子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

So-netのWiMAXを契約した先にあるものとは?それは評判通りの安心感とバランスが取れたサービス。

      2018/01/01

So-net(ソネット)のWiMAXの口コミと評判 (4)

2011年にWiMAX(ワイマックス)を初めて契約してから、はや6年。

モバイル通信を取り巻く環境は日々変化しており、もちろんWiMAXもいろんな波にのまれているのを見続けてきています。1年前とはガラッと状況が変わるのがあたりまえ。

そして、どこのプロバイダのWiMAXがいいのか?の評判もその時々でコロコロと入れ替わってます。

個人的に今までWiMAXは「nifty(ニフティ)」が最高だと思っていたのですが、キャッシュバック自体がなくなってしまい月々のランニングコストに悪影響が。やはりお金は一番重要視すべきポイントです。

そして、ニフティはネット部門の不振から2017年2月に家電量販店のノジマへ身売りされました。これからどうなるかわからない。そんな不安定な会社と2年も契約して心中するのもね。今となってはあまりおすすめできません。

では、2018年1月現在、どこのプロバイダのWiMAXがおすすめなのか? どこが一番お得なのか?

WiMAXを使い続け、キャンペーンをずっと見続けてきたWiMAX歴7年目のわたくしめが、WiMAXのサービスを提供する会社をひとつ選んで推薦するのであれば間違いなく「So-net(ソネット)」です。

現にあれこれ比較検討して散々悩んだ結果、So-netのWiMAXを自腹で利用中。

そんないちユーザーが、So-netの何が良いのか?悪いのか?他社よりどこが優れているのか? So-netと契約することのメリット・デメリット、実際の使い勝手や速度計測結果などを徹底的にレビュー(クチコミ)してみるエントリーを書いてみます。

※ 2018年1月最新情報に更新済み。1ヶ月あたりのコスト計算もきっちり1円単位まで最新価格を反映してあります。

スポンサーリンク

 

WiMAXを選ぶならこの5社から検討

So-netのワイマックスの評判

photo credit: 246-You via photopin cc

どこの会社のWiMAXと契約しようか?と現在進行形でお悩み中の方も多いかと思います。契約の2年縛りがあるので、なおさら悩みますよね。

長年WiMAXを見続けてきた結果、浮き沈みの栄枯盛衰もある中で、やはりこの4社の安定感が光っています。

 

維持費と安定感から選ぶならこの4社

  1. UQ wimaxUQ wimax:本家ならではの安定感。ただキャッシュバックが安いため月額料金がどうしても高くなる。
  2. GMOとくとくBB WiMAX2+:キャッシュバック金額は高いが、サービスとサポートが不評極まりない。リスクを自分でカバーできるユーザー向け。
  3. BIGLOBE WiMAX2+:キャッシュバックは普通。サービスも全体的に可もなく不可もなく。ただ個人的にあまりBIGLOBEにはいい思い出がない。
  4. So-net WiMAX2+:キャッシュバックはやめたが月々の料金値下げでランニングコストも良い。サービスにも安定感がある。

WiMAXのサービスを提供しているプロバイダ各社は、UQコミュニケーションズが回線を卸し売りして2次販売をしている構造です。

なので、回線品質やサービスをとことん追求するのであれば最初からUQ本家一択です。ただ、UQ本家はキャッシュバック金額が少ないので月々の料金がどうしても高くなってしまう。正直申し上げて、2次販売のプロバイダ各社と目に見える明確な差もありません。

いろんなオプションなども含めて細かい「ランニングコスト」を重視すると、UQ以外の残りの3社から選ぶのが妥当だと考えます。

他にも家電量販店などWiMAXのサービスを提供しているところは多いですが、サービスの評判や特典などの動きをずっと見続けてきた限り、比較検討するのはこの4社で間違いありません。

他に手を広げて検討しても、時間のムダ。疲れるだけ。結局、この4択に戻ってくるはずです。

で、この中でも「So-net」の安定感が最近際立つ理由とは? そのあたり、下で詳しく解説してみます。

 

契約する際にチェックすべきポイント

WiMAXを契約する上で比較すべきポイント

WiMAXの回線品質はだいたいどこも同じで、大して差はありません。速度も安定も。となると細かいところの差のチェックが必要です。

また、知らずにいて後日損をするようなことにならぬよう、契約条件はきちんと把握しておくことをおすすめいたします。

 

