子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

10年前と今のエアコンの消費電力と電気代を比較してみた

      2015/05/24

10年前のエアコンと電気代を比較する (2)

実家の父親から「今度、エアコンを買い替えたいからヤマダ電機に付き合ってくれ」と電話がありました。家電量販店でのハードな価格交渉は、年寄りにはしんどいようです。

で、エアコンの下調べをやって、たまには孝行息子っぽいことをしている。いろいろ調べてると、エアコンの購入額もさることながら「エアコンの電気代ってどれくらいかかるんだっけ?」「10年前のモデルから買い換えたらどれくらい電気代が浮くのだろう?」とランニングコストがやはり気にかかる。

安物を買って、日々の電気代が高いんじゃ意味がない。ざっと電気代を計算し、10年前、20年前との電気代の差を比較してみます。

Photo: undefined by Ryosuke Sekido

スポンサーリンク

 

新品に買い替えると何がどう進化して電気代の節約に繋がるのか?

新しいエアコンに変えると「電気代が◯◯%減る」とは聞くけど、じゃあエアコンの何がどう進化したから電気代の節約になるのか?

なぜエアコンで部屋が冷やせるかというと、エアコン室内機の中にある、薄いアルミ板が何百枚も重なった「熱交換器」という冷たいパーツに風を当てて、冷風を出すからだ。

→ 熱交換器を冷やす作業を繰り返し循環する装置が、「コンプレッサー(圧縮機)」という装置。

→ エアコン全体の消費電力を100%とすると、その89%がコンプレッサーで消費されている。

引用 家電Watch「そこが知りたい家電の新技術 古いエアコンを新品に買い換えると節電になる……ってホント?」より抜粋

このコンプレッサーを省エネ化することで、効率的に消費電力が抑えられる。

新しい技術で他の部分も年々省エネ性能がアップしていますが、一番電力を食うコンプレッサーの省エネ化が近年のエアコンの電気代削減につながっていると言えます。

 

10年前、20年前のエアコンと比較して電気代がいくら減るのか?

10年前のエアコンと電気代を比較する (1)

Photo: undefined by Dick Thomas Johnson

省エネ性能が進化するエアコンですが、10年前、20年前のエアコンと比較するといくら電気代が減るのだろうか?

調べたところ、冷房性能2.8kW(8~12畳)クラスの一般家庭用エアコンを、冷房期間3.6ヶ月(6月2日~9月21日の112日間)と暖房期間5.5ヶ月(10月28日~4月14日の169日間)使用した場合の消費電力データがありました。

  • 1995年型:1,492kWh
  • 1996年型:1,302kWh
  • 1997年型:1,201kWh
  • 1998年型:1,159kWh
  • 1999年型:1,068kWh
  • 2000年型:1,017kWh
  • 2001年型:990kWh
  • 2002年型:947kWh
  • 2003年型:963kWh
  • 2004年型:945kWh
  • 2005年型:919kWh
  • 2008年型:858kWh
  • 2013年型:844kWh
  • 2014年型:837kWh

参考 一般社団法人日本冷凍空調工業会「家庭用エアコン気になる消費電力量は」/Vanden「オール電化」/資源エネルギー庁「省エネ型の機器を選ぶ」/ダイキン「買い替えによる省エネ効果」/東京電力「省エネ製品への買い替え効果

日本冷凍空調工業会という一般社団法人が出しているデータですが、調べまくっても00年代後半からのデータが歯欠けでしか見つかりません。ただ年々、エアコンの消費電力が減少していっているのはわかるかと思います。

それでは、直近の2014年、10年前の2004年、19年前の1995年型のエアコンでそれぞれ想定される年間電気代を算出して比較してみます。

  • 1995年型:年間電気代40,284円
  • 2004年型:年間電気代25,515円
  • 2014年型:年間電気代22,599円

※電気代は1kWh=27円で計算

ユーザーの使用環境や使用時間に依存するので一概には言えませんが

  • 20年前 VS 10年前:37%減
  • 20年前 VS 現在:43%減
  • 10年前 VS 現在:11%減

電気代が減る計算となります。

押さえどころのおさらいですが、エアコンの電気代は「20年前と比較して4割減」「10年前と比較して1割減」です。

 

