子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

ディズニーランドの年間パスポートを安く買う方法&何回で元が取れるのかを調査してみた

      2016/04/04

ディズニーランドとディズニーシーの年間パスポートを安く買う方法 (1)

先日、東京ディズニーランドの年間パスポートを長年買い続けているという人と初めて出会いました。ディズニーランドまで2駅だかの距離に住んでおり、しょっちゅう行って十分元は取れるのだそう。

ディズニーの年間パスって存在は知っていても、ざっくり「どえらい高いもの」ということくらいで価格などの詳細はあまり知らなかったりする。

「年間パスってそもそもいくらなの?」「何回行ったら元を取れるの?」「年間パスを安く買う方法ってないの?」

調べて計算してみました。整理しておきます。

Photo: undefined by Andy Castro

スポンサーリンク

 

年間パスポートの価格を見てみよう

ディズニーランドとディズニーシーの年間パスポートを安く買う方法 (2)

Photo: undefined by Loren Javier

ディズニーの年間パスの基本を一緒におさらいしておきます。

東京ディズニーリゾートには「3種類」の年間パスポートがあります。

東京ディズニーランドと東京ディズニシーの2つに入園できる「2パーク年間パスポート」と、それぞれしか入園できない専用「東京ディズニーランド年間パスポート」「東京ディズニーシー年間パスポート」の3種類。

大きな違いがひとつだけあります。「2パーク年間パスポート」はクリスマスなど、入園者でパンクした時の入園制限中には利用できず、「東京ディズニーランド年間パスポート」「東京ディズニーシー年間パスポート」なら入園制限中でも利用ができる。繁忙期に入園制限を食らいたくないヘビーユーザーは「2パーク」でなく、「ランド」と「シー」それぞれの年間パスを購入するそうです。へえ。

では、肝心の年間パスポートの料金を見ていきます。2016年4月1日からの値上げ後の価格適用。計算もしなおしました。

年齢設定は、大人:18歳以上、中人:高校生と中学生(12歳~17歳)、小人:小学生と幼児(4歳~11歳)、シニア:65歳以上となっています。

【2パーク年間パスポート】

  • 大人:93,000円
  • 中人:93,000円
  • 小人:60,000円
  • シニア:79,000円

【ディズニーランド年間パスポート】

  • 大人:63,000円
  • 中人:63,000円
  • 小人:41,000円
  • シニア:53,000円

【ディズニーシー年間パスポート】

  • 大人:63,000円
  • 中人:63,000円
  • 小人:41,000円
  • シニア:53,000円

引用 東京ディズニーリゾート「年間パスポート

ううむ。けっこうしますね。

ちなみに2015年4月1日と2016年4月1日に2年連続で「東京ディズニーランド」「東京ディズニシー」のチケット料金の値上げがありましたので、年間パスポートももちろん価格が上がっています。

「2パーク」大人:82,000円 → 86,000円 → 93,000円、「ランド」「シー」大人:53,000円 → 59,000円 → 63,000円なので、双方ともに1万円くらいは値上がりしています。

また、値上げのどさくさに紛れて同じタイミングで「シニア」の年齢区分が「60歳以上」から「65歳以上」にしれっと変更。夢の国にも高齢化の波が押し寄せ、年金の支給開始年齢引き上げみたいなことが行われています。

 

ディズニーの年間パスを安く買う方法は?

ディズニーランドとディズニーシーの年間パスポートを安く買う方法 (4)

Photo: undefined by Dawn Ashley

「ディズニーの年間パスを安く買う方法はないのか?」

かなり調べまくりましたが、結論から申し上げると「ありません」

そもそも顔写真入りで購入者のみしか使えないチケットであり、オークションや中古流通など安く買えるルートがハナからありません。正規料金で購入するしか選択肢はない。

購入者の写真を撮影する必要があるため、イクスピアリ内の「東京ディズニリゾート・チケットセンター」、もしくは東京ディズニーランド「イーストゲート・レセプション」でしか、年間パスポートは購入できません。

参考 東京ディズニーリゾート「年間パスポート

支払いにはクレジットカードが使えます。クレジットカード払いにしてクレジットカードのポイントを貯めるくらいしか、お得にディズニーの年間パスを購入する節約法はございません。ご期待に添えられず、残念です。

 

何回行ったら年間パスの元を取れるのか?

何回ディズニーランド、ディズニシーに行ったら年間パスの元が取れるのだろうか?

レギュラーチケットは、「夜からの入園用」や「複数日入園用」などいろいろ種類が用意されていますが、朝から夜まで1日中遊べる基本の「1デーパスポート」で計算してみます。

【1デーパスポート】

  • 大人:7,400円
  • 中人:6,400円
  • 小人:4,800円
  • シニア:6,700円

引用 東京ディズニーリゾート「パークチケット

1デーパスポートで上の年間パスポートの金額を割ってみます。

2パーク年間パスポートだと何回で元が取れるのか?

  • 大人:12.57回
  • 中人:14.53回
  • 小人:12.50回
  • シニア:11.79回

ディズニーランド/シー年間パスポートだと何回で元が取れるのか?