注目すべきWiMAXの契約条件

後々、知らなかった!損をした!とならぬよう、事前に注目しておくべきチェックポイントを書いておきます。

  1. 初期登録料、初月料金、機種の代金、ルーターの配送料はいくらかかるのか。無料、有料どちらか。
  2. 最初の数ヶ月、月額料金が安くなる特典がある場合、割引金額や期間はどのくらいか。
  3. 契約期間は2年か、3年か。契約更新月はいつか。
  4. 解約手続きはどのようにすればできるのか。即日解約か、解約月月末まで使えるのか。
  5. 契約解除料(違約金)はいくらか。キャッシュバックキャンペーンの特典を受けて途中解約した場合は「キャンペーン違約金」もあるので注意。
  6. キャッシュバック、特典、おまけなどはいくらをどのタイミングでもらえるのか。
  7. キャッシュバック、特典、おまけなどはどういう手続きや流れでもらえるのか。

一番大事なのは、キャッシュバックや特典がどういうタイミングでもらえるのか? 何ヶ月後なのか? そして、何か手続きなどこちらからアクションを起こさないとキャッシュバックはもらえないのか?のチェックです。

また、途中解約の際の契約解除料がかかるのは携帯電話と同じです。WiMAXの契約は2年縛りか3年縛りが基本。違約金のかからない契約更新月の管理はきちんとしておいたほうがいいです。

契約更新月で他社へ乗り換えるのもいいですし、同じプロバイダと契約し続けるのであれば一旦解約してから再契約し直して、改めてキャッシュバックや新機種0円などの特典を受け取るのが賢いWiMAXの使い続け方です。これはプロバイダ自らがおすすめしている方法なので何ら問題はありません。

 

契約プランとデータ通信量の制限の確認

So-net(ソネット)ワイマックスのクチコミ・評判 (7)

WiMAXの昔と今とで大きく変わった部分がここ。

2015年より、ある一定の条件で速度制限がかかるようになりました。

以前のWiMAXは「モバイル通信を使い放題」が売りでした。しかしそれをいいことに毎日大量のデータ通信を行い、回線を専有、圧迫するユーザーが増えてしまった。なので一定の条件を超えたら速度制限をかけ、全てのユーザーに平等に回線を使ってもらおう、というのが規制の目的です。

まず、WiMAX2+の料金プランには2種類があり、月7GBの通信量の上限が決まっている「UQ Flatツープラス」と、上限のない「UQ Flatツープラスギガ放題」があります。

7GB上限ありだと、7GBに達した場合は回線速度が128kbpsというかなり絞られた低速になります。

WiMAXでがっつり映画を観る習慣のない(映画はほとんど観ず、たまにYouTube)、そんな僕のライトな使い方でも「1ヶ月あたり30GB」は使う。多い月は50~60GB。

なので、できれば上限のない「ギガ放題」のプランをおすすめします。

「ギガ放題」を申し込めば月あたりの使用量の上限は撤廃されるので、月あたりの使用量を気にする必要はありません。

参考 So-net WiMAX「料金プラン

そして、どちらかというともうひとつの制限、2015年5月より適用され始めた「一定の使用量を超えた場合の速度規制」のほうが、身近な問題かと思います。

直近で速度規制のルールが変更になっています。

  • 2015年5月~2017年1月:「3日で3GB以上」使うと「翌日13時~翌々日13時の24時間」速度制限がかかる。
  • 2017年2月2日~:「3日で10GB以上」使うと「翌日18時~翌々日2時の8時間」速度制限がかかる。

ダウンロード、アップロードのデータ通信量を3日で3GB以上使うと速度制限がかかっていたところ、「3日で10GB以上」に緩和されました。

これは非常にいい傾向です。

自分の使い方だと3日10GBはまずいきません。けっこうガンガン使っても超えないです。この制限を気にしなくていい緩和は、ありがたい。

速度制限がかかった場合、YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な「1Mbps」に絞られます。

実際に速度制限がかかった状態でスピードテストをやってみました。

ダウンロード、アップロードともに「1Mbps前後」に貼り付きます。

LINEやメールのやり取りやニュースサイトの閲覧など、テキストベースの通信なら特に不便は感じません。ただ、重い画像があるサイトの読み込みや動画閲覧はちょっと厳しいかなあという実際の使い勝手です。