まとめ:エアコンの省エネはもはや行き着いたのかも

10年前のエアコンと電気代を比較する (3)

90年代後半から00年代前半まで、エアコンの省エネ化により使用電力が急激に減ったのが、上のデータの推移から見て取れます。

20年前のエアコンがいまだ現役でガンガン動いているのはレアケースと考えられますが、90年代のモデルのエアコンを騙し騙し使っているような状況であれば、「4割以上の電気代削減」が見込めるため、躊躇することなく買い替えがおすすめ。

本来かかっていたであろう電気代で、新しいエアコン購入費も早い段階で相殺できます。

逆に10年前のエアコンでは、現在のモデルと比較すると「1割程度の電気代削減」の効果があることにはありますが、そんなに目の覚めるような電気代の節約は見込めません。

10年前のエアコンを買い替えるのであれば、暖房・冷房効率や体感センサー、除菌やフィルター自動洗浄など最新機能を見ながら、想定される電気代と相談しつつ検討していったほうが良さそうです。

エアコンの省エネ機能は、どうやら10年前の段階で技術の進化とともにすでにそこそこのレベルまで行き着いてしまっているようです。これからも消費電力は減少はしていくのでしょうが、ここ数年の減少率から見ると今後も緩やかな減り方と予想。

「10年前と比較して電気代が安くなるからぜひ買い替えよう!」という電気代節約の観点からのエアコン売り込みは、おのずと限界が見えてきているのかなと感じます。

買い替えの投資に、電気代節約と最新機能が見合うのかどうか。うまくバランスを見ながらエアコン買い替えのタイミングを模索していきたいものですね。

 - リアルでうまく生き抜きたい

ad

ad

Comment

  1. ゆかり より:

    こんばんは。初めまして!

    最近引っ越しをしまして 物件にエアコンがついていたのですが 古そうなので電気代が高くつくと思い買い換えようか迷って 検索していたところココにたどり着きました!2005年製
    なので 省エネは十分そうですね!
    ブログに書いて頂いて助かりました。ありがとうございますm(_ _)m

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※お手数ですが半角数字を入力してください(迷惑コメントが多いため) Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

  関連記事

家計に朗報?2014年から始まるお得な税・制度をまとめてみた

前の記事「家計はどうなる?2014年から負担増な税・制度をまとめてみた」を書いて …

子育て家庭に「出張料理」という選択肢。「マイシェフ」が一歩リードしてる件

小さい子どもを連れての「外食」って、大変。 出先などでごくたまにうちも外食するけ …

メガネのレンズだけを激安で交換したい!できる店できない店まとめ

お気に入りだったり愛着のあるメガネフレームの「レンズだけ」を交換したい。 レンズ …

ルミネカード
ルミネカードの解約方法と要注意ポイント

ルミネでのお買い物が常に5%オフ。年に4回期間限定で10%オフになる「ルミネカー …

2014年4月から廃止・縮小される高速道路料金ETC割引をまとめてみた

2014年4月と7月から廃止・縮小される高速道路料金のETC割引。「なにが変わる …

待機電力の電気代が一番高い家電って何だと思う?

上昇が止まる気配がまったくない「電気代」が、じわりじわりと家計を圧迫してきており …

家電量販店のポイント還元は税抜と税込価格どちらで計算?を各社比較してみた

ふと疑問に思う。「家電量販店のポイント還元」って、消費税の「税抜き価格」に対して …

ソフトバンクに乗り換える時は、郵便局の「お取次ぎサービス」でソフトバンクポイントをもらおう

ソフトバンクと契約するときにちょっと得する方法 ソフトバンク(softbank) …

ディズニーランドの年間パスポートを安く買う方法&何回で元が取れるのかを調査してみた

先日、東京ディズニーランドの年間パスポートを長年買い続けているという人と初めて出 …

知らなかった!ゆうパックと佐川急便の追跡もGoogleから一発検索可能に

2014年1月に、ヤマトの荷物追跡をGoogle検索でやると捗るよ!というネタを …