子育てパパがなにかやらかしています。

イクメンて呼ばれるの大きらい。子育て世代におくる、ちょっと役に立てたらいいなブログ。

*

携帯は分割で買うな!乗り換え一括0円で通信費節約のススメ

      2016/02/06

一括0円で携帯電話を購入しよう

携帯機種は、携帯電話会社各社が提供している分割購入で買わないほうがいい。

関連記事
月々サポート・毎月割・月月割はいつからいつまで?解約月との関係まとめ 
あなたの知らない携帯機種分割契約のワナ

一見お得な機種の分割契約ですが、見せかけの「実質0円」には、実はトラップがいっぱい。

もう携帯電話会社の言いなりになる分割契約には見切りをつけて、「携帯機種は一括購入しようよ!」「乗り換えをして一括0円で購入してしまおう!」のススメが、今回のエントリーです。

photo credit: girl_onthe_les via photopin cc

スポンサーリンク

 

分割で買うことにほんとに意味はあるの?

スマートフォンの一括購入 (2)

photo credit: fd via photopin cc

結局8万円を払っているのです

スマホの本体価格は7万円、8万円ざらにします。

本体価格を分割で買うことはこの8万円を24回に分けて購入することになり、実際に8万円を払っていることになります。

例えば、ユーザーは月々機種代2,000円を払いますが同額程度2,000円を携帯電話会社が補填する形としているので「実質0円」と言われたりしますが、これはまやかしです。

この補填はバカ高いパケット定額の支払いが前提です。毎月の高額な携帯代に含まれる形で、あなたは機種代の8万円を2年かけて払っています。いいですか、もう一回言います、「実質0円」は8万円を最終的に払っているのと同じです。全然安くなんてない。

「携帯電話会社が負担してあげているんだよ」なんて、ユーザーを惑わす甘い言葉に惑わされませんように。

 

しかも様々なリスクを負う

携帯はどんどん新しい機種が出ており、今の最新機種も2年後は確実に型落ち品です。2年後ヘタすれば二束三文の品に律儀に毎月お金を払っていることになります。バカバカしい。

こんな分割契約の「実質0円」にだまされていけません。

そして、あまり意識されていないと思うのですが、分割契約は「ローン契約」になります。安易にモノを買う時にローンは組まないのに、携帯機種の分割購入は何も考えずに簡単に契約するってどうなのでしょうか。

機種分割契約はなにがなんでも2年払い続けないといけない「ローン契約」となり、自分の信用情報を人質に取られるリスクが発生します。個人のローンの契約状況や滞納履歴は「信用情報機関」で管理されています。

関連記事 あなたの知らない携帯機種分割契約のワナ

分割購入の携帯代を滞納したばかりに、信用情報に傷がついて車や家のローンが組めない。金融業界に就職できないといったリスクもある。

単純に携帯をなくしたり、壊れた機種の分割残額を払いつつ、新しい携帯の機種料金も払わないといけないダブルの支払いにハマる場合もあります。

人それぞれの考え方ですが、僕はできれば無用なローン契約は避けたいので一括で買っています。

スポンサーリンク

 

全力で、一括購入のススメ

スマートフォンの一括購入 (3)

photo credit: mastrobiggo via photopin cc

貧乏ブログですから、最新機種を発売日に買うような人や、毎年新機種に買い換えたい人向きの話はしておりません。そういう人は財力があるので、一括でも分割でも2台を並行して支払いを続けるでもお好きなパターンでどうぞ。

 

一括0円購入すると月々の携帯代が安い

各社乗り換えのMNP(乗り換え)のユーザーに優遇策を打ち出しています。乗り換えたユーザーには、携帯機種の代金を一括0円で提供している場合もあります。

できれば「乗り換え」してしまい、機種は一括0円で購入したいところです。機種代0円ということはタダ。毎月分割での機種代支払いもありません。上に書いたローン契約をするリスクもありません。

乗り換えして機種一括0円購入。これが一番安い購入方法ですし、当ブログでは「乗り換え」を一貫して推奨しています。

関連記事 なぜ「MNP(携帯乗り換え)」をするとスマホ料金が節約になるのか?