速度制限と2年くらい付き合ってわかったことをひとつお伝えしておくと、文句言ってもしょうがない「規制は不可避なもの」です。

別に使えなくなるわけではないので、かかったからかかったで淡々と受け入れ、うまく共存する方法を探すのが賢明かと思います。

 

【追記】3年プランがおすすめできない理由

2017年6月から従来の「2年契約プラン」に加えて「3年契約プラン」がUQ本家で開始。

それに追従する形でプロバイダ各社も対応。So-netでも2017年8月より機種限定で3年契約プランをはじめました。

結論から言うと「3年プランはやめておいたほうがいい」です。

2年プランと3年プランの違いは「ハイスピードプラスエリアモード利用時にかかるLTEオプション利用料(1,005円/月)が無料になる」です。auのLTE回線が「1ヶ月あたり7GBの通信量まで」使えるオプション料金が無料になるのでお得に見えます。

しかしこれ、盛大なトラップがあるのです。

ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX回線とLTE回線が両方使える)でLTEの1ヶ月使用量7GBをオーバーすると、128kbpsの速度制限がかかります。じゃあそこからLTE回線を使わないハイスピードモード(WiMAX回線のみ)のモードに切り替えてWiMAXを使えばいいじゃん、と思った方。賢い。

でも残念なお知らせがあります。

WiMAX回線とLTE回線が両方使えるモードでLTE回線の制限を食らうと、WiMAX回線のみのモードでももれなく制限がかかります。ここポイントです。

いいですか、大事なことなのでもう一度言います。WiMAXでも制限かかった状態を引き継ぎます。ギガ放題関係なしに、ずっとWiMAXの使用でも速度制限がかかりっぱなしになるのです。

しかも3日10GBオーバー時の速度制限1Mbpsの約10分の1の速度、128kbpsの速度制限。それが月末まで。もはや使いものになりません。

「ハイスピードプラスエリアモード」のLTEオプションそのものが、リスク含みで使いにくいオプションのためおすすめしません。きちんとLTE使用量の月7GBを自ら管理できる人にはいいかもしれませんけど、個人的には切り替えがうまくいかずついうっかり制限食らうことを考えるとこんな変なオプションつけたくない。

しかも、機種を3年も使い続けることになり故障リスクや機種の進化の恩恵が受けられない。3年も契約が縛られるデメリットを考えると、3年契約をするのはリスキー。

従来通り、「2年ごとに契約を乗り換えていくのがベスト」と結論づけます。

 

【追記おしまい】

以下、2年契約前提でお話を進めます。ややこしくなるだけなので、3年契約のことは最初から捨てて検討しましょう。

 

ソネットのWiMAX いいところ悪いところ

So-net(ソネット)のWiMAXの口コミと評判 (3)

検討って疲れますよね。よくわかります。

WiMAXのサービスはいろんな会社が提供しています。各社を比較する中で、なぜソネットがおすすめなのか?

ソネットのいいところと悪いところを一緒に考えてみます。

 

いいところ1:月の維持費が安い

一番気になるのはやはり「月額料金がいくらになるのか?」だと思います。通信費は手元に形として残るものではないので、なるべく安くあげたいもの。

従来のソネットは他社同様に「キャッシュバックプラン」と独自の「月額大幅割引プラン」の2種類を用意していました。

月額大幅割引プランのほうが申し込み者が多かったのか、実際お得なプランなため、2017年12月から「月額大幅割引プラン」一本に絞ってきました。キャッシュバックの振り込み作業や振込手数料の負担など、ソネット側にも負担が大きかったのだと推察します。

じゃあキャッシュバックないから損するの?

