子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

電子雑誌読み放題アプリを比較するならまず「dマガジン」を試すべし

      2015/02/24

電子雑誌を読む

雑誌って「かなり読む派」と「まったく読まない派」の二極化しているのかな? なんて勝手に思ってます。

自分は「かなり読む派」でも「買わない」

本や電子書籍にはお金をつぎ込みますが、雑誌はほとんど買わない。だいたい立ち読み(すみません)。しかし毎月けっこうな量は流し読みしている。たぶん雑誌好きなんでしょう。ミーハーだし。

そんな立ち読みライフに終止符を打つサービスがあったよ!

ドコモが提供している大手主要雑誌が「読み放題」のサービス「dマガジン

ドコモユーザーでなくとも使える。お小遣いが少ないので基本的にアンチ課金派ですが、これは課金して3ヶ月間使い倒しております。

今回は、使いまくってわかった雑誌読み放題アプリ「dマガジン」の導入メリット・デメリットを語ってみます。結論は「いいよこれ」です。

Photo: AnalogandDigitalVOL.Entertainment by Guian Bolisay

スポンサーリンク

 

「dマガジン」ってなんぞや?

dマガジンの画面 (2)

100誌以上の雑誌がスマホ、タブレットで読み放題のサービス。月額400円+税。無料登録期間あり。

よくコンビニで見かける週刊誌や月刊誌はだいたい揃っている。当然参加していない雑誌もある。やや有名ファッション雑誌が少ないよね、という印象。特に女性向け。女性ファッション雑誌はこんなところで安売りせずとも売れるからか。

ともあれ、これらの大量の雑誌をスマホでいくら読んでも、400円ぽっきり。

新刊は発売日ないし、発売数日~数週間後にアップされます。バックナンバーは雑誌によりけりで過去1冊分だけだったり、過去1年分が読めたりとまちまち。

参考 dマガジン

 

dマガジンのいいところ

コンテンツの充実と安さ

これまでの残念な電子雑誌サービスと比較すると、はるか超越する情報の充実度。

アプリを使えば100冊以上の新刊雑誌を手元で読めて、月400円はめちゃくちゃ安い。

読み終わった雑誌を捨てる必要もない。

あと、100ページまでスクラップできます。でもこれは普通に端末のスクリーンショットでいいんじゃないかと思う。それなら無制限。

 

キャリアを選ばす、5台までOK

電子雑誌はdマガジンがおすすめ (5)

ドコモユーザー以外も、ドコモIDを取得して支払いのクレジットカードを登録すれば、誰でも使用できるサービスです。

ドコモIDを持っていないユーザーは、アプリから新規取得できないみたいなので、1:ドコモIDを取得→ 2:アプリからログインという段取りを踏んでください。このへんの手間はちょっとイケてない。

そしてiOS、Androidのアプリが使える端末なら1契約で5台までの登録が可能。要は、家族の複数のスマホやタブレットに1契約のみで使い回しができる。これすごい。

いちおう、パソコンでも見る方法も模索してみました。実際に実験してみた感想としては、見れることは見れますが、設定がめんどくさいのでおすすめできません。興味ある人はググってください。

 

dマガジンのいまいちなところ

ややひっかかるアプリの使い勝手

このサービスが開始された2014年6月の時から比べると、ドコモ製アプリの使い勝手も改善されているようで、普通に使う分には不満ありません。言い出したらキリがない部分では、まだまだ「痒いところに手が届く」状況ではない。

さすがに落ちまくって使い物にならない、という状況はないですが、たまーに落ちる。

操作性もほんとにパーフェークトな自炊読書アプリ「Perfect Viewer」レベルまでは求めはしませんが、ページめくりなどもうちょっと個人的なカスタマイズができる余地があると嬉しい。

まあこれはAmazonの「Kindle」アプリにも声を大にして訴えたい。もうちょい使いやすくしてくれ、と。そう考えたらKindleと同レベルだからまあまあなのか。

 

表示速度の遅さ

電子雑誌はdマガジンがおすすめ (2)

アプリの使い勝手に通じる部分ですが。

dマガジンのアプリのデータ読み込みが、ワンテンポ遅い。「次の記事を読む際にその続きをダウンロードする」or「一気に1冊分を全部ダウンロードする」を選択できますが、どちらを選択しても下の症状が出る。

  1. ページをめくる
  2. 次のページが【ぼんやり】表示される
  3. 次のページが【くっきり】表示される

この2から3へが、体感0.5~1秒かかり、毎度イライラする。実験したのですが、LTE回線でも光回線でも同じ症状が出るので、通信速度の問題じゃなくてアプリの仕様です。

 

雑誌の一部が読めない

どういう基準かよくわからないのですが、紙で販売している雑誌と比較して読める内容が少ない場合がある。雑誌によっては3分の1から2分の1が間引かれて配信されます。

目次で「これ読みたい!」ってなったのに、その部分だけごっそり配信されておらず「なんでやねん」となることは多い。例えば特集が1~4まであって、1と2は読めるのに3と4が丸々ないよとか。週刊プレイボーイのむふふなグラビアは一切配信されないよとか。

全部余すことなく配信しちゃったら紙の雑誌が売れないし・・・という出版社側のジレンマが垣間見えます。

あと個人的にはどうでもいいのですが、電子雑誌はdマガジンに限らずどこもジャニーズのタレントは一切写真が表示されません。事務所の方針らしく、マスキングされています。ページのほんのわずかな端に写るタレントも、徹底的に消されていて、消すほうも手間がかかって大変だと思う。

雑誌によっては他のタレントさんも消されます。

dマガジンの画面 (1)