  • 大人:8.51回
  • 中人:9.84回
  • 小人:8.54回
  • シニア:7.91回

1デーパスポートには大人(18歳以上)と中人(中高校生)の価格差が1,000円あるのに、年間パスポートでは大人と中人は同額。中人は大人より入園回数をこなさないと元が取れません。

2パーク年間パスは、ランドとシーの個別パスをそれぞれ買うより総入園回数が12回~15回で元が取れるお得なパスだというのがわかります。しかし、前述の通り「2パーク年間パスだと入場制限時には入園できない」というマイナスポイントがあります。みんな行きたいのは、入場制限がかかるであろう繁忙期のハロウィーンやクリスマスのイベント時ですもんね。これからイースターも盛り上がるのかな。悩ましいところです。

まとめると、年齢設定によって異なるものの

  • ランド/シー年間パス:9回~10回
  • 2パーク年間パス:12回~15回

年間でこの回数以上をディズニーランドないしディズニシーで1日中遊び倒せば、「年間パスの元は取れた」と言えます。

 

まとめ:1ヶ月に1回以上がボーダーライン

ディズニーランドとディズニーシーの年間パスポートを安く買う方法 (3)

Photo: undefined by Anthony Quintano

僕は貧乏性をだいぶこじらせておりまして、「元を取らないと」だけに情熱を傾け、本来の目的を毎回完全に見失うタイプです。なので「年間パス」「使い放題」「食べ放題」「飲み放題」あたりには基本、近づかないようにしてます。

完全にディズニーの高額年間パスが買えない負け惜しみですけどね。はい。

「ディズニーランドが近い」といった環境に恵まれている方や、「年間パスを買っても余りあるほど通っている」というディズニー好きの方には確実にお得な「年間パスポート」

元が取れる入園回数の境界線は、ランドとシーそれぞれの年間パスなら「9回~10回」、2パーク年間パスなら「12回~15回」です。平均して1ヶ月に1回以上行けばトントンといった感じでしょうか。

何回行っても魅力が衰えず、毎回新たな発見があるのが、ディズニーの素晴らしいところです。

1デーパスの「今日だけだから」と、年間パスの「いつでも行ける」は、スケジュールの組み方やお金の使い方など、心のゆとりが生まれるのは確実。年間パスポートならではの、違った楽しみ方も一度はやってみたいものですね。

 - お得ネタや節約ネタ, リアルでうまく生き抜きたい

ad

ad

Comment

  1. 二匹の子ブタのパパ より:

    いつも拝見させて頂いております。
    とても参考になりますし、先日もこちらで子連れディズニー攻略法を予習させて頂いてから遊びにいき、スムーズに回れました。
    そして、その時の子供達のハシャギっぷりに我が家も年パス購入を検討している最中で、とてもタイムリーな情報だったのでコメントしてしまいました。

  2. 三児のママス より:

    はじめまして(^^)
    来年年明け早々一度年間パスポートを
    買おうと悩んでまして、こちらの
    サイトを見ました。
    知りたかった何回通えば元が取れるか。
    見て納得できました!
    2パーク検討してるのですが、
    ハロウィンやクリスマスに使えない
    のがやはり痛いとこですね。
    期間中毎日入場規制じゃないなら
    2パークかなと考えてます。
    ありがとうございました〜(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

【2016年6月】無印良品10%オフ「無印良品週間」は6月10日スタートです。確定。

毎年、6月中旬に実施される、無印良品10%オフセール「無印良品週間」 売上絶好調 …

「サラリーマンの9割は税金を取り戻せる」ってホント?

「サラリーマンの9割は税金を取り戻せる」という本を移動中の電車で読んでいる最中、 …

ホームベーカリーで作る食パンのコスト(材料費や電気代)はいくら?

ホームベーカリーでパンを焼いた場合、材料費、電気代、ホームベーカリー機種分割代な …

Barの開店祝いは何がうれしいの?バーテンダーの本音を聞いてきた

前職の仕事の関係から、飲食業界との付き合いが多く。特にBar(バー)関係者。 こ …

ヤマトの荷物追跡はお問い合わせ伝票番号をそのままGoogleで検索すればOK

ヤマトの荷物追跡をするとき、1.「ヤマト」を検索→2.荷物お問い合わせシステムに …

自家用車vsカーシェアリングvsレンタカーのコスト比較をしてみる

車にまつわるお金は「自家用車」と「カーシェアリング」と「レンタカー」、どの方法が …

クロネコヤマトのクロネコポイント抽選商品に応募してはずれたけどわざわざミニカーが送られてきた話

クロネコヤマトの「クロネコメンバーズ」に登録。サービスのひとつ「クロネコポイント …

デパートの積み立て友の会はどこが一番お得でおすすめか?を調べてみた。

日銀のマイナス金利導入で、大手銀行の普通預金金利は軒並み0.001%に。ちなみに …

【2017年最新】次のルミネカード10%オフセールはいつから?を予想する

ルミネ(LUMINE)カードを持っていれば常にルミネにて5%オフでお買い物ができ …

ミスドの100円セールは今やってるの?2017年3月最新情報と次回予想

ミスド(ミスタードーナツ)の100円セールは今やってるの? 更新日:2017年3 …