いいえ、損はしないです。

  • 【従来】月額料金が高く、キャッシュバックと相殺することで月あたりのランニングコストを下げる考え方。まわりくどくてややこしい。
  • 【今】月額料金がすでに割引されている。契約期間中のトータルコストではキャッシュバックがあった時と違いがなく手間もかからないので楽ちん。

キャッシュバックの受け取りは面倒ですし、きちんと受け取れるか心配になったりと心理的な負担もあったため、ユーザーにとっては喜ばしい方針転換だと前向きに僕は捉えてます。

では、コストを細かく計算してみます。

今、2年契約ができるのは「W04」と「WX03」のルーター。新機種の「WX04」「L01」は3年契約のみ。

 

WX03限定キャンペーンの場合

WiMAXを比較すると維持費が安いのはSo-net

機種限定で月々の料金を割引する今だけのプランです。こちらを選択した場合をまず計算してみます。

2年契約。初月無料で、解約手数料のかからない更新月まで含めた総利用期間は26ヶ月となります。

機種は「WX03」を選択。プランは「Flat ツープラスギガ放題(2年)」。別途かかるモバイルコース月200円を込み、消費税込みで「本当にかかる月額料金」を計算します。

コスト:(契約事務手数料:3,240円)+(機種代2万円相当が:0円)+(端末送料:0円)+(初月料金:0円)+(2ヶ月目から18ヶ月まで月額:3,434円×17ヶ月)+ (19ヶ月目以降契約満了25ヶ月目まで月額:3,758円×7ヶ月)+(26ヶ月目の契約更新月:4,729円)+(ユニバーサルサービス料:3円×26ヶ月)

コスト ÷ 実質使用26ヶ月 = 1ヶ月あたり「3,678円

 

WX03以外の2年プランの場合

2年契約。初月無料で、解約手数料のかからない更新月まで含めた総利用期間は26ヶ月となります。

機種は「W04」を選択。プランは「Flat ツープラスギガ放題(2年)」。別途かかるモバイルコース月200円を込み、消費税込みで「本当にかかる月額料金」を計算します。

コスト:(契約事務手数料:3,240円)+(機種代2万円相当が:0円)+(端末送料:0円)+(初月料金:0円)+(2ヶ月目と3ヶ月目の月額:2,894円×2ヶ月)+ (4ヶ月目以降契約満了25ヶ月目まで月額:3,758円×21ヶ月)+(26ヶ月目の契約更新月:4,729円)+(ユニバーサルサービス料:3円×26ヶ月)

コスト ÷ 実質使用26ヶ月 = 1ヶ月あたり「3,886円

いずれにせよ、ソネットのWiMAXなら1ヶ月3千円台で使える。

 

結局、どのプランが安いのか?

いろんなプランがあっててややこしいため、代わりに細かく計算しておきました。

今ある契約プランの【1ヶ月あたりの本当の料金】

  • モバイルルーターWX03限定キャンペーン:3,678円
  • モバイルルーターW04の2年プラン:3,837円
  • モバイルルーターW04やWX04の3年プラン:4,229円

3年プランはLTEオプション(1ヶ月1,005円)が3年間無料、トータル37,185円分のサービスがついてくるので3年プランと2年プランは同列に並べられないのですが、2年プランをおすすめする理由は上で書いた通り。高くて契約3年縛りは、できれば避けたいところ。

そして2年プランを冷静に計算して比較すると、「WX03限定キャンペーン」を選べばW04を選んだ場合より毎月159円安い。契約期間中で4,134円の差が出ます。

僕ならどうするか。ずっと使ってきてトラブルなし、ルーターはNEC製に信頼を置いているため、WX03の限定キャンペーン2年契約を迷いなく選択します。

話がとっちらかってますが、最終の結論。

2018年1月現在、今選ぶ最適なプランはなにか?→ 「WX03」機種限定キャンペーンでのギガ放題2年契約がベスト

参考 So-net Wimax月額料金の詳細

 

ソネットのいいところを続けます。

 

いいところ2:キャッシュバック申請手続きが不要

キャッシュバックあれこれでよく比較されるのが、上で検討候補にあげたGMOとくとくBB WiMAX2+を提供している「GMO」という会社です。

ここのキャッシュバック請求がとにかくややこしい。メールが来て、返信して、手続きをいくつかこなしてようやくもらえるという、ユーザーにかなりの手間を強います。うまくやらないとキャッシュバック権利が消えるらしいです。なにその偉そうな感じ。