表紙の写真の人物はジャニーズの誰かな?と女性セブンの公式サイトを見たら、沢村一樹さんがにこやかに微笑んでいてずっこけた。

 

通信量をかなり食う

データ量が大きいとあちこちで文句を言われているので、ダウンロードに要した雑誌1冊あたりのデータ通信量を計測してみました。

  • 週刊ダイヤモンド(59ページ):32.71MB
  • DIME(92ページ):78.61MB
  • 月刊ザ・テレビジョン(105ページ):114.06MB
  • オレンジページ(82ページ):65.99MB
  • Hanako(128ページ):115.66MB
  • 日経エンタテインメント(70ページ):59.43MB
  • PRESIDENT(73ページ):42.88MB
  • 2nd(192ページ):121.84MB
  • dancyu(85ページ):83.75MB
  • ダ・ヴィンチ(270ページ):303.65MB

なんだかえらい趣向が偏ってますが、dマガジンのラインナップから適当にピックアップしてみました。この10冊に要したデータ通信量を全部足すと1018.58MBで、ほぼ1GB。

写真の多い少ないで、雑誌によってデータ量が違いますが、1冊100ページの雑誌として平均を出すとデータ量が90MBくらいの計算になります。

雑誌のダウンロードはパケットをかなり食うので、Wi-Fi環境下で一気にダウンロードしてから読む運用がいいのかなと思います。

アプリのメニュー「ダウンロード設定」内「バックグラウンドダウンロード」をオンにすると、1冊分がまとめてダウンロードされるため、オフラインでも雑誌が読めます。

ダウンロードした雑誌は、それぞれの雑誌に設定された閲覧期間が過ぎると勝手に消される。著作権の問題からか、雑誌データ保存先は「本体」しか選べないため、データ容量の空きが逼迫しているとちょっとやりくりがきついかもです。

 

まとめ

電子雑誌を読むのに最適な画面サイズは?

電子雑誌はdマガジンがおすすめ (3)

日常的にデジタルデバイスで漫画や小説などの電子書籍を読みまくる中で、快適に読むためには5インチ以上の画面サイズは必要だと感じてます。ちなみにiPhone6が4.7インチ。6 plusが5.5インチ。

小さい画面のスマホでちまちまやるより、一発で目に入ってくる情報量が格段に違う。機種の選択で悩んでいる人は、潔くスマホとタブレットの中間「ファブレット」の画面サイズを選択することを推奨します。携帯性は落ちますが、おそらく世界観変わります。

こと電子雑誌は画面サイズが7インチ以上(iPad miniが7.9インチ、iPadが9.7インチ)ないと通常の雑誌のようには読めないです。雑誌1ページあたりの情報量が多いため、スマホで電子雑誌は正直きつい。画面サイズが大きければ細かいところまで一度に読むことができます。

dマガジンを使い倒していたら、大きい画面のタブレットが欲しくなってくる。

 

dマガジンはおすすめ

どうしてもわるいところが目についてしまいますが、これ読んでくれた人がdマガジンを導入する前に知っておいたほうがいいかなと思うポイントを書き出すとこうなってしまいました。

あと、dマガジンのアプリを起動しているとバッテリーをまあまあ食います。これはユーザーのデバイスや通信環境によるので、実際やってみないとわからない。各自チェックしてみてください。少なくとも僕の環境では大食いです。

とはいえ、大量の雑誌を400円で読めるメリットは大きい。バッテリーの減りやデータ通信量の増大なんてなんのその。上記デメリットをカバーして余りある。

これからのさらなるコンテンツの充実に期待したいですが、現状でも十分満足してます。

電子雑誌デビューに「dマガジン」。賢い選択です。

 - リアルでうまく生き抜きたい

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

エレベーター内で地震に遭遇したら・・・のために知っておいたほうがいいこと

先日の大きな地震。友人がエレベーターに乗ろうとしたときに「ぐらっと」来て焦ったと …

本日5月18日は「国際博物館の日」で日本全国の博物館が無料開館やってるよ

タイトルそのままのお話です。 本日5月18日(日)は「国際博物館の日」だそうです …

60代の紳士から聞いた「夫婦円満が40年以上続く」たったひとつの秘訣

タイトルがちょっと大きく出過ぎたかなと思いつつ。 先日、お客さんである紳士然とし …

次の伊勢丹・三越の初売り・福袋・バーゲンセールはいつから?2017年冬

例年、冬(1月)と夏(7月)に開催する伊勢丹と三越のバーゲン「クリアランスセール …

まだ間に合う?デパートのお歳暮 2016年年末注文期限ギリギリまとめ

しまった! お歳暮・冬のギフトを贈るのを忘れていた! まだ注文って間に合うの? …

マイナンバー通知カードが届かない?いずれ必ず届きます。いつ自分の手元へ届くのか?の調べ方

マイナンバー(共通番号)を記載した「通知カード」が届かない。いつ手元に届くの? …

マルイのエポスカード提示だけでロイヤルホストが10%オフだって?

ほんとびっくり。 ロイヤルホストをけっこう使っているのに、今まで知りませんでした …

L.L.Beanトートのイニシャル刺繍モノグラムに犬猫バージョンが加わるってさ

L.L.Bean(エルエルビーン)の2016年秋冬シーズンの展示会にて、トートバ …

あなたをL.L.Beanの世界へと誘います。#エルエルビーン2016年秋冬展示会リポート

毎度お騒がせしております、L.L.Bean(エルエルビーン)非公認、L.L.Be …

家計はどうなる?2014年から負担増な税・制度をまとめてみた

2014年は、どうあがいても負担増が避けられない年なのか? 子育て家庭の家計に影 …