子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

スマホが通信速度制限中!LINEやメールは使えるのか?を実験してみた

      2015/04/09

スマホのデータ通信使いすぎで速度制限 (2)

ドコモ・au・ソフトバンクユーザーのパケット通信使用状況により、キャリアからデータ通信速度の制限を食らうことがあります。

契約プランしだいですが、例えば、1ヶ月あたりの利用可能データ通信量の上限を超えた場合などに「あなた使いすぎ!」と回線速度制限が発動。月末まで超低速回線に強制的に絞られる。

3日で3GBのデータ通信量超過(ドコモとソフトバンクは撤廃されたから今はauだけ?)や、流行りのMVNOでも契約条件の上限値を超えれば速度制限がかかります。

その場合、どこも「128kbps以下の速度」になると言われるけど・・・

各社のLTE回線速度は理論値で受信最大150Mbpsをうたっているため、「128kbps」だと単純計算で1200分の1以下の速度になってしまいます。

「128kbpsって、実際どのくらいの速度なの?」

「いつも使っているアプリは、どの程度まで問題なく使えるの?」

速度制限された回線で何がどのくらいまでできるのか。実験してみました。

Photo: ‘Nel’AmstelveldAmsterdam by FaceMePLS

スポンサーリンク

 

データ通信速度128kbpsの制限回線で実験してみる

実験環境

手元のドコモ回線で、月のデータ通信量の上限を意図的に超えてみます。

上限を超えたら、間髪入れずに通信速度が強制的に落とされます。仕事早い。ドコモの場合、ご丁寧にメールで連絡が来ました。

ドコモからの速度制限のメール内容

追加でお金払えば解除してやるよ。とも書いてあります。

いつもは10~15Mbpsくらいのダウンロード速度は普通に出る環境で実際に今の速度を測ってみると、本当に128kbps以下(=0.1Mbps)の速度に制限されています。

128kbpsの回線速度制限

まあ90年代後半の頃はこれより遅い速度でネットを夜な夜なやっていたわけですが、話が飛ぶので昔話はこのへんでやめておきます。

では、この128kbps以下の回線速度で何がどの程度できるのか? Webサイト閲覧や動画視聴、LINEはいつも通りできるのか? を実験してみます。

テスト環境はドコモLTE回線で、スマホはAndroid端末。特に但し書きがなければ、それぞれの「純正アプリ」を使ったチェック結果です。

 

Webブラウジング(Chrome)

このブログのトップを立ち上げるだけでも20秒待ち。ずっと詰まっていて、その後徐々に表示される非常に遅い展開。

画像が多いサイトだとかなりキツい。ニュースサイトなどでも広告表示に時間を食うため、見るだけでストレスが溜まります。

 

Googleマップ

現在地表示だけでも3分以上時間がかかり、まったく使いものになりません。

ナビも、この回線速度では100%無理です。

 

メール(Gmail)

テキストのみの受信・送信はまったく問題ありません。ちょっといつもより時間がかかるかな?とは思いますが、気になるほどではない。

画像や動画を添付する場合、データ容量が大きいと送受信に時間がかかって大変なことになるのは想像にたやすいです。

 

Twitter

ユーザーのフォロー数によります。

タイムラインの読み込み量が多ければ多いほど時間はかかります。テキストベースなのでツイートを見る分にはさほど不便は感じませんが、アイコンや画像の読み込みは時間を費やして後回しになります。

 

Facebook

こちらもタイムラインのテキストは表示されるものの、写真はなかなか読み込みがされず、ストレスが溜まります。

画面遷移が意のままにはならないため、あちこち見るのはあきらめたほうが正解。

 

LINE

LINEのやり取り、スタンプは思いのほかスムーズにやり取りができます。問題なし。

LINE無料通話も、音声の遅れなどなく普通に会話できてしまったのは意外でした。

これ、ハングアウトも同じで、低回線速度なのに問題なく使えてしまった。優秀。

 

ネットラジオ(radiko)

低音質(48kbps)ネットラジオ。

最初のバッファ(読み込み)で気長に2~3分待てば普通にラジオが始まり、問題なく聴き続けられます。

 

ネットラジオ(xiialive)

高音質(128kbps)ネットラジオ。

読み込み→ ちょっと聴ける → 途切れる→ また聴ける、が数秒おきに繰り返され、まともに聴けたもんじゃありません。

 