その点、So-netのキャッシュバック受け取りは簡単でしたが、2017年12月にキャッシュバックプラン自体を廃止。

めんどくさいキャシュバックの仕組みをなくしてしまいました。最初から月額料金が割引された料金プランのみとなり、わかりやすくなりました。正直、まだわかりにくいけど。

キャッシュバックが2万円と高額なだけに、きちんともらえるのだろうか? 大丈夫だろうか?といった心理的負担は意外と大きいものでした。キャッシュバックなんてないほうが、余計な不安を抱えずに済むので明らかに「気楽」です。

 

いいところ3:機種が安い

So-net(ソネット)のWiMAXの口コミと評判 (1)

例えばUQ本家だと機種を購入するために機種代を支払う必要がありますが、So-netは機種代が「0円」の特典があります。

しかも最新機種が0円。そのまま自己負担なく、すぐにルーターをもらえます。

携帯電話のように分割で機種料金を払い続ける必要もありません。レンタルでもないので返却する必要もありません。

機種代金はそのまま1ヶ月あたりのランニングコストに直結してくるため、0円の特典はじわりじわりと効いてきます。

参考 So-net WiMAX「現在選べる機種一覧

 

いいところ4:サポートが充実

何か困った時のサポート体制がしっかりしているか?は重要なポイントです。

So-netは歴史のある大手プロバイダなので心配ご無用。電話は混雑状況により繋がるまで時間がかかってしまう時もあるけれど、きちんと応対してくれるし、メールでの質問もきちんと回答してくれます。

昔、家電量販店の提供しているWiMAXと契約して、伝えていることをまったく理解してくれないサポートのレベルの低さに辟易したことがあります。

その点、やはり大手プロバイダのサポートは経験豊富で細やかな対応をしてくれる。力強いサポート体制は、やはり何かあった場合の安心感に直結します。

 

いいところ5:解約がすぐにできる

最後のいいところです。

まだ契約する前なのにいきなり解約の話ってのもおかしいですが、ここ大切なポイントです。

どうも巷で不評過ぎるので比較対象にしてしまうのですが、先ほど例にあげたGMOのWiMAX2+は、解約申請書を取り寄せて、郵送であれこれやり取りをしないと解約できないようです。もたもたしていると解約金のかからない更新月を過ぎてしまいます。

その点、So-netの解約はネット上からすぐに手続きができます。

日割りはできませんので、解約月は月末最終日までまできっちり使いきって解約が可能。解約予約がネット上で事前にできるため、解約月の月末直前で慌てたりするようなことにもならず余裕を持って解約ができます。

 

悪いところ:支払いがクレジットカード払いのみ

いいところばかりではなんなので、悪いところもお伝えしておきます。

ソネットのWiMAXは、月額料金の支払いが「クレジットカード」のみしか受け付けていません。銀行口座引き落としなどはできない。ここは気になる人は気になるポイントだと思うので、事前にお知らせしておきます。

その他の悪いところはないのか?といろいろ考えてみたのですが、今まで説明してきたように目立ったアラもなくバランスのいいサービスを提供しているのがソネット。

むしろそのバランスの良さが「ソネットのWiMAXのいいところ」でもあると感じます。

 

まとめ:比較して最後に選ばれるSo-net

回線品質は問題ない

WiMAXの回線品質はだいたいどこの会社も一緒。そんなに明確な差がでるものでもなく、正直、あまり比較のしようがないところです。

So-net WiMAX2の回線速度のデータを手元で取ってみました。

計測時期は2017年2月。場所はWiMAXユーザーが多いであろう東京都内(23区)。機種はNEC製WX03。

So-netのWiMAXの回線速度

東京都内の自宅や職場で時間帯をばらつかせて計測。

回線と機種がよくなったためか、ダウンロード速度で30Mbps前後が余裕で出ていたのはびっくりしました。速度規制でヘビーユーザーがいなくなった影響もあるかもしれません。

参考までに、ちょうど1年前の同じ時期に同じ環境で計測した速度はこちら。NEC製のひとつ前の世代の機種使ってます。

ソネットワイマックスのダウンロード・アップロード速度

  • 1年前に20回計測してダウンロード速度の平均が「18.04Mbps
  • 1年後の今回20回計測の平均が「33.80Mbps

計測した場所はほぼ同じなので、この1年で回線状況がかなり良くなっているのを体感できます。あと新機種の性能差も。

ダウンロード速度が平均30Mbps出ていればネット接続などには十分。上を見ればキリはありませんが普通に使う分まったく不満なく使えます。

こればっかりはアンテナとの距離などユーザーそれぞれの使用環境に大きく依存するので一概に何とも言えない部分ではありますけど、下りの速度20~30Mbpsがそこそこ安定して出るモバイル回線なら多くを求めないかぎりこれで十分です。

今後の速度拡大にも期待です。

 

最後はお金を取るか?安心を取るか?

