子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

格安スマホのニフモ自腹レビュー!メリット・デメリットをとことん語る

      2017/01/01

格安スマホのNifMo(ニフモ)の評判通りかレビュー(口コミ) (2)

流行りの格安スマホ・格安SIMを採用して、「データ専用回線」を作りたい。我が家は通信費節約のため、auガラケーとSIMフリースマホの2台持ち。

いろいろ格安SIMを比較検討し、大手プロバイダのniftyが提供している「ニフモ(NifMo)」のデータSIMを契約してはや1年。

妻が使う用としてIIJmioとも同タイミングで契約しているし、その後、楽天モバイルとDTIとも契約して実験してみたけどNifMo(ニフモ)のほうが全体的に使い勝手が良い。

契約の際のキャッシュバックもあるし、キャッシュバックによって月々のランニングコストも下げられます。

ネット上での評判は悪くないけど、ニフモ(NifMo)って実際のところどうなの?

アホみたいに1年あれこれ使い倒した結果から、ニフモ導入の「メリット」「デメリット」を余すところなくレビュー(口コミ)してみます。

スポンサーリンク

 

ニフモ(NifMo)とは?

ニフモ(NifMo)の基本

格安スマホのニフモの評判(2)

格安スマホ・格安SIMのサービスを提供する会社は多くあれど、「ニフモ(NifMo)」とは何?をおさらいします。ご存知の方は読み飛ばしてください。

  • 大手プロバイダ「nifty」が提供する格安SIMサービス。
  • ドコモ系のMVNO(仮想移動体通信事業者)であり、ドコモの端末、SIMフリー端末で使える。
  • ドコモ回線をニ次売りしたサービスなので、ドコモのエリア内なら音声通話、データ通信が可能。
  • 携帯電話の乗り換え(MNP)も対応。今使っている電話番号を引き継いで使える。
  • 音声SIMもデータSIMもユーザーの利用に合わせて料金プランが豊富。月額料金を安く抑えることができる。

ドコモから携帯電話回線の束を仕入れ、niftyがユーザーに小分けに1本ずつ売っている形です。当然、回線の質はドコモ本体と契約した回線よりは劣る。でも安い。そのへんのバランスをユーザー自身の中で納得できるかどうかだと思います。

他にもOCN モバイル ONEIIJmioの「みおふぉん」など格安SIMサービスを提供する会社はたくさんあります。

では、なぜ僕が多くの格安SIMサービスの中からniftyの「ニフモ(NifMo)」をおすすめするのか。

実際に1年使ってみてわかったことを中心に、評価できるポイントや、ニフモと契約することのメリット・デメリットをレビューしてみます。

 

僕がニフモをおすすめする5つの理由

ニフモは申し込みからどのくらいで手元へ届くか?

日曜日の昼間にデータSIMの契約プランを申し込んで、火曜日に発送連絡があり、水曜日に手元にSIMカードが届きました。申し込みから3日後に到着です。

拍子抜けするぐらい、ずいぶんとあっさりとした封筒で届きます。

格安スマホはニフモ

同封されているのは説明書とSIMカードのみ。ドコモの回線を使っているので、SIMカードにはドコモと書いてあります。端末側の設定はものの5分もあれば十分です。

格安スマホのニフモの評判(1)

僕は月3GBのデータ通信専用SIMカード(月900円+税)を契約しました。このSIMを手持ちのドコモのAndroid端末に挿してデータ専用端末として使います。巷での評判は悪くありませんが、音声回線は自分は使ってないので品質はわかりません。ごめんなさい。

では、ニフモを契約したことで感じたメリットとおすすめする理由を、以下に書き綴ってみます。

 

