)をお買い求めいただく方へのお知らせ

現在はっきりしている「日付指定券限定入園日」は、2016年10月~12月の土曜日・日曜日・祝日。それ以降は不明。

週末と祝日は「日付指定券」「年間パスポート」「株主用パスポート」を持つユーザーしか入園できません。2パーク年パスの入園制限中NGは従来のルール通りです。

日付指定のない「オープンチケット」では、入園自体がこの「日付指定券限定入園日」においては不可となります。入園制限は関係なしに、そもそも朝から晩まで入れません。

ディズニーペアチケットは懸賞の商品、結婚式の2次会の景品などでの王道。話は飛ぶけど、ディズニーは贈答目的でチケットのやり取りはダメだよって言ってます。昔、会社の忘年会の景品買い出しでディズニーのチケットを買って、領収書の但し書きに「贈答品代」って書いてってお願いしたら断られました。

ともあれ、この手の景品チケットはもらった人が行く日を勝手に決められる「オープンチケット」のはずで、これを手に今までの感覚で週末と祝日にホイホイと出かけていったら「入れないじゃん!」と入園ゲート前で佇むパターンになる人続出では?と予想します。

 

オープンチケットで日付指定券限定入園日に入園するための方法を考える

日付指定券限定入園日には入園できませんの但し書き

日付指定券限定入園日は、土曜日・日曜日・祝日の「混雑する日」に設定されています。

日付指定券を最初から購入しておけばあれこれ考える必要もありませんが、手元にあるオープンチケットでどうやったら限定入園日に入園できるか?を考えてみます。

 

回避策1:前売りの日付指定券へ変更

オープンチケットから日付指定券への事前の変更は可能です。ディズニーリゾートのチケットセンターやディズニーストアなどにて日付指定の前売り券へ変更できます。

変更手数料は1枚あたり200円。

参考 東京ディズニーリゾート「パークチケットの日付・券種変更について

ひとつ要注意ですが、「チケット料金改定前に買ったオープンチケットを日付指定券に変更すると、変更手数料と改定後のチケット差額も払わないといけない」のです。せっかくチケット値上げ前に購入しておいた節約も一気にムダになります。ここ見落としがちなので事前にお伝えしておきます。

 

回避策2:当日に日付指定券へ変更

オープンチケットを持って、日付指定券限定入園日の存在を知らずにディズニーランドまで来てしまったゲストのパターンはこれしかありません。

混雑時の「入園制限」がかかる前であれば、当日に現地のチケットブースにて変更手数料(と改定前購入なら差額)を払って日付指定券に変更すれば入園可能です。

当日、「入園規制」がすでにかかってしまった場合は日付指定券への変更もできませんのでそのままとぼとぼと引き返すしかありません。これは今までもオープンチケットによる規制時の入園はNGなので、基本のルールに変わりはありません。

 

まとめ:知っておこう!日付指定券限定入園日

日付指定券入園限定日に日付なしチケットで入園する方法

日付指定券限定入園日の設定は、ゲスト側に何かメリットがあるというより、運営側の管理と把握が楽になるメリットが優先された施策のような気がします。おそらく全部のチケットをどうにかして日付指定の方向に持って行き、運営のコントロール下に置きたいんじゃないのかな。

お客は公式サイトの注意書きや、チケットの裏の細かい注意書きなんてまず読まないでしょう。2016年10月以降の日付指定券限定入園日にて、オープンチケットを手にゲート前であたふたするゲストは一定数出ると思われます。

朝一で長時間並んだのに、ようやくたどりついた入園ゲートで「日付指定券に変更しないと入れないよ」と言われてチケットブースで手数料払ってチケット交換し、もう一度並び直しなんて目も当てられません。

子連れで悪天候は大変なので当日ギリギリまで天気の様子を見たいから。はしゃいだ子どもが当日朝に熱でも出したら困るから。と先の読めない子育て家庭のディズニー旅行計画で重宝する日付指定なしの「オープンチケット」

そんな週末のディズニー旅行の計画の際は、この「日付指定券限定入園日」と「チケット券種」の関係をきちんと把握しておかないと当日入園ゲートにて夫婦で揉める地雷になりそうですね。要注意です。