WiMAXはソネットがおすすめ

とことん安く!を追求し、手間やリスクを自分でカバーできて月額料金の最安値を追いかけるのであれば他社の選択肢もありです。

「キャッシュバックの手続きにかかる労力や時間が不要」といったユーザーの手間がかからない。「サポートの質」といったサービスがきちんとしている。それらに月々の利用料金を天秤にかけてトータルで考えてみると、大手プロバイダならではの安心感があってユーザーの評判も良い「So-net」が現状一番バランスがいい。

So-netの「Flatツープラスギガ放題」の「2年契約」を選択するのがベストです。散々あれこれ悩んだ結果、僕もSo-netを契約して毎日使ってますが、サービスのバランスの良さには納得です。

判断基準は人それぞれなので押し付けはしません。安さだけに飛びついて「安かろう悪かろう」を掴むのではなく、2年という長い付き合いの中で「安心」と「サービス」がその価格に見合うかどうか?をよく見極めると、So-netはあなたの要望にきちんと答えてくれるはずです。

この記事が「WiMAXはどこの会社がいいのだろうか?」とお悩み中の方の参考になりますと嬉しいです。

So-net WiMAXのキャンペーン・特典の詳細はこちら

 - スマホ節約術

ad

ad

Comment

  1. 五拾 より:

    いつもブログを楽しみに拝見させて頂いております。

    今回は、2015/11/1に、So-Net WiMAXを契約しました。

    本当に突然金額が変わるんですね。驚きました。
    ねむたいさんのページからだと通常よりもキャッシュバック金額が大きくなったので、助かりました。

    • 五拾さん

      コメントありがとうございます。いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

      自分が見ていた限り11月に入ってキャッシュバック金額が動いた事実はなさそうなのですが、変わっていたんですね。契約ページによってキャッシュバック金額が違うのは変わりなくそのままです。

      ともあれ、現在の上限でご契約できましたようで何よりです。

      今後ともブログともども宜しくお願い申し上げます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

パケット1GBプランはどのくらい使えるのか?LINEや動画のデータ通信量から計算する

政府の指導で「月々の携帯電話料金」を引き下げる話が進んでいるとのこと。 別に世界 …

解約月の家族間無料通話分が「丸ごと請求」されるだあ?ドコモ・au・ソフトバンクの違いを調査する

最近の携帯電話各社は「電話かけ放題」のプランを提供していますが、「従来の契約プラ …

050plusでいくらスマホ代を節約しているか?我が家の金額を公開

スマホ電話代節約のアプリ、OCNが提供している「050plus」のメリット・デメ …

スマホのパケット2GBでLINEや動画はどのくらいできるの?実験してみた

携帯電話料金の簡単な節約方法のひとつとして、パケット定額プランを自分の月の通信量 …

WiMAXを固定回線代わりで使うホームルーターの選択はありか?なしか?を検証する

WiMAX(正確にはWiMAX2+ですけど、ややこしいので以降WiMAXで通しま …

WiMAXヘビーユーザーが語るWiMAXのメリット・デメリット

WiMAX(ワイマックス)という高速・大容量のモバイルブロードバンド通信サービス …

あなたの知らない携帯機種分割契約のワナ

先日、こんなニュースが出ていました。 参考 日本経済新聞「携帯代滞納、カード使え …

格安スマホ【DMMモバイル】キャンペーン最新情報まとめ 2018年1月版

ただいまCM中の爆安スマホ「DMMモバイル」 多くの会社が格安SIM・格安スマホ …

auのガラケーかけ放題最安プラン月1478円計画を実践してみた

わたくし、「通信費ほど手元に残らずムダなものはない」と、通信費節約に異様な執念を …

携帯は分割で買うな!乗り換え一括0円で通信費節約のススメ

携帯機種は、携帯電話会社各社が提供している分割購入で買わないほうがいい。 関連記 …