理由1:料金が安い

ニフモの5GBのデータ通信専用SIMが月1,600円。ドコモのデータMパック5GBが月5,000円なので、約3分の1の料金で済みます。

その他、ユーザーに利用状況によって細かく格安料金プランが用意されています。

格安SIM各社の料金は、ほぼ横並びで同じようなプランの価格差といってもせいぜい数十円~100円くらいです。ドコモからの回線の仕入れの金額が同じなので当たり前。

ニフモがずば抜けて安いというわけではないのですが、ここで重視したいのはサービスと価格の「バランス」です。

参考 NifMoの料金

 

理由2:初月無料

だいたい他社は初月は「日割」で料金が発生します。

ニフモの場合は「初月無料」です。ここはかなりポイント高い。すごい高い。

とはいえ、「料金」だけは決定打にはならず、「料金」に「サービス」と「回線品質」のバランスも見てみるべきです。

 

理由3:実は速度が思ったより出ている

ドコモから仕入れた回線のニ次売りなので、本家ドコモより回線の質は劣ります。単純に、ダウンロード速度が遅い。

料金は3分の1で、速度は3分の1になるのか? もしかしてそれ以下の低品質なのか?

実際に、ドコモの回線とニフモの回線の速度テストをしてみました。計測は東京都内の自宅や、僕が立ち寄った各所にてドコモとニフモを同じタイミングでテスト。

まず、【ドコモ】の回線速度。

ドコモのダウンロード速度比較 (1)

ドコモのダウンロード速度比較 (2)

【ニフモ】の回線速度。

nifmo(ニフモ)のダウンロード速度

比較してみるとドコモの方が回線品質が全体的に安定して優れているのはあたりまえなのですが、思っていたよりかなりニフモが健闘しています。気付いたポイントを整理してみると

  • 土曜・日曜・平日の朝昼晩ミックスしてそれぞれ計15回計測したところ、下り速度の平均はドコモが「16.91Mbps」、ニフモが「11.78Mbps」でものすごく劣るというわけではない。
  • ニフモは回線速度の波がわかりやすく出るが、実際使っている上でパケット詰まりなどを感じることはなくいたってスムーズに通信できる。
  • 時間帯によってはドコモよりニフモのほうが速度が出ることがある。これはびっくり。

ニフモの回線は多少不安定なのは否めませんが、通常のテキスト(Webサイト閲覧・Twitter・LINEなど)メインのやり取りなら何ら不便はありません。

格安SIMの速度テストは雑誌などでもよくやっているのですが、そこで見た平均速度からかなりの低速を覚悟していました。しかし僕がイメージしていたのと真逆の結果。ニフモの回線速度は出ている。回線品質も悪くない。

ついでに併用しているIIJmioやDTIよりは回線品質は上です。同じ場所で速度テストするとニフモのほうが常に早い。

周囲に通信を使うユーザーが増えると回線速度が遅くなるため、通勤時間帯や昼休みは全体的に遅い傾向にあります。でもこれはドコモもauもソフトバンクも同じ。

回線速度はユーザーの使用環境に大きく依存するものなので一概に断言できませんが、1年使った僕の環境ではまったく不満がありません。

 

理由4:無料でWi-Fiスポットが使える

ニフモの会員は、Wi-Fiスポットの「BBモバイルポイント」が追加料金なしで使えます。マックを始めとした全国5,000箇所で利用可能のWi-Fiスポットサービスです。

これ、別で申し込んだら月362円もかかります。年間で4,344円です。これが無料で使えます。

 

5:その他のニフモいいところ

その他のニフモのメリットをあげてみます。

  • 使いきれなかったデータ量を翌月へ繰越できる。
  • 家のネット回線のプロバイダがniftyなら、月額利用料金が200円引きされます。残念ながらnifty WiMAXは対象外。
  • ◯◯◯◯@nifty.comのメールアドレスがもらえて、使える。
  • NifMoバリュープログラムというアプリを入れてそのアプリからお買い物をすると、お買い物金額に応じてniftyが割引還元されます。還元金額がその月に使い切れなければ、翌月持ち越しで翌月の料金から割引可能。
  • 「NifMoでんわ」というIP電話かけ放題のプランがある。使い勝手はいまいちのようなので契約の際はよく考えたほうがいいかと思います。