上記関連記事では、乗り換えの際の転出・転入コストも算出、トータルでいくらお得か?も計算しています。

さて、機種を一括で買った前提で試算してみます。

機種代金は一括購入でで支払い済み(しつこいけど、乗り換えで一括0円の機種なら持ち出しゼロ)なので、機種代金の毎月の支払いは発生しません。

ドコモの「月々サポート」、auの「毎月割」、ソフトバンクの「月月割」といった機種割引のお金は、パケット定額の契約など一定の条件をクリアしていれば、一括で購入済でも、毎月の利用料金から機種割引の金額が引かれます。

ここ大事なポイントです。一括で購入済でも、毎月の機種割引の金額は利用料金から引かれます。

例を挙げて説明します。ここではややこしいオプションなどは全部省いて、ざっくりした金額で説明します。

 

分割購入の場合

電話基本料金:1,000円
パケット定額:5,000円
機種代金:2,000円
機種代金サポート:-2,000円

月の支払額:6,000円

機種分割支払いの代金は2,000円取られているが、携帯会社が補填するという形(に見える)でプラスマイナスゼロとなっている。

 

一括購入済の場合

電話基本料金:1,000円
パケット定額:5,000円
機種代金:支払い済0円
機種代金サポート:-2,000円

月の支払額:4,000円

機種代金は支払い済みなので、請求なし。機種代金のサポート分だけ、携帯代から減額されます。

携帯代が月2,000円浮けば、1年で24,000円。2年で48,000円違ってきます。

 

重要ポイントのおさらい

各社、この機種割引はパケット定額を契約していていないと適用されないという縛りがあります。また、機種やプランによって割引額は違いますので細かくは店頭で聞いてください。

ポイントは「いかに機種を一括で安く買うか?」

「乗り換えユーザー」に対する優遇策の「機種一括購入」を効果的に使えば、機種代金はかからず、機種割引サポートだけ恩恵を受け、月々の携帯代をその分安くすることができます。

また乗り換えすることでキャッシュバックがあるパターンもあります。キャッシュバックを月々の携帯代に補填することで、さらに携帯代を安くすることも可能です。

関連記事 携帯契約で機種一括0円や高額キャッシュバックのお店を探すコツ

この仕組みを理解しているのとしていないのとでは、月々の通信費の節約に雲泥の差が生まれます。

 

戦略は「機種一括購入」かつ「機種割引サポート額が高い」

スマートフォンの一括購入 (1)

photo credit: JD Hancock via photopin cc

安く一括購入するには、MNP(乗り換え)

ずっと使ってきた携帯電話会社だと、機種変更ではけっこうな機種代を請求されるでしょう。

どうあがいても機種変更では、機種代はさほど安くなりません。黙っててもお金を払い続けるユーザーに、餌はやらないのが携帯電話会社です。

機種変更で2年かけて機種代8万円払っているユーザーを横目に、他社から乗換えしてきたユーザーには0円で配ってるって、そんなアホな。ばかばかしい。

やはり、機種を一括で安く購入し、月々の支払料金から機種割引だけを引かせて月々の利用料金を下げるという最大限のメリットを受けるには2年ごとの「MNP(乗り換え)」が一番です。

今どき、携帯電話会社のキャリアメールに縛られる時代でもありませんしね。

 

一括購入&サポート額が高い機種を狙う

携帯電話の契約ごときに、自分の信用情報まで預ける必要はないと思います。できれば「ローン契約」の分割契約は避け、「一括」で購入。

「一括購入」の負担を軽減するためにも、現状、機種購入を優遇されている「乗り換え」を積極的に活用する。

一括で購入しておけば、2年の間で解約や乗り換えをしたくなっても、払うのは解約料だけで機種代の残債支払いは発生しないので、フットワークが軽く動けます。

そして、購入する機種は「機種割引のサポート額が高い機種」を狙う。これはドコモのAndroid端末が割引額の月々サポートが多い傾向があります。これで月々の通信料から最大に割引を効かせられます。

auユーザーなら、家の回線を「auひかり」にすればauスマートバリューというサービスが使えて、毎月1,410円さらに携帯代から割引という節約もできます。家族の回線数分だけ1,410円引かれるので、かなりの割引額になるかと。