YouTube

最後、動画です。

YouTubeのアプリ自体がまず立ち上がりもしません。表示に1分以上。

動画はもちろんまともに再生されず、途切れ途切れ。低画質動画でも、読み込み→ 再生→ 読み込みを10秒ずつ交互に繰り返し、視聴に耐えられません。

オンデマンドの動画配信なども、この状況ではまず無理です。あきらめましょ。

 

まとめ

スマホのデータ通信使いすぎで速度制限 (3)

Photo: Youth! by Kartik Malik

その他、起動時にネットに接続するようなアプリは、回線の速度制限のせいで全部立ち上がりと読み込みに時間がかかります。通常時の回線速度に慣れていると、イライラしてしまうはず。

速度制限時の「アプリ利用可能ボーダーライン」を簡単にまとめると

  • 可能:メールやLINE、Twitterなど「文字だけ」ならなんとかなる。
  • 不可能:データ通信量が大きい「画像」「音楽」「動画」が絡むとかなりの支障をきたし、時間がかかるだけでまともに使えない。

となりました。この結果はだいたい予想がついていたけど、LINEやハングアウトの無料音声通話が低速128kbpsでもまったく問題なく出来たのには驚きました。このポイント、覚えておいて損はなさそう。

ちなみにドコモで月の通信量上限に達して速度制限がかかっていた場合、翌月1日の0時を過ぎると順次解除されます。自分は1日の0時半くらいに解除されたのを手元で確認しました。

今や、通信速度が早いのがあたりまえ。うちのブログのように写真をバカみたいに大量掲載したサイトなど、低速度回線にはやさしくない世の中になっています。

今回の実験により、速度制限を食らった128kbps以下の速度でも「文字だけならなんとかなる」というボーダーラインが見えました。規制されるのは好ましくありませんが、「速度制限の厳しさがどの程度のものか?」の詳細がわかったのは収穫。

このボーダーラインを頭の片隅に置いておくと、バカ高い追加料金を払って慌てて制限解除に走ったりと、携帯電話会社のカモになるようなこともないのかなと思います。まあ、速度制限を食らっても慌てるようなことではありませんので、「どっしりと構えて対応策を考える」で問題なさそうです。

 - スマホ節約術

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

※管理人の判断によりいただいたコメントを公開しない場合がございます。迷惑コメントに困っているためご了承ください。

  関連記事

解約月の家族間無料通話分が「丸ごと請求」されるだあ?ドコモ・au・ソフトバンクの違いを調査する

最近の携帯電話各社は「電話かけ放題」のプランを提供していますが、「従来の契約プラ …

格安スマホのニフモ自腹レビュー!メリット・デメリットをとことん語る

流行りの格安スマホ・格安SIMを採用して、「データ専用回線」を作りたい。我が家は …

格安スマホ【ニフモ】キャッシュバックキャンペーン情報まとめ 2017年3月最新情報

老舗プロバイダnifty(ニフティ)が提供する、格安スマホ・格安SIMサービス「 …

携帯は分割で買うな!乗り換え一括0円で通信費節約のススメ

携帯機種は、携帯電話会社各社が提供している分割購入で買わないほうがいい。 関連記 …

ドコモ・au・ソフトバンクの「契約更新月」の法則をズバリまとめた

ドコモ、au、ソフトバンク、各社とも携帯電話の契約は「2年」です。 「2年は嫌だ …

携帯契約で高額キャッシュバックや機種一括0円のお店を探すコツ

既存の携帯電話契約者は冷遇され、携帯電話の乗り換え(MNP)契約するユーザーが厚 …

格安SIMがお試し月額0円。しかも6ヶ月間も無料。ついでに罠なし縛りなし。思わず申し込んじまった話。

特価ネタって昔はけっこう書いてたのだけど最近はブログに書いてません。いかに安くす …

月々サポート・毎月割・月月割はいつからいつまで?解約月との関係まとめ

各社、携帯電話の機種料金を24回払いにし、その金額に対して携帯電話会社が一定額を …

「TRY WiMAX」使いこなしのコツと注意すべきこと

モバイルブロードバンドサービスの「WiMAX(ワイマックス)」 実際契約する前に …

スマホやタブレットの充電1回分の電気代っていくら? 1年間でどれだけ払っているのか計算してみた

「スマホのバッテリー充電って、電気代いくらかかっているのだろう?」 スマホの充電 …