僕がニフモをおすすめする理由は以上です。

参考 NifMo「特典・キャッシュバックキャンペーン

 

知っておきたい格安SIMのデメリット

料金が安いにはデメリットもある。いいことばかりではありません。これはニフモだけに限らない、格安SIMのデメリットに通じます。

例えば、上でも書きましたが、ドコモの回線を卸売りしているため、速度の低下と安定性が欠ける場合があります。

また、ドコモ・au・ソフトバンクのような手取り足取りのサポートは望めません。料金が安いのだから、どこの街にでもある携帯電話ショップのようなサポートができるわけないです。受けられるのはメールを基本としたサポートです。電話もあるけどだいたい混んでて待たされてしまいます。それでもniftyはサポートがマシなほうだと思う。

あとは携帯電話各社と同じように、音声回線の乗り換えの場合は6ヶ月縛りあり。6ヶ月以内の解約は8,000円の解約違約金が発生します。データSIMは縛りなしです。これは格安SIMサービスの他社も同じです。

厳しいようですが、壁にぶちあったった時に自分でなんとか出来ないユーザーは、格安SIMに安易に手を出さないほうがいいかもしれません。

料金の安さで納得して、サービスは割り切り。サービスの質を自己解決でカバーできる人向けのサービスです。

って脅かしてますが、困りそうなポイントはサイトの「よくある質問」にだいたい答えが書いてあるし、Google先生に聞けば何でも答えてくれます。ゆっくりひとつずつクリアにしていけばそんなに難しい問題には直面しません。チャレンジする価値は十分にあります。だって通信料、めちゃくちゃ安くなりますし。

僕のように音声契約は従来通り携帯電話会社で続けて、データSIMのみの契約ならややこしいことにならず、非常に快適です。

NifMoはキャッシュバックキャンペーンも充実していますし、先ほど書いたように1ヶ月は無料ですし、とりあえずデータ回線専用のSIMで自らの環境にて使えるかどうかお試し。そこからじっくり検討してみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

まとめ:格安SIMを検討するならニフモがおすすめ

格安スマホのNifMo(ニフモ)の評判通りかレビュー(口コミ) (1)

ただ「安い」だけで格安スマホ・格安SIMに飛びつくと火傷するかもしれません。メリット・デメリットを把握したうえで使うならこんな安くて素晴らしいサービスもないと思います。

値段が安いため日常的に使っていて「こりゃダメだ」ってなるのかと覚悟はしていました。しかし、そう感じることは一切なく、むしろ「ニフモ」のコストパフォーマンスの良さに驚いています。

格安SIMのユーザー満足度調査「格安SIMアワード2015」で、ニフモはコストパフォーマンス部門で「最優秀賞」をもらったとのこと。納得です。

他社の格安SIMも回線として併用していますが、料金に対する回線の安定さや速度の「回線品質」で比較すると、「ニフモ」に軍配が上がります。その他、付随サービスやメールサポートなどもニフティのほうがきちんとしています。

使い勝手と回線品質、料金をみると、いろいろ検討した中でも僕の「ニフモ」の選択は間違っていなかったようです。

いろいろ格安SIMはあれど、ニフモを選ぶ選択肢は正しい。

格安SIMを検討中の方は、ニフモを候補のひとつとして考えて損はありません。おすすめできます。

 

参考 2017年1月現在実施中のNifMoのキャンペーン一覧

※キャンペーンページを経由せずにNifMo公式サイトから直接申し込むと、なぜかキャッシュバックが適用されない場合があります(謎)。ご注意ください。

※キャッシュバック、2016年9月から今まで見たことがない大盤振る舞いモードに突入しています。これ、いつまで続くかわかりません。

 

 - スマホ節約術

ad

ad

Comment

  1. リピ より:

    いつも楽しく拝見しています。

    私はSIMフリーiphone6 Plus + IIJmioみおふぉんの音声通話つきSIM 3GBで
    半年ほど使っていますが、同じように速度が出ています。
    神奈川県の都市部在住ですが、速度は安定しています。
    特に何も問題も感じたことはありません。
    電話もかけるタイプではないですし、家ではWi-Fiを使うので
    毎月1728円だけで済んでいます。
    使わないパケット分は翌月繰り越しができ、外でもあまり触らないので
    私は繰り越しばかりで毎月6GBほどあります。
    みおふぉんは契約した3GBがある限り
    3日間での速度制限も特にないので常に快適です。
    私は安定で定評のあるIIJにしました。

    ニフモを利用してみて、使用感などまた1年ほど経って
    聞かせて頂ければ参考になって嬉しいです。

    • リピさん

      コメントありがとうございます。
      いつも読んでいただいてありがとうございます。

      激しく使わないユーザーであれば、格安SIMは最適なサービスですよね。
      実はIIJを自分も契約していて今手元にあります。ニフモだけじゃつまらんなあと妻用にIIJと契約していろいろテストしてます。そのうち比較テスト結果などもアップしようかなと考えてます。

      ニフモの長期レビューも今後やっていけたらいいですね。
      今後ともブログともども宜しくお願い申し上げます。

  2. yama より:

    いつも参考にしています。

    私も、通信費を安くすませようと、mvnoに興味を持っています。
    一点質問があります。
    規定容量オーバー時(nifmoの場合3G)は200kbpsに制限されてしまいますが、その状態でもline通話などのIP音声通話って使用可能なのでしょうか?
    電話は別途持つつもりですが、lineなどで通話することも多くなり、いざというとき使えない、となると困ります。(3Gを使い切ることは、まれでしょうが笑)

    ご存知でしたら教えてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※お手数ですが半角数字を入力してください(迷惑コメントが多いため) Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

  関連記事

WiMAX2の3日3GB速度制限・解除ルールをわかりやすく整理しておく

UQコミュニケーションが2015年4月から発動すると公式に発表していた、WiMA …

MNP予約番号の取り方とコツ早わかり

携帯電話会社の乗り換えには「MNP予約番号(携帯電話番号ポータビリティ予約番号) …

解約月の家族間無料通話分が「丸ごと請求」されるだあ?ドコモ・au・ソフトバンクの違いを調査する

最近の携帯電話各社は「電話かけ放題」のプランを提供していますが、「従来の契約プラ …

パケット1GBプランはどのくらい使えるのか?LINEや動画のデータ通信量から計算する

政府の指導で「月々の携帯電話料金」を引き下げる話が進んでいるとのこと。 別に世界 …

NifMoの解約方法を徹底解説。解約させまいとする極悪ルールなので計画的にやらないと1ヶ月分の料金がムダになります。

格安スマホ・格安SIM「NifMo(ニフモ)」の解約のやり方を手取り足取り徹底解 …

ドコモ・au・ソフトバンクの「契約更新月」の法則をズバリまとめた

ドコモ、au、ソフトバンク、各社とも携帯電話の契約は「2年」です。 「2年は嫌だ …

【イオンの格安スマホ】キャンペーン最新情報まとめ 2017年1月版

格安スマホ・格安SIMサービス各社は、ユーザーにわかりやすい「月額料金の安さ」と …

携帯は分割で買うな!乗り換え一括0円で通信費節約のススメ

携帯機種は、携帯電話会社各社が提供している分割購入で買わないほうがいい。 関連記 …

050plus_eye
050plusでいくらスマホ代を節約しているか?我が家の金額を公開

スマホ電話代節約のアプリ、OCNが提供している「050plus」のメリット・デメ …

携帯2台持ち節約のメリット・デメリットは?3年続けてわかったこと

そりゃ1台のほうが楽なのはわかりきっているけど、節約のためにケータイ(以下ガラケ …