 - リアルでうまく生き抜きたい

ad

ad

Comment

  1. Shizu より:

    ディズニー大好き
    遠い京都から若い時は夜行バスで
    最近なら新幹線でトータル4〜5回行ったかな。
    今年も夏に子供達を連れて行く予定です。
    子供達は初✨ネズミの国✨✨
    遠方からの訪問者には値上がりはきついです。(>_<)
    新幹線&ホテル代でアップアップな状態なのに。(涙)
    ディズニーはサービスも行き届いてるし、プロ意識半端ないですが
    客の足元を見た強気な商売にうーん…と思うこともありますよ。
    それでも行きたいんだから、すごい魅力のあるワールドなんですよね。
    遠方からの訪問では日付指定は基本ですが
    (わざわざ新幹線で行って入れませんなんて泣いて済む話じゃ無いですから)
    ちゃっかりこっそり日付指定限定作るなんて
    本当に悪どい、と思ってしまう…。
    関西にディズニーランド作ってくれないかなー。(ー ー;)

    • Shizuさん

      いつもコメントありがとうございます。けっこうなディズニー好きとお見受けいたします。

      家族で新幹線代や宿泊代までを考えるとチケット値上げもどかんと響いてきますね。

      お高くとまったサービスでもユーザーがついてきてお金を払うなら良し。慈善事業じゃなくて商売なので何やろうとディズニーの勝手ですが、実際問題、ここ最近のディズニーはスタッフが疲弊しているというか余裕がない、回っていないんじゃなかろうかって感じがします。ユーザーもバカじゃないので敏感に感じ取って顧客満足度急落につながっているんでしょうね。

  2. marin より:

    いやー、、、、、

    昔に比べて、「気持ちよく過ごせる時間」というのが格段に減りましたね。
    いつ行っても行列、どこ行っても行列。平日行けばその分アトラクションが間引きされ。

    気づけば駐車場も休日3000円(!)

    おっしゃる通り満足度下がってきて、ディズニーマジックよりディズニーストレスを感じることのほうが多くなってしまいました・・・・
    値上げで更に足が遠のくこと確定。

    楽しみ方はいろいろですが、子連れファミリーとしては、目新しいショーをガンガン入れるよりも、イライラすることなく気持ちよく過ごせる場所を提供してもらいたいところです。

    • marinさん

      コメントどうもありがとうございます。

      ひとそれぞれの資金力からの使えるお金、サービスと費用対効果の感じ方、忍耐力などが関わってきますが、ほとんどのユーザーが我慢を強いられていて不満がふつふつと渦巻く状況でしょうか。

      最近は海外からの観光客も多いのでチケットの値段を上げても収益的には潤っているのでしょうが、そういう人たちは一発どかんとお金を落とすだけ。子どもの頃の経験から自分が親になった時に我が子を連れて行くなど、長いスパンでのリピーターを見据える必要もあるのだろうけどそういう部分がややおざなりになっているような気もします。

      まあ、ディズニーにとっては僕らが来ようが来なかろうが痛くも痒くもないんでしょうけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

スカイツリーのクリスマスをレポート。プロジェクションマッピングの見えやすい場所とコツを伝授してみます。

東京スカイツリーで毎年開催される「東京スカイツリータウンドリームクリスマス」 1 …

【2017年5月ルミネカード10%オフ】 いつから?→5月18日からです。

毎年5月に開催されるルミネカード会員限定10%オフセール。 2017年5月の回の …

次のルミネのセール「ルミネ・ザ・バーゲン」はいつ?2017年冬

例年、冬(12月・1月・2月)と夏(6月・7月・8月)、年2回開催するルミネのセ …

東京都民限定でごめん!公的機関のアンケートモニターがまあまあ効率のいいお小遣い稼ぎになるというお話

東京都民の方限定のネタです。他県の方、ごめんなさい。しかも昨年(2014年)もこ …

喪中はがきをワードの無料テンプレートを使って10分で作ってみた

「喪中はがき」をワードの無料テンプレートを使って10分で作成。自宅のプリンターで …

おつりはでる?でない?商品券・ギフトカードのおつりの法則

商品券によって「おつりがでる」「おつりがでない」があります。 実は、この区分けに …

つばめのCM 確定申告ソフト「フリー」って何?を3分で説明しよう

CM放送中の、全自動確定申告ソフト「freee(フリー)」 自営業のわたくしめは …

ディズニーランドの年間パスポートを安く買う方法&何回で元が取れるのかを調査してみた

先日、東京ディズニーランドの年間パスポートを長年買い続けているという人と初めて出 …

ディズニーランド・シーのショー抽選アプリで抽選してみるとこうなる

東京ディズニーランドの「ワンマンズ・ドリーム2」と「ワンス・アポン・ア・タイム」 …

次の伊勢丹・三越のバーゲンセールはいつから?2018年冬

例年、夏(7月)と冬(1月)に開催する伊勢丹と三越のバーゲン「クリアランスセール …