ここまでで「機種代を一括で安く買えれば、月々の支払い額が安くできる」という仕組みがなんとなくおわかりいただけましたでしょうか。

以上の流れを踏まえて、次の記事は携帯ネタ連載の最後になる、積極的なMNP(乗り換え)のススメ。「なぜ「MNP(携帯乗り換え)」をするとスマホ料金が節約になるのか?」です。

 
※ソフトバンクへの乗り換えなら、こちらのサイトに機種一括0円のお得な乗り換え方法を提案してもらうのがおすすめです。乗り換えを検討中の方はとりあえず問い合わせてみて、お得なプランやキャッシュバック金額を聞いてみるのが手っ取り早いかと思います。

高額キャッシュバック実施中!【おとくケータイ.net】はこちら

東京の携帯電話乗り換え

 - スマホ節約術 ,

ad

ad

Comment

  1. kkk より:

    すごい。節約術、あっぱれです。しかも説明が大変わかりやすいです。自分もこれならやれそうと思えます。他の記事も読んでみます。

  2. master より:

    初めまして。
    有益なブログ、拝見させて頂いております。

    さて、一つ疑問に思ったことがあったのですが、
    端末の分割/一括支払における月額料金について、

    分割…6,000円
    一括…4,000円
    となっておりますが、

    一括の場合はそもそも機種代金を支払済みなので、月額代金サポートは受けられないのではないでしょうか?
    各社契約約款を読めばわかる話なのだとは存じますが、ご教授いただければ幸いです。

    来年も貴ブログ、楽しみに拝見させていただく存じます。

    • masterさん

      ご質問にお答えします。

      一括で機種代金を支払い済でも、月額代金のサポートは適用されます。但し、文中にもありますように「パケット定額の契約が必須」など条件があり、条件がクリアされていない限り適用はされません。

      それぞれ各社条件がありますので、詳しくはご契約の携帯電話会社の店頭やサポートにご確認をお願い致します。

      今後ともブログともども宜しくお願い申し上げます。

  関連記事

格安スマホのニフモ自腹レビュー!メリット・デメリットをとことん語る

流行りの格安スマホ・格安SIMを採用して、「データ専用回線」を作りたい。我が家は …

auのガラケーかけ放題最安プラン月1478円計画を実践してみた

わたくし、「通信費ほど手元に残らずムダなものはない」と、通信費節約に異様な執念を …

「TRY WiMAX」使いこなしのコツと注意すべきこと

モバイルブロードバンドサービスの「WiMAX(ワイマックス)」 実際契約する前に …

スマホのパケット2GBでLINEや動画はどのくらいできるの?実験してみた

携帯電話料金の簡単な節約方法のひとつとして、パケット定額プランを自分の月の通信量 …

So-netのWiMAXを契約した先にあるものとは?それは評判通りの安心感とバランスが取れたサービス。

2011年にWiMAX(ワイマックス)を初めて契約してから、はや6年。 モバイル …

ドコモ・au・ソフトバンクの「契約更新月」の法則をズバリまとめた

ドコモ、au、ソフトバンク、各社とも携帯電話の契約は「2年」です。 「2年は嫌だ …

僕がniftyのWiMAXを3年連続で選んだ6つの理由

僕がネット固定回線を解約し、モバイルブロードバンドのWiMAX(ワイマックス)と …

格安スマホ【DMMモバイル】キャンペーン最新情報まとめ 2017年5月版

ただいまCM中の爆安スマホ「DMMモバイル」 多くの会社が格安SIM・格安スマホ …

スマホ節約の通話アプリ「050 plus」のメリット・デメリット

「スマホに変えて通話料が上がった!」 ケータイの時には通話料込みのプランがあった …

格安スマホ【OCNモバイル】キャンペーン最新情報まとめ 2017年5月版

格安スマホの第一人者「OCN モバイル ONE」 基本通信容量が大幅アップし続け …